カテゴリ:music( 147 )
love your money
いちいち前置きも面倒なんで!

秘密の入り口はこちらです。


   ↓     ↓     ↓      


こ  こ  を  ク  リ  ッ  ク  !

        クリック!

          ❤️














daisy chainsaw
a0255081_2182642.jpg

[PR]
by trophy1959 | 2017-02-24 21:28 | music | Comments(0)
日曜日よりの使者
いつものように暖かく迎えてくださった『つきだて花工房』の皆さんの笑顔に、東京よりおおよそ365キロの疲れも一気に吹き飛び、まずはビールだ風呂だと宴会までの時間を既に宿に到着していた山形勢とともにワイワイと過ごしていると、スーパーカブで日本1周の旅に出ている仙台の赤間さんよりお電話を頂戴する。お互いの道中の安全と、来年ここ福島は月舘村で日本1周の武勇伝を語ってもらうべく再会の約束をするのである。トラで20万キロ以上走り、トライアルの大会にも出場し、歩いて東海道を旅したり、そして今度はカブで日本1周とは!毎度毎度その行動力とそれを支える強靭な肉体と精神力には驚かされます。せめて赤間さんの1/100くらいになれるように精進したいですね。

で、宴会が始まっても到着しない人が‥1名ほど‥。
お子様の運動会が終わって、出発したとの一報を受信したのは午後2時過ぎのこと。まっつぐ向かうって言っていたから7時過ぎには到着するんでは何て思っていたのですが、音沙汰なし。トラブルがあったなら連絡が入るわけだし、便りがないのは元気な証拠ってことで我々は杯をを重ねるのである。
翌日曜日、どうやら彼は無事に到着していたらしいことに気づく。
a0255081_18241286.jpg

その彼とは、ユーヤくん。どうやらずっと内緒にしていたようなのだが、国営放送の撮影やその打ち合わせなどなど諸事もろもろあり到着が遅れたようなのである。
その番組とは何と!!NHKの『超絶 凄技!』である!!!(9月24日土曜日20:15オンエアー)
もちろん僕は見ましたが、変態紳士さんをはじめ結構見ていた方も多く、後の西伊豆ツーリングではその話でずいぶん盛り上がったのである。


「超絶 凄(すご)ワザ!「幻の技法解明SP 明治の超絶技巧を再現せよ!」

百年前に失われた“幻の技法”を再現せよ!明治時代、アメリカの万国博覧会で一等賞を獲得、世界を驚嘆させた日本の芸術家がいた。鍛金家、山田宗美。一枚の鉄板をたたき自在に変形させ、まるで生き物のような造形美を生み出した。しかし、その技法の詳細は今も謎で、最新技術でも再現は不可能とされる。そこで研究者と芸術家の異色タッグで幻の技法解明に挑む。美術史に残る巨人の技に挑んだ2か月間のドキュメント…再現なるか?

【出演】鍛金家…小林有矢,加賀市美術館 学芸員…洞口寛,【司会】千原ジュニア,池田伸子,【語り】千葉繁

見逃した方、興味のある方、NHKオンデマンドで是非どうぞ!!

a0255081_19431219.jpg


そんな新進気鋭の鍛金家のユーヤ君のHPはこちらです。

でもってこちらがユーヤ君にオーダーした5インチのフライパン。キャンプや山登り等に持って行くための小型フライパンを無理言って特注してみた。(現在は通常ラインナップ入り)
a0255081_19545536.jpg

この横から見たラインがセクシーでたまりませんね。
a0255081_19552777.jpg

早速、冷蔵庫にあったソーセージを焼いてみた!

うまし!


a0255081_20105487.jpg

さて、晴天に恵まれた日曜日。
昨日にも増して絶好のツーリングを楽しめそうですね。


a0255081_20242974.jpg

だいぶ激しくなったオイル漏れにちり紙を詰めてごまかすトンナップさん。
a0255081_20275165.jpg

そろそろ本腰入れて頑張ってください!

a0255081_20302344.jpg

巨大なパニアケースの変態紳士さん。往路はトラブルを伝える使者となり大活躍です。
例のうさぎの耳の推理ですが鍛金家に尋ねたところあえなく一蹴されましたよ‥。

a0255081_20362537.jpg

コマンドー兄弟のシミーズさん。タンクとパニアケースがないだけでグッと軽快なスタイルになりますね。

a0255081_20573421.jpg

コマンドー兄弟の最後を飾るのはコメットさん。黄色になるとまたガラリと雰囲気が変わりスポーティさが増す気がします。

a0255081_20412693.jpg

船見の親分。さすがに今日はメルセデスではなくトラでの参加。久しくベロを見ていませんが?

a0255081_20514765.jpg

うさぎが見事完成したらちょうだい!

a0255081_2125420.jpg

往路の主役はオーノくん。チェーンのジョイントが外れたのは伝説のドスケベ中学生と同じだね!
君もドスケベ一家の一員ですおめでとう!

a0255081_21131934.jpg

久しぶりのツーリンはどうだったかな?もうすぐ出来上がるであろうリフレッシュした62年が楽しみだね!

a0255081_2116235.jpg

まさかの戦前ノートンで参加のジェリーロールさん。イギリスで撮ったようないい雰囲気の写真は‥カメラマンの腕がいいからですー。

a0255081_2124230.jpg

まさか本当に来てくれるとは!true classic custom shopの店主。カルフォルニアで撮ったようないい雰囲気の写真は‥カメラマンの腕がいいからですー。

a0255081_21294127.jpg

大ベテランの栄蔵さん。長いツーリング歴に裏打ちされたトラブルシューティングはさすがです。助かりました!

a0255081_21381572.jpg

なんと1970年代後半から80年代頭にかけ浅場さんたちともトラで走り回ったという曲がり山さん。紆余曲折あり再びオートバイに返り咲き!

a0255081_2145780.jpg

こう見えてもかの超有名店バーニー○ニューヨークにも彼の経営するbees coffeeの味は認められているのですよ!美味しいコーヒーは是非bees coffeeで!

a0255081_2241824.jpg

新車のベスパ買ったから!冗談かと思っていたら本当に新車のベスパできた常さん。楽でいいねーのひと言を頂戴しました。

a0255081_2232876.jpg

ベスパはベスパでもこちらはバカっ速のベスパに乗ってきたのは岡山桃太郎軍団関東支部のおっくん。
シャレオツなベスパ乗り!

a0255081_22145889.jpg

ちょっと眩しかったですかね。岡山桃太郎軍団ヘッドの兄者の登場です。まぁ毎度毎度その行動力には驚かされますが、今回も本当に嬉しい限りです!いっその事、東京に進出してもいいんじゃない?

a0255081_2225557.jpg

ラストを飾るは岡山桃太郎軍団副長の和田氏。兄者とは正反対な物静かな色男なのだが、ナセルが好きなのかナセルに好かれるのか5T、T110、T120(1st)と全て車歴が全てナセルの変態です。

そんなこんなで出発の準備も整い、恒例の記念撮影。
a0255081_22423647.jpg

出発だぜ!
a0255081_22451229.jpg


山形勢と、午後にお客さんとカスタムの打ち合わせを控えるtrue classic 店主とジェリーロールさんは東京直帰のためにここでお別れ。
変化に富んだ絶好のルートが延々と茨城は筑西まで続く国道349を是非とも堪能してもらいたかったのだが残念無念。さらに岡山勢もこれからの長〜い道程を考慮して4号線に出て帰るルートを選択。是非是非来年は349の素敵なワインディングを楽しんで欲しいもんである。

国道といえども右折したり左折したり斜めにいったりと結構複雑なルートであるが、必ず標識があるので見逃さないでね!と各ライダーには口を酸っぱくして伝え、ガソリンを補給して出発。とにかく道も良いし信号もないしアドレナリンが出っぱなしのこのルートでは右左折の度に後続を待つのも勿体無いので、本当の要所でしか待たないことにしたのである。
が!まずはシミーズさんが直帰勢につられ4号線に向け右折して行ってしまったよ。
そして、良くんも標識を見逃し郡山方面に消えていったとの報告が‥。あそこは斜めに行かないとダメなんだよな。
まあ、大人なんで無事に帰れるでしょうってことで本隊はさらにぐんぐんぐんぐん進んで行く。
気持ちよく快適なペースで走っていると、何やら変態紳士さんがニヤニヤニヤニヤしながら叫んでおります。スピードを緩め並走すると嬉しそうに『さっきですね、誰かまでは確認できませんでしたがすてーんって転んだのをバックミラーで見てしまったんですよ』と、往路に引き続き変態紳士さんはトラブルを報告使者と化したのです。
とにかくバックミラーでしか確認できなかったということで、程よい場所で待つことに。
a0255081_23331642.jpg

無事な人。
a0255081_23305060.jpg

無事な人たち。
a0255081_2334510.jpg

のんきな人。

a0255081_23355691.jpg

待つこと10数分。人もオートバイも大きなダメージもなく、ちょこちょこっと応急整備を施し気を取り直して再出発です。
昨年は349と118の分岐点で間違ってしまい、水戸まで流れて行ってしまったのだが今年は間違えることなく無事に昼飯どころにたどり着く。
a0255081_23402768.jpg

休憩が終わり、ここから筑西から50号ー4号で帰るグループと、西東京からのご参加組は常磐道でと流れ解散と成りました。皆さんの無事の帰宅を祈って楽しかったこのツーリングも終焉へと。


その後最後の休憩を道の駅『ごか』でとったのだが‥。
2週間前の宇宙大戦争の帰路、同じく道の駅『ごか』に寄った際、エノンのR12にいように食いついてきたおじさんに、また今日も会ってしまったよ。

『おじさんいつもいここにいるね』

『おう、おじさん行くとこないからのぅ‥。』

そんなこんなで最後は駆け足で福島ツーリングを思い出してみました。




the high lows
a0255081_23531930.jpg

[PR]
by trophy1959 | 2016-11-21 23:54 | music | Comments(0)
rama lama ding dong
大変ご無沙汰しております。
福島ツーリングも中途半端で途切れてしまいもはや終了か?と思われたというより、もういいかって思っていたのですが、本来の目的である書籍化そして映画化を目指し、続けてみようかという気になりました。夢の印税生活を送るために頑張りたいのですが、いかんせんなかなか執筆にかける時間が取れない今日この頃。なぜ時間がないのかというと、ついにランニングを再開してしまったからであります。衰えつつある体力に歯止めをかけるために以前もランニングをしたこともあったのですが、まあ続きませんでしたね。
ここ最近オートバイの出し入れにさえヨタヨタと踏ん張りの利かない足腰に危機感を持ち、さらには情けなくも繰り返す立ちゴケによりペトロールタンクもボコボコです。そんな貧弱な下半身におさらばすべく、まずは基礎体力の回復を図り、そして向上を目指し黙々と大地の上を走ることにした。
走り始めはゆっくりと、徐々に体を慣らして少しずつ距離を伸ばしていこうと思っていたのですが、昔とった杵柄、体が覚えているのですねランニングの全てを。
が、初日はチアノーゼにより棄権。
そして次の日はこむら返りを発症し棄権。
次の次の日は前日の自分に打ち勝つことができ、少しだが自信を持つ。
きたる翌日、走り始めは疲労の蓄積により心が折れそうになるが、通りすがりの女性ランナーの後を追いかけていたら徐々に体が楽になり、第一目標としていた距離3キロを走破する。
こんな感じで体も心も少しづつタフボーイになってきたのだが、かつて失った栄光を取り戻すまではまだまだである。
何を隠そう私は中高と陸上部に在籍をしており、その厳しい練習よる総走行距離は、恐らく地球を2周ほどは走破したのではないかと思われる。しかしながらなぜ陸上部なるものに入部しようと思ったのか?それは小学校6年生の秋のこと。当時アサヒビールが主催していた皇居マラソン大会にて、さしたる練習もせず2位になってしまったんだな。それにより己の才能を勘違いした私は中学入学とともに陸上部の門を叩いてしまったのである。折しも旧東京マラソンで瀬古選手とイカンガー選手の激しい戦いを目の当たりにしたのも入部を後押しした一つの要因であろう。そして弱小陸上部の中ではそれなりに活躍をしてしまいつつも、悲しくも大会等で思い知らせれる己の力のなさに既に限界を感じていたのだが、弱小ゆえ少人数の陸上部。やめるなどとは怖くて言えない気弱な私は、付属の高校に入学してもそのまま陸上部に居続けることになってしまったのである。しかし高校の陸上部には中長距離の分野に長けた指導者がおらず、我々は都内でも屈指の強豪校の監督による指導の元、合同練習を行っていたのである。そこの名監督に呼び出されたのは合同練習に参加も間もない1年生の春のこと。『君は良い物を持っている。俺がインターハイに連れて行ってやるからな!』そんな将来を嘱望された私であったのだが‥。世に言う『おっぱい事件』に連座し高校陸上界から永久追放の憂き目にあうのである。
あれから数十年。再びランニングシューズに紐を通した私は、16歳の頃のアップで皇居1周、本練習で皇居4周、ダウンで皇居1周の猛烈練習漬けな日々を思い出しつつ夜の隅田川をひた走るのである。

a0255081_21381366.jpg

さてさて、えびな食堂を出発した腹一杯の我らは、猪苗代湖畔をぐるりと回りこれまた絶好のツーリングルートを猛烈な勢いで駆け抜け、土湯峠を目指す。途中で猿が車にはねられていたり、スーパーバイクが路肩に突き刺さっていたりなど滅多に見ることのない光景にびっくりするも道の駅『つちゆ』に全車無事到着。
a0255081_2148131.jpg

まさかの岡山から参戦の桃太郎軍団も存分に福島路を楽しんでくれておりますたぶん。
来年は宇宙大戦争〜福島ツーリングと大忙しの5月になりそうですね!
a0255081_21511878.jpg

まさかまさか登りきれるとは!戦前ノートン侮るべからず。次回アリエルでの参加はあり得るのか?
a0255081_22253831.jpg

true classic custom shop 店主の愛車。ワンオフフレームにワンオフタンク、別体エンジン含め全て彼の手によって製作された1台。シートはpozidriv社に特注したオールハンドメイドによる逸品。
a0255081_2153927.jpg

天候に恵まれたためか多くのライダーで賑わう土湯峠も、休憩もそこそこに名残惜しいが本日最後のひとっ走り宿まで直行。
a0255081_21581176.jpg

定宿『つきだて花工房』の軒下に佇む各々の愛車からはまだチンチンとエンジンの放熱音が聞こえてきそうな気がするのである。
a0255081_22153281.jpg

五月に行った福島ツーリング、ようやく初日が終わりましたよ!





rocky sharp and the replays
a0255081_2304425.jpg

[PR]
by trophy1959 | 2016-11-18 23:01 | music | Comments(0)
ball and chain
えー私事ながら7月末日の日曜日の夕方にですね、人生3度目のぎっくり腰をやってしまいました。
ガレージにてちょこちょこっとオートバイを弄っておりましたところ、何気なく立ち上がった瞬間に腰に痛みが発生しあれっ?なんかやばいかも…なんて思いつつ天日干ししていた革ジャンなどを方付けていたらどんどんどんどん痛みが増し遂には歩く事さえ困難に!
あれから10日、いまだ不自由な生活を強いられている次第であります。
a0255081_2040258.jpg



そんな事はさておいて、もはや記憶もだいぶ薄らいでしまった福島ツーリングの続きを…。


早朝の4号線を北上し、つい2週間前も通ったその足跡をたどり利根川を越え後10数キロ走れば第2集合地点へと。
それでも環七梅島陸橋からはおおよそ1時間強。
混んでるところもあれば、流れが良い区間もさまざまとありさすが10台ともなると一団の塊となる訳もいかずてんでバラバラの道中となってしまいます。

なもんで、集合休憩地点や右左折分岐点では迷い子が出ないようにと必ず目立つところに1台置いときます。
a0255081_2218243.jpg

でもね、それに気づかないですっ飛ばしていってしまう方もたまにはいますが…今回は全員無事に集合!


第2集合場所には。
a0255081_22183315.jpg

昨年はよもやの車両トラブルで残念ながら急遽不参加となってしまったシミーズ氏。今回はコマンドーにて!
船見の親分は今回はトラ。だいぶ攻撃的なポディションのベロセットは辛くなってきたのですかね?
いつでも引き取りますよ!


こちらは年末に異音がするとのたうちまわったトンナップバード。
a0255081_22191985.jpg

結局、異音の正体など究明する事無くノーメンテのタフガイです。


早速あれやこれやとバイク談議があちこちで始まります。
a0255081_22185691.jpg

a0255081_22195419.jpg

a0255081_22202124.jpg

しかしながら当初の予報は完全に裏切られ、曇天いまだ晴れず気温も低いままでけっこう肌寒く思わず身震いしてしまう程だが、旧英国車にとってはちょうど乗り頃の候。

a0255081_22204370.jpg

そしてこの後いつもなら宇都宮ー矢板ー那須ー黒磯までノンストップの道程であるが、今回はスペシャルゲスト岡山桃太郎軍団との合流するので鬼怒川を越える手前で待ち合わせ。

この第2集合地点から合流場所まではおおよそ50キロほど。
待ち合わせの場所には我ら本隊が先に到着も目を凝らせば200メートル程先の反対車線に何やら蠢くアヤシイ影を発見。
どうやら岡山桃太郎軍団のようだがなにやらモゴモゴやっているらしくなかなかやってきませんが…待つ事15分、遂に福島ツーリングにご参加下さる為に遥々西国の備前国府より約800キロメートルの道のりを走破しての合流です!

で、感動の再会を写真はこちら↓。



ごめん…撮ってなかったよ。



気を取り直し、無事に合流も果たしいよいよもって先ず目指すは猪苗代ってことで再出発!


鬼怒川を越え、さくらー矢板ー那須と順調に距離を稼ぐ。
那須付近を快走中、対向車線の車が突如右折してきやがって久しぶりの後輪フルロック。
あービックリした。

そんでもってそろそろ休憩の頃合いかと黒磯が近づいてきたその時、後ろに激しい身振りで何かを伝えようとする車両がいるではありませんか。

『えーとですね、先ほど信号で止まった時にですね私の前にはO君がいたのですが…。信号が変わって出発しようとしたら何とですね、ドライブチェーンがズルズルズルって出てきちゃったんですよ。』
と、ニヤニヤニヤニヤ楽しそうに急を報告するのはもちろん変態紳士さん。
『先ほどってどのくらい前ですかね?』
『5キロくらい前ですかね。』

って事で、いつもの休憩場所にはもう少しなのだが善後策を考えねばならなくなったので、急遽全軍停止。
a0255081_22215862.jpg

美しすぎるこのワンテンを蘇らせたのは岡山のW氏。寝相が悪いので注意しなければなりません。

a0255081_22223873.jpg

両振りの中アップマフラーはやっぱり1番かっこいい!と盛り上がる私と岡山長兄。

a0255081_222692.jpg

そんな積もる話をしていたらすっかり忘れたトラブル問題。

どうしたもんかとトラブル先と連絡を取り合ったら、どうやらチェーンのジョイントが外れてしまったようで、で、クリップはもうどっかに飛んでいってしまったそうでどこにも見当たらないそうな。

んー近くにバイク屋さんでもあれば…などなどあれこれ考えていたら…。
『チェーンが外れた?チェーン、持ってるよ2本。』
と突如訳の解らぬ事を言い出したのは栄蔵氏。
何と何と不思議な4次元ポケットの中からデテクルデテクルチェーンの嵐。

そんな恐るべし10万キロクラブの栄蔵氏に現場まで戻ってもらい、現場にいたtrue classicの王子にしっかり取り付けてもらい、万事上手く収まり再出発!


黒磯を通過し白河も給油は済ませたため、今回は立ち止まらず新幹線の高架をくぐり抜けたところで、長かった4号線からオサラバし羽鳥湖経由で猪苗代へ。

この白河羽鳥湖線からいよいよ絶好のワインディングが始まりOHVエンジン650ccの排気量から絞り出される42馬力を余す事なく解き放ち、右へ左へ軽やかに旋回し、新緑に彩られた福島路を心の底から大いに楽しむのであります!
a0255081_2234912.jpg

羽鳥湖を抜け猪苗代に向かうこの道も更に更に楽しさを増し、エンジンももっともっと回してくれと軽やかに吹け上がるのあります。

a0255081_22383371.jpg

程よくワインディングを堪能し、このドン突きを右に曲がれば猪苗代、左に曲がればえびな食堂。

そして先ずは左に曲がりすっかりぺこぺこになったお腹を満たすのです。
a0255081_22413649.jpg

上が大盛り、下が普通盛り。
来る度にドンブリの大きさに目を見張るえびな食堂!
a0255081_22594366.jpg

初めて来た方はもっとビックリなえびな食堂!
a0255081_2301918.jpg

たらふく食べてもうお腹いっぱいです。
a0255081_2313512.jpg

つづく…のか?


janis joplin
a0255081_2325616.jpg

[PR]
by trophy1959 | 2016-08-09 23:11 | music | Comments(0)
come on and ride
宇宙大戦争もおわり5月末はいよいよ1年で最も楽しみにしているイベント福島ツーリングであります。
今年も山形のケンタロー君との再会に加え、久々にジェリーロール氏の参加表明や、神戸から活躍の場を東京に移したtrue classic の王子、更には遠く…てかほんとに?なんと岡山軍団の長兄率いる精鋭部隊の来襲が決定するなど、ホントに嬉しくてなりません。常連さんも変わらず来て下さるということでまったくもって幹事冥利に尽きるのひと言であります。
ユーヤ君もお子さんの運動会が終わってから駆けつけてくれるとのことですし、返り咲きの貴公子も『みんな俺についてこれんの?』と訳の解らない事をほざいています。

そんな喜びとほぼ確定したご参加の人数を総幹事長のケンタロー君に伝えるべく連絡を入れると…。

『じ、実はですね…。』と何やら煮え切らぬ様子。

さてはトラが壊れたのかそれとも家庭が壊れたのか!?

真相は!な、なんと!

『消防団の研修旅行と重なってしまい…。』

研修や親睦などと銘打った『会』や『旅行』というものは商店街や町会や青年部、各種組合などなどもちろん消防団もしかり政治団体もしかり、何かしらの集団に所属している限り必ずと言っても良い程ついてまわってくるものですねぇ。組合費や共済会費といった名目で組合員から集めたお金を無尽にまわしたり勉強会や旅行やらで補助金という形で使うのだが…。
そもそも『勉強会』『研修』『親睦会』など体よく飾られた言葉の裏には必ずと言ってよいほどピンク色の影があるものですよっ!。何を勉強するのか知らないが行き先はスナックかキャバクラ。何を研修するのか何を今さら親睦を深めるのか解りませんが、旅行の宴席には何故か裸のコンパニオンがお酌をしてくれるのであります。むふふ。
まあ、そんなこんなで世の奥樣方、旦那が勉強会や研修旅行などと言っていそいそと出かけていったらそういう事なんですよ。どうか何も知らない振りをして快く送り出して下さい。しかし急に徹マンなどと言いだしたら…それはきっと…。

と言う訳でケンタロー総幹事長殿は夜の消火活動のため今回はやむなく不参加となり至極残念な事でありますが野郎だけの宴席よりも裸のおねえちゃんのお酌の方が楽しいに決まってます。

そんな冗談話はここまでにして次期分団長の大任を拝命したケンタロー君、がんばってきてください!


そしてついにやってきました当日。
天気予報は快晴も実際は曇天の東京となりましたが、例によって遠足前日の小学生のごとく興奮してなかなか寝付かれずも目覚まし1発でシャキッと起床。
いつもツーリングの朝に食べる僕の出陣料理であるクロワッサンをサニーサイドアップで手早く済ませ、さあ福島は月館村に向けて出発であります!
a0255081_22282355.jpg

今日の相棒は60年のトロフィースペシャルバージョン。
何がスペシャルかは、今回のツーリングで初めて導入してみたお尻が痛くならないゲルシート。
さてその効果は如何に?
a0255081_22361245.jpg

いつものようにいつものルートでいつもの場所へ1番乗り。あんまりルーティーンは崩したくないタイプなのだが今日はいつも途中で寄るガソリンスタンドをつい通り越してしまい止む無く別のスタンドでハイオク満タン。


こちらは朝早いのにわざわざお見送りにきてくれたラストロッカーズ!サワダ氏。
a0255081_22412390.jpg


ごく最近おめでたい発表をしたオーノ君。どうか末永くお幸せに!!2人を結ぶ愛のチェーンは外れませんように!
a0255081_2246646.jpg


相変わらずのドリンクホルダーが渋いいぶし銀の変態紳士さんの変態っぷりはこちらから!トラブル発生を伝える飛脚と化すこと2回と乙様!
a0255081_22475783.jpg


pozidriv製のタンクバックが眩しいキム兄。ガ◯ヤの夜明けにて全国TVデビュー!もベロセットの夜は明けはいったいいつになるのか!?
a0255081_2254857.jpg


おっとずいぶん遠目になってしまいましたが黄色いコマンドはコメットさん。次回はマチレスでどうぞ!
a0255081_082423.jpg


サイドウエイトロフィーの雄、曲◯氏は何と数十年ぶりとなるトラでのツーリングにご参加下さいました!
a0255081_0113170.jpg


点火系が危ぶまれたもののさすがtrue classci代表の王子。突貫でルーカスマグネトーに交換したらしくついに別体トラにて初の福島路に挑む!
a0255081_23292546.jpg


トラもあるのに無謀にも戦前のノートンでやってきたジェリーロール氏…。い、行けるのか??
a0255081_23341437.jpg


最年長の栄蔵さん。ドラえもんのような風貌どおり何でも出てくる四次元ポケットを持っていた!
a0255081_23503653.jpg


2008年以来の参加の良くん。その時も遅刻したが今回も遅刻。なぜなら…来る途中に婆さんが目の前で倒れたそうで救命活動をしていたから?!
a0255081_2353517.jpg



そんなこんなでサワダ氏のお見送りのもと定刻7時より10分ほど遅れるも、早朝の梅島陸橋を総勢10名にて第2集合地点を目指して出発するのです。





enchantment
a0255081_2129512.png

[PR]
by trophy1959 | 2016-07-27 21:33 | music | Comments(0)
fall in love
雑魚寝の大部屋に地鳴りのごとく響き渡る猛烈なイビキに軽く殺意を覚えつつもなんだかんだで気付かずうちにグッスリ夢の世界へ旅立ち、開けっ放しのカーテンから降りそそぐ眩い初夏の日射しにグッドモーニング。
a0255081_21273987.jpg

このイベントには珍しく初日2日目ともに晴天なり。
a0255081_21425556.jpg

そして例年に倣い普段滅多にお目にかかる事の無い強力な車両がたくさん集結。
が!
当時はほぼほぼブログはフェイドアウトの方向を考えていたのでよまやあまり写真が無いのである。
ま、仕方なし。
a0255081_21503823.jpg

500ccに目覚めるきっかけともなったM谷氏のタイガー。2台並べて撮ろうと思っていたのだが今思い出した。

a0255081_226197.jpg

米軍捕虜のBMWを発見。この日の為にマグネトーやキャブレターを再整備し切れていた車検も取り直し復活の第三帝国。

a0255081_22271884.jpg

80年の時を経て時代は300Km/hへ突入。
酔いどれ神主のベロセットと、カールさんのH2。
時代は変われども色は変わらず。

a0255081_22491336.jpg

そしてリベンジ果たすはラレ子さんのラーレー。なぜかこのイベントだけはツイておらず何かが憑いているのか何時もトラブルが起きるのだが…今回も当然のごとく洩れなくトラブル起きるも父と息子の親子鷹。ついに乗り越え堂々の自走にて到着!

a0255081_2259314.jpg

こちらはグさんのサンダーバード焼けボックイに火が付いたバージョン。
昨夜のグの字は語るは語る大いに語る!詳細を書きたいけどもでもちょっとヤバイのでやめとこう。
だけど!うらやましい!
焼けボックイに火がつくどころか炎上です。

a0255081_21454537.jpg

そんなこんなでいつものように校庭に移動し、主催のジェリーロール氏の挨拶となり。
a0255081_2212332.jpg

今年も濃密な2日間を楽しく過ごすことができました。

これにて解散!

となるはずで、まだまだ慣らし運転の最中の僕はノンビリ帰るつもりで帰路の準備に取りかかっていたら…。
『山いくで〜。せっかくやからちょっと走ってこうや。』
とのお誘いが。
『いやいや、まだ慣らし中だからね今回はちょっと…。」』
難色を精一杯示すがそんなのはおかまいなく、あっとういまに頭数に入れられちょいと走りにいく事になる。

更にいろんな人に声をかけ賑やかにワインディングを楽しむ事にする。

そして陣容が固まった。

先鋒 500TR5 中堅 変態コマンドー 大将 BMW R12。

いろんな人に断られ結局はいつもの顔ぶれでダムを目指してひとっ走り!

ひと度走り出せば慣らし中という事も忘れがちについついアクセルを開けてしまうところをほんのちょっぴりだけ我慢して、アップダウンも悪路もブルブルと走り、ブッチギリのトップでダム湖に到着。
暫し休憩ののち、新しくルートを開発すべく試験的にいままで踏み入れた事の無い道をいく事に。
結果、さしたる道でもなくかえって信号も交通量も多く想像よりも大分悪く残念な結末に。
50号線にもどり佐野にむけてひた走る。
こちらはオーバーパスも多くついついスピードの出やすい区間。
そうならばと、ついつい500ccの実力の程を試してみたくなるのが人情というものである。
長いオーバーパスの最中に思わずその気になってしまい右手に力を込め一気に加速!
さてその実力は如何に。
グイグイと加速していき俺もついにトンナップボーイズに加盟かと思われたその刹那、急に吹けなくなりまさかの片排となってしまった。
よもや終了か?
何とか路肩に寄せ、後続のコマンドーとR12を待つこと数分。
異変を察知した仲間にかくかくしかじかくどくどくどくどと説明すると…エノンがひと言。
『ピックアップでも外れたんやない?』
まさかまさかエゲレスでしっかりO/Hした極上品だぜ。
a0255081_0494446.jpg

半信半疑でマグネトーをみると、ありゃーピックアップを固定するネジが見事に無くなっておりまする。
O/Hしてもらったとはいえ最後は全て自分でチェックしなくてはいけません。
残っていたもう片方のピックアップのネジもゆるゆるでしたよ!
ま、原因が解ればあとは応急処置が得意なエノンと大きなキャリアケースから必要な材料を供給してくれる変態紳士さんに全てを任せ、紫煙を燻らせ休憩。

後は快調そのもの。
a0255081_1145774.jpg

佐野ラーメン食べて。
a0255081_1181789.jpg

道の駅『ごか』で休憩して。
a0255081_1192175.jpg

おしまい。
が、まさかここで異常なくらいR12に食らい付いてきたおじさんに2週間後に再び会う事になろうとは…。





[PR]
by trophy1959 | 2016-07-10 01:32 | music | Comments(2)
something new
さてずいぶんと話が前後してしまいますが、過去を振り返りつつなんとか現在に追いついていければ良いのかなってことで、こちらが宇宙大戦争に間に合わせるべく物件探しと平行しつつもなんとか完成にこぎ着けた500ccのトロフィーここに降臨。
a0255081_2242614.jpg

ハンドルバーはどうにもこうにも気に入った形の物がどこにもなく、true classic custom shopに加工を依頼し、綿密な打ち合わせとフィティッング後の数度に渡る微調整により最高のポディショニングを得られた秀逸なる逸品となりました!
a0255081_2249442.jpg

でもってこちらは、500トロフィーと合わせて宇宙大戦争にデビューすべくpozidrivにオーダーしたオールハンドメイドによるレザーアイテムの数々。タンクバックは全国のパーセルグリッド愛好家の皆様はもとより、パーセルグリッドが無いオートバイでも取り付け可能だったり、革ひもをあしらえばタウンユースのレザーバックとしても大活躍の逸品!
a0255081_083727.jpg

そして取り付けたるは新品の赤いラベルが嬉し恥ずかしフルリビルドを施したこちらのマグネトー。
本来は60年式に取り付けるはずだったが、今取り付けているマグネトーをはずすのが億劫なのでとりあえず500ccへ。

まあ今さらO/Hのあらましを書いてもおもしろくも何ともないし、何事も起きずスムーズに組み立てに至った記憶しかないはずなのでもういいや。
a0255081_20394317.jpg

ふうむ…われながら完璧。
a0255081_2040449.jpg

の、はずだったのだが…。
ずっと放置していたダイナモの出力が弱くなってしまい、ならばモータリングなどをしてみようと。完成後暫くしてからダイナモを外す為にタイミングカバーをはずしたら!
あらら?
決して外れてはいけないアレがカバー側にくっついてきて外れてしまったよ…とほほ。
仮組の際、何度もケースを暖めたりしてた時にはびくともしなかったのにこのタイミングでまさかの出来事に暫し呆然とするも、もちろん何事もなかったかのようにエイやっと押し込む。あれれ?今度は取れなくなってしまったです。
さてさてこれはこれは大変困った事になってしまいましたが、もはや宇宙大戦争にはどうしても乗っていきたいので後日どうすれば良いか本格的に検討する事に。


そして珍しく晴天に恵まれた当日の昼下がりついにデビューを果たすのです。
バッグもベルトもそしてエンジンも!この日の為にあつらえた新品でありますが、なんせ乗り手は大分くたびれた中古品。
雑事のため出発が遅れ、完成したばかりの500ccに荷物を載せ作原野外活動施設を目指すひとり旅。
a0255081_20554084.jpg

数ある秘蔵の品からチョイスしたルイスレザーもこれまた公道デビューはお初。暑いのを我慢して濃紺に染め抜いた革を身に纏い一路4号線をひた走る。
完成後300キロ程しか走っておらず慣らしを兼ねたキャンプ行であるが、ブルブルとすこぶる快調に距離を稼ぐ。
いつもの集合地点、道の駅『ごか』を右手に見つつ今日は止まらずにひたすら先を目指す。
a0255081_212783.jpg

結局は『みかも』までノンストップで来てしまい、給油と給水と厠をすませ、休憩もそこそこ再び出発。

そんでもって何事も無くひとり旅故のハイペースにて今宵の主戦場に到着。
a0255081_2131226.jpg

650とはまたひと味違う乗り味を存分に堪能した後は、リジッドモデルの名残を随所に感じられる美しいフォルムにしばしウットリ。
a0255081_21331622.jpg

しかしながらずいぶんと上を向いているウインカーが全てを台無しに。


普段の週末であれば、青山や麻布あたりのレストランでワイングラス片手に乾杯が常なのだが今夜ばかりは勝手が違う。
a0255081_21484549.jpg

まあアレです。こちらは寿町経由の玉姫公園風の炊き出しです。
今宵腕を振るう豪腕料理長は変態紳士さん。スマートホンでもつ鍋のレシピをカンニングしつつ悪戦苦闘中。

a0255081_22215244.jpg

所変わってこちらは三角公園直々の炊き出しの模様。
輩臭がプンプン漂うキケンな集団に箸をのばす勇気はありません。

そんな喧噪も夜が更け酔いが深まるにつれ少しずつ少しずつ静かになっていき。
a0255081_22483884.jpg

夜な夜な到着してきた餓鬼どもが残飯を漁る中。
a0255081_22541640.jpg

薪が爆ぜる音が眠気を誘うのである。




nikki yanofsky
16歳にてバンクーバ五輪の開会式で国家を披露したカナダの歌姫の2作目はクインシーとロッドテンパートンによる共同プロディース。冒頭をかざるこの曲はあの名曲のサンプリングがぎっしり詰まった豪華仕様。もちろん前半はハービーのウオーターメロンマン、そして後半はクインシーのソウルボサノバと。
a0255081_2254948.jpg

[PR]
by trophy1959 | 2016-07-06 22:15 | music | Comments(0)
banned from the pubs
あれは4月になるかならないかの頃。
桜のつぼみもようやく膨らみかけた頃合いだったか…。
とにかくようやく春の日射しが訪れた暖かな昼下がり、ある一通の電話が僕に大いなる衝撃を与えたのである。
今や東京の中心となりつつあるスカイツリータウンにてガレージ件住居として借りている我がオアシスが、巨大マンション建築の為に7月後半で満期を迎える契約の更新が出来ないと!要は出て行けとそんな非情な電話があったのである。
そんな訳で身辺急に慌ただしくなり、管理不動産屋の社長、担当社員、巨大マンションのデベロッパー、さらには弁護士、司法書士を交え連日連夜、和解案を巡る戦いが繰り広げられる日々が続いたのである。
折しも500ccトロフィーの内燃機加工が上がってきたばかりで、そっちの方も早く進めて何とか5月の宇宙大戦争に間に合わせたいのに、そんな事でもの凄く時間を取られてしまい心身ともに参った参った。
兎に角こちらの要望は、これと同等の物件あるいはガレージのみでも構わないから見つけて下さい。それが見つかるまではたとえ7月後半の契約更新日を過ぎても出て行けませんよ!と、とにかくオートバイ達の行き先を最優先させることにしたのであるが…元より個人的事情により今まさに引っ越しを考えていた時でもあったので、正直言うとまぁこのタイミングでこの話、これも神の思し召しかということでほぼほぼ相手側の言いなりにて交渉を成立させてしまったのは大失敗。
そもそもは『銭金の問題じゃないんですよ!オートバイ道楽を心ゆくまで満喫出来るこの環境が最高に気に入ってるんですよ!』と開口一番のたうちまわっったのがいけなかった…。最終的には金ですよ金。ああ…大失敗!
そんな訳でこれから『立ち退き反対!』とのぼり旗を家の周りにおっ立て、ヘルメットにゲバ棒引っ提げ徹底抗戦の体制に入りますのでどうか皆様ご協力おねがいします。

僅かな端金にて失ったガレージ件住居を探すべく放浪の日々を無為に過ごし、結局は前出の管理不動産屋さんが用意した数件の倉庫物件からチョイスし、とりあえずガレージだけを移動する事にした。
a0255081_2333094.jpg

4丁目から2丁目へ大いなる大移動。
a0255081_2337716.jpg

閑静な住宅街の一角にあるオールスケルトンな物件であります。何か出てきそうでまともに天井やトイレットルームを見れません…。
a0255081_23403195.jpg

そして暗し。とにかく暗し。それでも最初は不要な配線がグチャグチャに天井に絡まっていたのをキチンと整理してもらい、コンセントを左右2カ所と1つではあるが照明を大家さんのご好意で取り付けて頂いたのであるが…。この後、東京電力と電気代の請求金額を巡り、不毛な戦いを繰り広げる事になるとは思いもよらなかった。
a0255081_2327754.jpg

ありえないような東電側のミスをこの場でグダグダと書いてもよいのだが、それは俺さまの美意識に反するのでもういいや。
a0255081_23321364.jpg

運べる荷物をコツコツと搬入し少しずつ形になっていくガレージ内ではあるが、大工仕事は好きではないし棚など造作などする気もないのでとにかく上手い具合に移設していくことを心がけていたら。
a0255081_23375826.jpg

なんとなんとそれなりにスッポリと納まり具合の良いガレージ然とした雰囲気が漂ってきましたよ。
a0255081_23414371.jpg

移動に伴い断腸の思いで断捨離を敢行した甲斐があり、ずいぶんと棚も気分もすっきり。
NOSも中古も新品も全て捨た。これからは必要なものを必要な時に必要な分だけ買う事にする。
いつか…とか、そのうち…とかってのはもう止めよう。必要なのは予備パーツだけ。
a0255081_23524528.jpg

入り口は大開放式。何時でも誰でもウエルカム状態なのですが、今のところやって来たのは蚊と蛾のみ。高級住宅街なので『G』はいないはずだが、万が一と言う事もあるので近所のdrug storeで対策商品をなんと4000円分も買い込みセッティング完了。
a0255081_001880.jpg

初代トラ小屋を追い出され、安住の地を求め流れ着いたスカイツリータウンも4年弱で追い出され…。悪いのは世間なのか俺様なのか。ここも永住の地とならざることは明白で、あまり物を増やさず粛々と使用していくことにしよう。
不便なのはインターネット環境がないのと、あまりにも周りが静かすぎることか…。

とにかくガレージも住居もほぼ引っ越しが終わりました。すっかり過去を振り返る形式となってしまった当ブログも、本もレコードもCDも大分捨ててしまったので少し形は変われどこれからはモリモリと更新していくはずであります!きっと!

最後に、引っ越しのお手伝い下さいました皆様ありがとうございました!




peter and the test tube babies
a0255081_035948.jpg

[PR]
by trophy1959 | 2016-06-28 00:36 | music | Comments(0)
superfly
happy birthday to me ってことで先月前半に誕生日を迎えてしまいました。
FBやメッセンジャーやメイルなどを通じお祝いのメッセージを多数頂戴いたしまして、御礼が遅くなり大変恐縮ではございますがほんとうにありがとうございました。来年はメッセージではなく高価なプレゼントのほうが良いかと…。

でもってその当日にふらっと実家によると、かわいいかわいい甥っ子から誕生日プレゼントをもらってしまいました。
丁寧にもキレイな折り紙に包んで『おじちゃんへ』とのメモとともに机の上においてあったので、『おおお!』喜び勇んで開封したら…。
a0255081_20191864.jpg

なんですかコレ?へたくそにも程がありますな。メリデンかWか?よく解らないなんだか得体の知れないバイクがいかにも5分で描きあげましたとばかりのラフなタッチのハガキ大。健気にもバイク好きのおじちゃんの為にどうやらインターネットでオートバイの画像を検索して描いたらしいのだが、いらないのでポイッとゴミ箱に投げ捨てると親は烈火の如く怒りだすはガキはギャーギャーな泣きわめくはと散々な目にあったよ。
a0255081_2056657.jpg

はやいとこ額縁を買ってこなくてはいけませんね。


そんな悲惨な誕生日ではありましたが、ここで今までひた隠しにしていた僕のコレクションを披露する事にする。
旧車に携わる方の中にも多く愛好家がおりますのは周知の事実。
僕もご多分に漏れず密かに収集をしており漸く自慢できるブツが集まってきたのでどうぞご覧下さい。


a0255081_18384652.jpg

どうですか!
この古銭、記念硬貨の数々!
ざっと見積もっても数万円〜の価値があるはず!

まずは。
a0255081_18491893.jpg

マニア垂涎、菊穴無し50円玉硬貨!
昭和30年〜33年の4年間のみの製造これはきっと高値が期待されますね。

がっ!!

額面通りの価値しか無いそうで…残念!

そして。
a0255081_18512823.jpg

1つ前の50円玉。
大きさも今の50円玉よりも大きく立派であります。
こちらは昭和34年〜41年。
ふむふむ…なんと昭和35年のみ発行枚数が少ないため程度によるが500円〜2500円程度で取引されているとの事。
全部で50枚程あるので1枚くらいは昭和35年製が!期待は高まります。
果たしてその内訳は…昭和36年が4枚、37年が2枚、38年が8枚、39年が5枚、40年が22枚、41年が11枚と、見事に35年製は無いと…。

気を取り直して。
a0255081_19105237.jpg

通称、稲穂と呼ばれる100円玉硬貨と昭和39年東京オリンピック柄の100円玉。
昭和34年が21枚、35年が4枚、36年が1枚、38年が6枚、39年が31枚、40年が7枚、41年が10枚の計80枚と。
こちらは何と!現行の100円玉と違い、素材に銀が多く使われているとの事。
期待が高まります!

がっ!!

100円は100円也と。ただし素材としての価値は高いそうで、闇ルートに乗せれば1枚300円程になるとのアヤシイ情報が…ってことは80枚で24000円と…指名料込みの90分コースが行けそうでありますね。

その他、エキスポ85の500円玉6枚、アジア杯広島500円玉6枚、内閣制度百年500円玉8枚、関空500円8枚、ご即位記念500円1枚、皇太子殿下ご成婚500円1枚、天皇陛下ご即位60年記念金貨1枚、銀貨5枚などなど…。

実家の古いタンスから出てきたらしい古銭各種を誕生日プレゼントとしてマイマミーからもらいました。金貨銀貨はしっかり抜かれたけど…。

だれかこの金銀財宝と土地家屋とは言わないがそうね…56年式のTR6などと交換してもらえるとご先祖様も大層お喜びになるのだが…。



さてさて下らなすぎる前置きはここまでとして、究極のコスプレグッズとして購入した500ccTR5

a0255081_2024583.jpg

完成したらこんな感じで写真を撮ってやろうと密かに計画中。
誕生日も同じだけあって、僕は昔からジミーマニア。マクレガーアンチフリーズジャケットやリー101、タートの眼鏡、サンセットトレイルズのバックルなど、彼にまつわる洋服やグッズなどただいまヤフオクで絶賛検索中。見つけても入札しないでね。もちろん映画なんて見た事ありま…。

ジミーはジミーでもジミースヌーカーが大好きだった少年時代。
a0255081_20271837.jpg

もちろん必殺技はスーパーフライ。


a0255081_20174598.jpg

そんな訳で、ガタガタのステムベアリングを交換する為にフロントをバラしていく事に。
a0255081_20231152.jpg

このタイプのフォークのスプリングは引っ張っても抜けないのですね。
よく解らないので下からバラしてみたよ。でもどうしたって抜けないので…なるほど…キャップナットをロッドから外せばよいのね。
a0255081_20255672.jpg

この有様になるとガタの具合がほんとうによく解る。カクカクカクカクっな感じでスームースさの欠片もありません。
a0255081_20335345.jpg

レースにもしっかりとボールの跡が残っており、今回はボールのステムでいこうと手持ちにあった新品と交換。

ついでにフロントフォークも。
a0255081_2036475.jpg

スタンチオンもブッシュも9割方大丈夫そうな感じなので、ボトムの底に溜まったヘドロと各部を洗浄して終了!
a0255081_2046677.jpg

ここだけは交換しないと。
a0255081_20465231.jpg

オイルが漏れないように念を封じ込め後はチャキチャキと組み上げるだけ。
a0255081_20492785.jpg

何故か付いてなかったヒトデと変なネジが使われていたイモネジもしっかりと取り付け、お洒落なボルトとお洒落なウインカーに交換したフロント周りもぐぐっと引き締まったようで何より。
a0255081_20512711.jpg

フロントハブのベアリングも新品に交換したおかげでスルッスルの回転でいい感じ。

あとは…8割方加工が終わっているとの情報を得た内燃機加工が上がってくれば…いよいよって感じで盛り上がってきたよ。



curtis mayfield
a0255081_2110473.jpg

[PR]
by trophy1959 | 2016-03-22 21:12 | music | Comments(0)
tonight, i celebrate my love
ガソリンタンクのコックが固くて開閉するのにペンチが必要です。
毎回毎回開け閉めする度にペンチでゴリゴリするなんて面倒で堪りません。
真鍮製のカッコいいレバーですが、結局使っているうちにガソリンは漏れるは固くなるはといいことないので、板っぺらのレバーのタイプに交換しようと思ったらタンクを保持するステーと干渉してしまいタンクを外さないと交換出来ない事に気づく。あっ56年の500ccのお話です。
でついでにクラッッチあたりも見てみようかとちゃきちゃき分解してたら止まらなくなってしまった。マグネトーも無いのでもう降ろしてしまえっとオールアロイエンジンの分解整備に着手してみる事に。
a0255081_20372871.jpg

ヘッドやエキパイの付け根もだいぶ吹けているようなのでちょうどいい機会でもあろう。
a0255081_204930100.jpg

見慣れぬ形のタペットガイドブロックですがこれはどうも前の年式のタイプが付いているようです。
a0255081_20512833.jpg

ふむ…。
a0255081_20534097.jpg

ピストンはスタンダードサイズ。シリンダー内壁はツルピカですが傷はなくあわよくばホーニングのみ、順当にいっても1サイズオーバーでいけそうで、この時点で当たり!を確信する。
すべては精密な計測次第だけど。
a0255081_20574515.jpg

1箇所のみやたらボコボコに打たれてます。ステムとガイドのガタもあるのでヘッドはあけて大正解。
a0255081_2105976.jpg

ずいぶんと汚い。これをキレイに洗浄するのかとおもうとプヒーっとなります。
a0255081_2125618.jpg

すげー頑張ってようやくアロイヘッドの輝きを取り戻したよ。
a0255081_2162595.jpg

で、お次ぎは奥に写ってるシリンダーもキレイにしなくてはなりませぬ…。
気が重すぎ。
a0255081_2182387.jpg

すげー頑張ってようやくアロイシリンダーの輝きを取り戻したよ。

ってな感じで粛々とO/Hを進めていきます。
昨年も同じ時期に650ccをO/Hしてるので、やや手順その他にも慣れ少しずつ成長している自分に乾杯。
が、鬼門のタペットガイドブロック。できればそのままそっとしておきたい部分アロイシリンダーでは。が、タペットが入るツメの部分が大分減ってしまっているので否が応でも交換しなくてはなりません。脱着時にシリンダーが割れる恐れがあるというこの作業。ああ恐ろしや…。
ベース面に負担がかからぬようしっかりとあて木をしバッコーンと叩きだす。
a0255081_211273.jpg

ゆるくも固くもなく良い手応えで抜けていったので良かったよ。後でガイドブロックの外径とシリンダー側の内径を計測したらほぼほぼハメシロがゼロ/ゼロだったのでアルミにアルミと考えたら良いのでしょうたぶん。
a0255081_2130532.jpg

もう2度と使う事がないと思っていたノーマンハイド製の専用お手製エンジン台。この度は補強を施しての再登板となりました。
ビックエンドも良好でほんの少しガタを感じる程度ではあるがここまできたら腰下もばらす!
カムシャフトブッシュもインもアウトも比較的良好ではあるが、僅かにガタとエクゾースト側のカムシャフトがスラスト方向に動きすぎるので直さないといけないな。
a0255081_21423461.jpg

クランクは高年式の一体式が…状態によってどうするか考えればいいか。

この後はベアリングを外して、クランク/ケースの洗浄と…こびり付いた液体ガスケットのビラビラを見る度にやる気が出ません。5万人に1人というビラビラなら頑張れるんだけどね。

洗浄が終われば各部計測とまだまだ先長し。




そんなエンジンいじりなんてつまらない話はここまでで、先日はとってもステキな結婚式、披露宴、2次3次会へと列席させていただきました。
天もこの日を祝福するかのように大きく澄みわたった青空がどこまでも広がるそのもとで、歴史に彩られた由緒ある式場にて厳かに執り行われ、そして続く宴は終始笑いが絶えずと本当に素晴らしい結婚式、披露宴でした。
a0255081_19543251.png

いままで数多くの結婚披露宴に列席していますが、なんかこんなにホクホクとしたあたたかい披露宴はなかったです。もちろん普段身近にいる仲間達が多く列席していた事もあると思いますがが、何だかとにかくほんとうにしみじみとジーンとしました。
奈良さん、さ◯ちゃん末永くお幸せに!!
a0255081_22244258.jpg

そして2次会ではこの男!ドスケベさんのすばらしい活躍によるフィーバータイム。
用意周到の下準備もさることながら当日の見事な采配ぶりに、一家に一台ドスケベ中学生の時代の到来を感じました。たのしいひと時をありがとう!
a0255081_2042054.png





reabo bryson & roberta flack
a0255081_22392210.jpg

CD返してね。
[PR]
by trophy1959 | 2016-01-29 22:43 | music | Comments(0)
  

現実逃避
by とろきち
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
検索
最新の記事
love your money
at 2017-02-24 21:28
むこうぶち
at 2016-12-10 23:15
日曜日よりの使者
at 2016-11-21 23:54
rama lama ding..
at 2016-11-18 23:01
ball and chain
at 2016-08-09 23:11
come on and ride
at 2016-07-27 21:33
fall in love
at 2016-07-10 01:32
something new
at 2016-07-06 22:15
banned from th..
at 2016-06-28 00:36
superfly
at 2016-03-22 21:12
最新のコメント
ラレ子さんへ。 私も次..
by trophy1959 at 22:56
毎年ながらこの場に来ます..
by ラレ子 at 21:53
修理代をwaonで払えば..
by trophy1959 at 21:37
AEONの原因がわかりま..
by とんなつぷ at 12:19
ヒロさんへ。 こちらこ..
by trophy1959 at 20:51
手厚くありがとうございま..
by ヒロ at 15:10
時間ギリギリになってしま..
by trophy1959 at 22:13
お二人さん、来てくれてあ..
by triumph1967tr6 at 23:24
トラ吉さんへ。 毎度毎..
by trophy1959 at 19:23
久しぶりにお会いできてう..
by トラ吉 at 16:56
ブログジャンル
自転車・バイク
画像一覧