虹の谷の五月(下)
昼飯処を勢い良く飛び出し。
猪苗代湖を目指す。

モナコグランプリ風トンネルをくぐると。
左手には広大な湖の湖面が日の光に反射してキラキラと光り輝いています。

湖畔を約半周弱まわり、土湯方面へと舵をきる。

キレキレ状態のままワインディングを駆け上がる。

長ーいトンネルをくぐり抜け、道の駅『つちゆ』でひと休み。
a0255081_22244192.jpg

気持ちいい。
a0255081_22264453.jpg

美味しそう。
a0255081_22273135.jpg

各車とも絶好調です。
a0255081_22282769.jpg

長い距離を一気に走ると。
a0255081_22304218.jpg

日頃の街乗りで溜まっていた何かが排出され。
a0255081_223249.jpg

何だかもの凄くオートバイ全体が滑らかになる気がします。


ここから宿泊する『つきだて花工房』まではあと50キロ程。

この調子なら無事にたどり着けそうだという安堵感と、もう行きの行程が終わってしまうという寂寥感が交差します。

福島市内まで駆け下り、再び4号線へ出る。
115号線を右折し、緩やかなワインディングを楽しみながら。

全員何事も無く『つきだて花工房』にたどり着く。
a0255081_22411854.jpg

往路行程327キロなり。


充実の笑顔はU原君とNOTさん。
a0255081_22413487.jpg

ジェリーロルさんもお疲れさまでした!
a0255081_22433013.jpg

ユーヤ君、今日はいつもより走りがちょっと大人しかったような…?
a0255081_22462067.jpg

とてもすてきな宿泊施設です。
a0255081_2249699.jpg

雨が降ると従業員さん総出でオートバイにシートをかけて下さいます。
3年ぶりの『つきだて花工房』。
何も変わっていなくて安心しました。
a0255081_23562.jpg



いつも先着しているはずの山形勢がまだ来ていません。
相当なハイペースで来ましたからね。

だらだらとしゃべっていると。

排気音が山々に木霊する。
山形勢の到着です。

さっそく出迎えると…。

山形勢の最後尾に何故かこの人が!
a0255081_231043100.jpg

仕事で松本まで行っており、午前中に東京に戻り、オイル交換をしてから高速を使い来てくれました。
a0255081_23151361.jpg

運良く宿近くで山形勢に遭遇し、しれっと最後尾に付着しての到着です。
a0255081_23173630.jpg

忙しいなかほんとありがとうございます。


ケンタロー君のボニー。
a0255081_23171449.jpg

きれいだなーいつ見ても。
今回もお世話になりました。
今宵はゆっくり語り合いましょう。


こちらはなんと!走行距離22万キロ!
a0255081_2321194.jpg

仙台は赤間さんの69年ボンネ。
a0255081_2328783.jpg

70年に約1年落ちの中古で購入。
以来走り続けて22万キロ。
すばらしいです。


宴会を前にゆっくりとお風呂に浸かり心地よい疲れをほぐす。
オートバイ置き場を覗きにいくと…。


何やらやっています。
a0255081_23322356.jpg

どうも点火系の具合が思わしくないらしく。
『メカに詳しい人!』の叫び声を聞いたのっぽさんが、U原君を引っ張ってきたらしい。
明け方2時まで自分のトラをいじくっていたU原君。
宿に着いたら『僕はちょっと寝ます!』と力強く宣言していたのだが。
願いかなわず…。
僕もたくさん工具など積載して来たのですが、テスターはすっかり失念。
仕方なく順繰りに取っ替え引っ替え試しながら作業を進めるU原君と、それをサポートするNOTさん。
a0255081_2342197.jpg

それを尻目に。
『ビールをのんでもいいですか?』とのっぽさん。
それを嗜めるジェリーロールさん。
なれないオートバイに苦戦するU原くんでしたが。
a0255081_23413352.jpg

見事に修理完了!
さすがです!
U原君の名が遠く離れた山形まで鳴り響いた瞬間でした。


結局、U原君の願いむなしく休む間も無く宴会へと突入。

総幹事のケンタロー君の挨拶。
a0255081_23513446.jpg

最年長、澤さんによる乾杯の音頭。
a0255081_23521875.jpg

宴会の始まりです。
a0255081_23542146.jpg

皆さんよく飲みますね。

そんな宴もたけなわ。
宮城は丸森町から星さんが来て下さいました。
a0255081_2357941.jpg

超多忙の中ありがとうございました。
今度は是非一緒に走りましょう。


勢い良くロマネコンティを煽るトリニティ軍団。
最近ワインに目覚めたU原君でしたが。
ついに…。
a0255081_042962.jpg

ダウン。
a0255081_062770.jpg

今日はぐっすり休んで下さい。


つづく。


a0255081_075283.jpg

著者 船戸 与一
集英社文庫
トシオ マナハン、14歳。セブ島で祖父とふたりで闘鶏用の軍鶏を育てている。ゲリラのホセ マンガスが住む「虹の谷」への道を知っていたことから、誘拐の硝煙の宴に巻き込まれていく。少年の夢。怒りと誇り。愛する者との別れ。慟哭の叫びを胸奥に沈め、少年は男へと脱皮していく。第三世界の片隅から世界を睥睨する冒険小説、感動の巨編。
(解説引用)
[PR]
by trophy1959 | 2012-06-07 02:08 | book | Comments(2)
Commented by きゃりー at 2012-06-08 22:40 x
あたしとお揃いのTシャツです!お疲れさまです☆
Commented by trophy1959 at 2012-06-09 01:34
きゃりーさんへ
僕も2枚もってるよー。大切に着てね。

現実逃避
by とろきち
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
最新の記事
love your money
at 2017-02-24 21:28
むこうぶち
at 2016-12-10 23:15
日曜日よりの使者
at 2016-11-21 23:54
rama lama ding..
at 2016-11-18 23:01
ball and chain
at 2016-08-09 23:11
come on and ride
at 2016-07-27 21:33
fall in love
at 2016-07-10 01:32
something new
at 2016-07-06 22:15
banned from th..
at 2016-06-28 00:36
superfly
at 2016-03-22 21:12
最新のコメント
ラレ子さんへ。 私も次..
by trophy1959 at 22:56
毎年ながらこの場に来ます..
by ラレ子 at 21:53
修理代をwaonで払えば..
by trophy1959 at 21:37
AEONの原因がわかりま..
by とんなつぷ at 12:19
ヒロさんへ。 こちらこ..
by trophy1959 at 20:51
手厚くありがとうございま..
by ヒロ at 15:10
時間ギリギリになってしま..
by trophy1959 at 22:13
お二人さん、来てくれてあ..
by triumph1967tr6 at 23:24
トラ吉さんへ。 毎度毎..
by trophy1959 at 19:23
久しぶりにお会いできてう..
by トラ吉 at 16:56
ブログジャンル
自転車・バイク
画像一覧