riders on the storm
11月の第2弾は。

『第40回 西伊豆忘年会ツーリング』。

10日(日)〜11日(月)に長い歴史のあるツーリングに参加してきました。
a0255081_19204850.jpg

今回は59年にて。

まずは環八と2国の交差点でユーヤ君と。
a0255081_19233677.jpg

澤田氏と。
a0255081_19233684.jpg

合流であります。

定刻通り0830出発。

午後には雨の予報も出ており、発達した低気圧が北上し…なんてイヤなニュースも流れておりましたが、天性の晴れ男であるはずの自分の能力を信じ、快調に横浜新道戸塚PAまで気心知れた3台のトラで驀進す。
a0255081_19313789.jpg

1番乗りの戸塚PAにて皆様の到着を待つ我ら3人組。

a0255081_19343854.jpg

酔っぱらわなければいぶし銀の常さんがお気に入りの68年で。

a0255081_19361038.jpg

幹事の熊プーさんは…諸事諸々あり…TXでやってきました。

a0255081_1938744.jpg

なんと!雨模様だから絶対スクーターだなって皆がそう思っていたのに…アイダさんが、あのアイダさんが極上の61年TR6にて登場!

a0255081_19414155.jpg

早々にカッパを着ての到着は春日部のペインター村上さん。

そして残るは皆勤賞マルイさん…すみません…写真が…。

以上8台にてまずは箱根峠に向かいます!
a0255081_1945275.jpg

なんて言っていたら早くもポツリポツリと雨が降ってきてしまいました…。
a0255081_20393431.jpg

慌ててカッパを着る我々、そして日帰り組のユーヤ君、澤田氏ともここでお別れになってしまうという寂しい出発となってしまいました。

雨さえ降らなければ、箱根か三島までは一緒に走れたのに残念でなりません。

お互いの無事を祈り、我々は箱根へと向かいます。

時折雲の切れ間から太陽が顔を出すものの、断続的に降る雨の中、いつものように西湘バイパスへ。

ふと箱根の山を見上げると、かなりガスがかかっているようであります。

先頭を駆る熊プーさんもアヤシイと感じたのか、真鶴へと進路を変え熱海〜伊東〜下田をまわって西伊豆へ向かうルートへと急遽変更となりました。

突風が吹き抜けたり、急に雨が強くなったり、晴れ間が見えたりと、非常にアヤシイ天候の中、ひたすら突き進む我ら白波6人男であります。

伊東にて昼ご飯を取ると、降ったり止んだりの雨がいつしか本降りとなっているではありませんか!

そしてここから本ツーリング最大の山場を迎えるのであります。

R135赤沢〜河津間は荒れ狂った風と叩き付けるような大雨に翻弄され。
a0255081_2082122.jpg

道路に水が溢れ川のようになっている所もいくつもあり、運悪く対向車が来てしまうとヘルメットに水しぶきが直撃し、まるでオートバイで波に突っ込んだかのような感覚になってしまうのであります…。
a0255081_20121138.jpg

給油待ちの最中にようやく撮った写真が上の2枚。

長い長い給油待ち…なんと村上さんのトラが始動しないというトラブルが…。

大雨の中これ以上待つ事は困難のため、マルイさんを犠牲にし村上さんと2台を見捨てて先行することにいたしました。

ま、ベテランですので大丈夫でしょう!

その後も相変わらずの嵐のなかでありますが、何だか異常に好調な僕のトロフィー。

下田の先を右に折れ、松崎街道で西伊豆を目指す。

雨にも風にも負けず快調に吹っ飛ばし、松崎にて後続の2台を待ちます。
a0255081_20255316.jpg

しばらく待っても現れる雰囲気がありません…。
a0255081_20372031.jpg

しかし何も連絡も入ってきて無いので、おっつけ追いつくだろうってことでここからはあとわずかの距離となった西伊豆は雲見まで嵐のラストラン。

宿にたどり着くと…。

なんと見捨てたはずのマルイさんと村上さんが先着しているではありませんか!

恐るべしはベテランの技であります。
a0255081_20425124.jpg

とにかく皆、嵐の中揃って無事に西伊豆雲見温泉『浜道楽』に到着。
a0255081_2044412.jpg

普段はちょろちょろの目の前の川も今日は濁流に。
a0255081_20452352.jpg

隣の宿の屋根に叩き付ける雨のしぶきが…こんな中よく走ってきたもんです…。

しかし!24時間源泉掛け流しの温泉に入りゆっくりと暖まった後は。
a0255081_20492454.jpg

豪華絢爛。
a0255081_20493061.jpg

海の幸が。
a0255081_2050060.jpg

コレでもかコレでもか!
a0255081_20504774.jpg

というくらい沢山でて、幸せ一杯で身も心もすっかり暖まるのです。




the doors
a0255081_20543881.jpg

映画『the doors』のサントラのジャケット。監督はオリバーストーン。『プラトーン』、『7月4日に生まれて』に続く60年代のアメリカ社会を描いた三部作の完結篇にあたる。
ベトナム戦争での北爆やマルコムXの暗殺などでゆれる1965年、UCLAで映画を学んでいる学生のジム・モリソン(ヴァル・キルマー)は、ある日瞳のきれいな少女パメラ(メグ・ライアン)に一目惚れし、付き合うようになる。ジムは詩を愛する青年で、その才能を評価するレイ(カイル・マクラクラン)らとロックバンド「ザ・ドアーズ」を結成し、デビューする。
ドアーズのライブは評判となり栄光を勝ち得たかに思えたが、当時のアメリカの世相を反映して次第に反逆のカリスマとして祭り上げられるようになるとジムの行動もエスカレートし、破綻をきたす。パメラはジムを信じて支えようとするが衝突する事も多くなり、1971年、アメリカ独立記念日の前日にジムの突然の死によって愛情は引き裂かれ、その後パメラもジムの後を追うように自殺を遂げるのだった。(ウキペディア)
この映画がもの凄く好きで、サントラまで購入してしまいました。
[PR]
by trophy1959 | 2013-11-14 02:08 | music | Comments(0)

現実逃避
by とろきち
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
最新の記事
love your money
at 2017-02-24 21:28
むこうぶち
at 2016-12-10 23:15
日曜日よりの使者
at 2016-11-21 23:54
rama lama ding..
at 2016-11-18 23:01
ball and chain
at 2016-08-09 23:11
come on and ride
at 2016-07-27 21:33
fall in love
at 2016-07-10 01:32
something new
at 2016-07-06 22:15
banned from th..
at 2016-06-28 00:36
superfly
at 2016-03-22 21:12
最新のコメント
ラレ子さんへ。 私も次..
by trophy1959 at 22:56
毎年ながらこの場に来ます..
by ラレ子 at 21:53
修理代をwaonで払えば..
by trophy1959 at 21:37
AEONの原因がわかりま..
by とんなつぷ at 12:19
ヒロさんへ。 こちらこ..
by trophy1959 at 20:51
手厚くありがとうございま..
by ヒロ at 15:10
時間ギリギリになってしま..
by trophy1959 at 22:13
お二人さん、来てくれてあ..
by triumph1967tr6 at 23:24
トラ吉さんへ。 毎度毎..
by trophy1959 at 19:23
久しぶりにお会いできてう..
by トラ吉 at 16:56
ブログジャンル
自転車・バイク
画像一覧