革ジャン物語
ようやく普通に乗れるようになった。

60年式TR6トロフィー。

某ブログでじゃすぱー号と命名までされてしまいましたが。

思い起こせば。

手元にやってきたのが、2月18日。

調子いいですよーって事だったので。

3月中には車検をとって…。

なんて考えていましたが。

いろいろあった、長ーい2ヶ月間。

ついに先日、4月20日に車検を無事に取る事が出来ました。




車検仕様の面構え。
a0255081_20493088.jpg

ライトひとつでだいぶ表情が変わってしまうものです。

ミラーも左右きちんと付け。

シフトパターンもしっかり明記。
a0255081_2054144.jpg


こんなとき便利なキロメートル表示。
a0255081_21141454.jpg


お国から公道走行の許可を頂いたプレートを。

試乗時に引き続き取り付け。

約15キロの道のり。

ちょうぜつ好調!

やってきました足立の車検場。
a0255081_2115285.jpg

ふだんは家からの距離的な関係上。

鮫洲の車検場に行くのだが。

今回は廃車済みであったため、新規扱いに。

そのため居住している住所を管轄している足立に行かなくてはなりません。

たくさんの書類に手間取り。
a0255081_21174293.jpg

レーンにならんだのが11時45分。

いつも落っことしてしまうので。

車検場についてから。

ぴたっと磁石でくっつける反射板。
a0255081_21192824.jpg

すっかり付けるの忘れてた。

『はい、ライトつけてー。ハイ次、方向指示器ー。』

って時に思い出し。

コッソリと貼付けたのだが…。

しっかりばれてしまい。

『これは固定されてないとダメなんだよなー。』

『す、すみません。』

平謝りに謝り、次回はちゃんと付けてねって事で。

何とか通過。

ブレーキも、事前にしっかり合わせた光軸も難なくパスし。

12時15分にナンバー交付。

早。

肝心なナンバーは…。
a0255081_21333571.jpg

なんもゴロ合わせも出来ない。

変哲もないただの数字の羅列。

でもこれとずっと付き合っていく訳です。

縁があって僕の手元にやってきた。

僕にとっての伝説のオートバイ。

これから長い時を経て。

少しずつ僕色に染めていこう。


思いのほかだいぶ早く終わったので。

今となっては数少なくなってしまった。

浅場さんが駆る。

このオートバイの後ろ姿を。

必死になって一緒に追いかけた盟友。

フェイクアルファ店長の澤田氏とお昼を過ごす。
a0255081_21561795.jpg

無事に車検が取れた記念として。

プレゼントを頂いてしまった。
a0255081_21582914.jpg

ありがとうございます。

そしてお昼は。

有名店『角萬』にて。
a0255081_2233839.jpg

通称『冷や肉』を食す。
a0255081_2273115.jpg

絶品です。



a0255081_22134327.jpg

澤田氏の愛車と愛用ヘルメット。

ヴィンテージクロージングが好きな方。
トライアンフが好きな方。
そしてマロンブランドが大好きな方。
お店に遊びにいってみて下さい。
楽しいですよ。

フェイクα
03-3404-0168(11:00~20:00)

映画『乱暴者』でマロンブランドが着ていた革ジャン『デュラベル』を。
澤田氏がコレクションしている、数着の本物の『デュラベル』と映画の映像を徹底分析し。
完全に再現した、澤田プロデュースの革ジャンを限定30着で製作中です。
a0255081_2313135.jpg

なんでも今春には完成予定でしたが、澤田氏がこだわるあまりサンプルが気に入らず、秋くらいに完成は伸びてしまうようですが。
興味のある方は是非どーぞ。
a0255081_22563298.jpg

ここだけの話。
マロンブランドが映画で着用している『デュラベル』はどうやら数着あるらしいですが、彼は裏地を全部はぎ取ってきていたようです。
映画の中の動作で、革ジャンの裏側がちらっと見える瞬間があるみたいです。
なんとその時、普通は裏地のため見えないはずのポケットの生地が見えるのだ!
『冷や肉』を食べながら、ふだんは物静かな澤田氏が熱く語ってくれました…。
マロンブランドが好きでなくても、革ジャンが好きな方なら絶対に一生物だとおもいますよ。

a0255081_2256459.jpg

著者 田中 凛太郎
扶桑社

『My Freedom 』シリーズや『MOTORCYCLE JACKETS』などでもおなじみ。
ヴィンテージクロジングやモーターサイクルカルチャー、サブカルチャーにも造形が非常に深い。
革ジャンがどのようにして誕生し、どのように発展していったのかを各年代の実物の写真はもちろん、ブランドの隆盛にまで及び、資料的価値だけでなく物語としても非常に興味深い内容です。
[PR]
by trophy1959 | 2012-04-22 02:08 | book | Comments(0)

現実逃避
by とろきち
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
最新の記事
love your money
at 2017-02-24 21:28
むこうぶち
at 2016-12-10 23:15
日曜日よりの使者
at 2016-11-21 23:54
rama lama ding..
at 2016-11-18 23:01
ball and chain
at 2016-08-09 23:11
come on and ride
at 2016-07-27 21:33
fall in love
at 2016-07-10 01:32
something new
at 2016-07-06 22:15
banned from th..
at 2016-06-28 00:36
superfly
at 2016-03-22 21:12
最新のコメント
ラレ子さんへ。 私も次..
by trophy1959 at 22:56
毎年ながらこの場に来ます..
by ラレ子 at 21:53
修理代をwaonで払えば..
by trophy1959 at 21:37
AEONの原因がわかりま..
by とんなつぷ at 12:19
ヒロさんへ。 こちらこ..
by trophy1959 at 20:51
手厚くありがとうございま..
by ヒロ at 15:10
時間ギリギリになってしま..
by trophy1959 at 22:13
お二人さん、来てくれてあ..
by triumph1967tr6 at 23:24
トラ吉さんへ。 毎度毎..
by trophy1959 at 19:23
久しぶりにお会いできてう..
by トラ吉 at 16:56
ブログジャンル
自転車・バイク
画像一覧