カテゴリ:music( 147 )
rollin' dynamite
『第九次総合火力演習』がおわり今シーズン最後のツーリングになるであろう『第41回西伊豆忘年会ツーリング』がやってきました。
週間天気予報とにらめっこすること6日間…願いむなしくいっこうに消えぬ傘マークがうらめしいがこれもそれも含めてせっかくのツーリンは全力で楽しまなくてはなりません。
結局2週続けての雨対策を同じ様に施し、ツーリングに備えて早い時間に寝床に潜り込む。
a0255081_20573199.jpg
朝7時起床。窓をあけると分厚い雲が垂れこんでいるもまだまだ降らなさそうな感じに一安心してコーヒーにクロワッサンにチーズといつもの様に卵はサニーサイドアップで朝食をとり身支度を始める。
朝8時。携帯にメールが。お見送り日帰り行程の澤田氏より。『えー雨が降ってます。気をつけていってきて下さい。』
澤田氏の家とはバイク15分圏内のご近所さん、びっくりして外を見るがこちらはまだ曇天のまま。さすが雨男!澤田氏上空のみ雨が降っているようですが、いつどこで降り出すかわからないのでカッパを着込みバイクを外に出すと…こちらも降ってきました。
結局3年連続の雨となってしまいましたが、集合場所の二国と環八の交差点にむかい飛び出すTR6。昭和通りに出た辺りで急に雨脚が強くなり土砂降りは五反田を超えるまで続き全くもって厳しい船出となりました。が、馬込辺りからはこれまた急に雨脚が弱まり、西の空には明るい兆しが垣間見れる。

1番乗りの私設集合場所。来た方にカメラを向けると空暗し。
a0255081_21124248.jpg
が、これから向かう西の空は。
a0255081_21133397.jpg
何やらまぎれもなく明るい兆しが!
これはなんだかいい感じじゃないのと1人浮かれる僕でありますが、携帯が激しく震えています。ここからすぐのところに新築を構えたユーヤ君。何だかイヤな予感がするが…壊れたのではなく忘れ物を取りに戻るので暫し待てとの事でほっとする。
そうこううしているうちに、ようやく組み上がった70年TR6の慣らしがてら日帰りで参加するヒラツカッチ先輩が登場。
a0255081_21193088.jpg
雨の中ずいぶん無理な事をと思うがようやく完成し乗りたい盛りの年頃。気持ちは十分わかります。結局ヒラツカッチ先輩はこの後箱根から道に迷い御殿場を抜け富士5合目まで行ってしまったようですが、樹海の誘惑にも負けずに無事に帰宅したそうでそろそろ慣らしも終わったころでしょう。

待てど暮らせど現れないユーヤ君…やっぱり壊れたんじゃないの?いやいや確実に壊れたでしょなどとと言いたい放題の我々の予想を裏切り20分の大遅刻もなんその颯爽と登場。罰として写真なし。

3台揃ったところで第1集合場所の横浜新道戸塚PAを目指し出発。もはや雨は止み行く手を阻むものは何もなし。

あっという間に戸塚PAに到着。
a0255081_21334866.jpg
トラの車検が間に合わずまさかのベンベR90Sは熊プーさん。

a0255081_21352703.jpg
常さんの65年TR6に奥はなんと!アイダさんまさかの61年TR6!
a0255081_21371686.jpg
土砂降りのなか春日部よりの村上さんは車で行こうと船見さんを誘ったが…。
a0255081_21385269.jpg
『やっぱしよ西伊豆はトラでねえと、とっつあんにオコラッレっちまうべよ!』

まさかのサプライズお見送りの宮木君親子にも久しぶりに会えほん何となくほんわかした気持ちになり、去年はここで降り始めたので念のためカッパを着たまま箱根峠に向け出発。

藤沢バイパスを抜け原宿の交差点を越え本村で1号線とお別れをして海岸線へと。途中で激しく携帯がポケットの中で振動を繰り返すが…何となく予感がしてバックミラーであのお方の姿を探すが…見当たらない。ようやく引っかかった信号で携帯を確認すると着信履歴はなんと!やはりあのお方。
先頭を引っ張る熊プーさんにちょっと待ったとジェスチャーで伝え、全車路肩へと退避。
結局ここより20分程手前に通過した原宿辺りでアイダトロフィー息絶える。路肩で皆で合掌をしたあと誰があの61年を安く買いたたくかで大いにもめる。結局熊プーさんに軍配があがり安く買えるならばとレスキューに向かうのでした。
ここから先、昼食どころでもあり第2集合場所でもある三島のそば処『砂場』までキャプテンマークを渡され先陣を切るは我が59年TR6。
海沿いから西湘バイパスーPAでおしっこしてからー箱根新道ー箱根峠を越え1号線で三島へと下り無事に引率の大任を終える。

『砂場』の駐車場で待っていたのは。
あらら…再会の喜びですっかり写真を撮るのを忘れてしまった!ので文章でごまかす。

先ずは沼津のいぶし銀、井出さん。声といい格好といいとってもステキなオジサマです。
そして岡山からはきびだんご3兄弟。奇跡の復活をとげた56年T110を引っ提げての参戦です。東谷Bros&ローリングダイナマイト和田さん。
さらには初代ロングディスタンス賞のトロフィーを括り付け神戸からはあのUKマスター氏が初参戦。

以下イメージ画像。
a0255081_21595567.jpg
a0255081_22120988.jpg
再会を喜びひとしきり近況を語り合った後、熊プーさんとアイダさんを待ちがてら蕎麦を食すことに。

我々が食べ終わる頃ようやく到着したのは熊プーさんただ1人。
あれ?アイダさんは?
『値引き交渉決裂したから置いてきた!』

そんな訳で1人減ってしまいましたが、ここらでようやくカッパを収納し予定外に時間を食ってしまったのと夕方より再び降り始めるであろうアメダスの予言により修善寺から土肥にぬけ恋人岬ー黄金岬ー堂が島ー松崎ー雲見へとルートを変更。

道中やや何かが起こったものの大した事なく、快適に快調に突き進む。
松崎を超えた先からやや小雨に降られるも本日最後となるワインディングも思う存分楽しめ、西伊豆は雲見温泉『浜道楽』へと無事に到着。
到着後、荷物を下ろしている最中に本降りへとなるが待つのは最高の温泉と最高の海の幸なのでもう天気などどうにでもなれとばかりに宿へとなだれ込む。

ロビーで少しのんびりと落ち着いた後、同部屋のユーヤ君和田さんとスモーキンブギトリオを結成し、のんびりと温泉に浸るのです。

暖まったあとは豪華絢爛新鮮な海の幸をたらふく頂き。
a0255081_22345161.jpg
皆がやれビールだやれ熱燗だなどと飲んだくれている間に、勢い余って頼んだ瓶コーラを結局は4本全て飲み干してしまいました。

a0255081_22375668.jpg
そして締めは東谷Bros弟の絶妙なアレンジによる雑炊に大満足の夕食となりました。ほんとにあの雑炊はよかった。また来年も是非よろしくお願いしたいのです。

そしてそして夜が更ければ更ける程エンジンが全開になっていくのはもちろんアイダさん。相変わらずの絶口調!とどまる事を知りません。
ますます加速していくアイダさんを何とかなだめすかし、さりげなく1人減り2人減っていった宴会場を後にして部屋へとむかうのですが…和田さんはすでにグロッキー。何とか叩き起こし部屋へと連れて行くが、布団に倒れるやいなやイビキをかき始める和田さん。
昨晩飲み過ぎてお寝むのユーヤ君と一服していると、部屋を追い出された東谷Bros兄がやってきました。
しかしこの東谷Brosを筆頭に和田さんも含めほんとうにアクティブな人たちです。オートバイはもとよりキャンプやアウトドアーは当然お手の物。そして最近はカヌーを楽しんでいるらしく、四国の四万十や北海道の釧路などを仲間や家族や愛犬とともに満喫しているそうです。
そんな楽しそうな光景を動画で解説してくれる兄君。
そしてその傍らでゴロンゴロンと寝返りをうちまくる和田さん…。
いつのまにかユーヤ君もイビキをかいて夢の世界へ。
前夜祭と称し昨夜は2時まで静岡の街を堪能したはずの兄君は元気いっぱいでカヌーの解説を。
そしてその傍らでゴロンゴロンと寝返りをうちまくる和田さん…。
僕ももっともっといろんな事に挑戦したくなってきました!よしやるぞ!となにをするのかよく解らないが、沢山の良い刺激を受け気持ちがなにやら熱くなってきました。
心地よい旅の疲れと、燃え上がる気持ちが程よくミックスして今夜は良い夢が見れそうな予感。
すでに夢の世界に旅立った2人に挟まれ、危険な香りを放つ和田さんからはやや離れユウヤ君に近いところに枕をセットして僕も就寝。

ドン!という衝撃を体に受け何事か!と飛び起きたのは夜中の3時頃。

何が何だかよく解らなかったがようやく状況を理解すると、どうやら敷き布団と畳の30センチ程の境目を乗り越え和田さんがコロがってきて僕に体当たりを仕掛けてきたのです。危険な男です。そしてそのまま僕の寝床を占拠してしまいました。しかたがないので和田さんが寝ていた寝床をちょっと壁際に寄せ隙間を50センチ程に広げ掛け布団で壁を作りそこに寝る事に…。

朝起きると。
a0255081_23253124.jpg
見事に晴れわたった空の向こうに富士の姿が。

そしてなんでオレここで寝てんだ??と首を傾げる和田さんに爽やかにおはようと挨拶をするのです。



batmobile

a0255081_23310077.jpg


[PR]
by trophy1959 | 2014-11-17 23:31 | music | Comments(2)
i will survive

時が過ぎるのは早いもので、もう11月も半ばとなってしまいました。
牛歩のごとく地道に進めてる60年のオーバーホールプロジェクトですが、当初の意気込みは何処へ…なかなかテンションの維持は難しいもんです。
が、ようやくクランク、コンロッド、シリンダー等々をR-TECH ENGINEERINGのK原代表の元にエノンと一緒に持ち込み、まずは一安心となりました。
スーパーカーのエンジンや30年代のアメ車の巨大な鉄エンジンやらも加工中と非常に多忙を極めるK原代表でありますが、ニコニコと僕の依頼に対応して下さり有り難いかぎりであります。素晴らしい技術を持つ内燃機屋さんと知り合う事が出来たのもトリニティーにおける貴重な財産の一つですね。

内燃機加工へと旅立った部品がなくなると手狭なガレージもややスッキリとしパーツのそろったフロントを組み込んでしまいましょうと重い腰を上げる。
a0255081_19212145.jpg
仮組をし各ブッシュの具合を確認してみたりしていたら、どうも1番下のブッシュが気持ち長くナットを締め込んだ時に当たってしまうので。
a0255081_19252437.jpg
墓場からエノンが持ってきた墓石を定盤代わりにシコシコと擦り、フォークシールの入れ換えにずいぶんと難儀しつつフロントフォーク完成。
a0255081_19292791.jpg
予め新品のチューブに合う様にホーニングした三つ又を適度な手応えでフォークを引っ張り上げ車体に仮組み。
a0255081_19325301.jpg
偉そうに仮組みなどと書くのだが、付けたり外したり同じ事を何度もするのは嫌いな質なので基本的に仮組みイコール本組みは悲しい江戸っ子の性であります。
なのでチャキチャキと進めます。
a0255081_19374129.jpg
オイルを注入した後、転がっていたハンドルを取り付け、転がっていたレーバーも取り付け、ブレーキワイヤーも取り付けフォークの動きをチェックチェック。
a0255081_19385375.jpg
我ながらグッジョブ!たぶん…。

ちょいと硬いような気がするが渋い訳ではないのでとりあえず良しとしてみる事に。何でも楽観的に考えるのも下町っ子ならではということで。

寿命を迎えたエイボンともお別れをしようとおもったら、14年間付き合ってきたタイヤレバーの片方を高速道路にて後方発射してしまったのをすっかり忘れていてあわててアマゾンで翌日入荷を検索。

そして翌日。
a0255081_19520859.jpg
いつもの様にダンロップF14に履き替え、ベアリングも外してみたらゴロゴロしていたので新品に交換して完璧なフロント回りになったと思われる。

あとはリアを済ませれば車体はおおよそやる事はなくなるはずと、ようやく一息つけそうな段階までたどりつきました。
気になるのは週末の天気。
どうやら僕が出かけるときは何故だかここんところ雨の日が多いような気がする。
それでも昨年は夜出発組の仲間が2人いてそれはそれは心強かったものの、今年はその2人は先発組に転向。

雑事を早めに切り上げ、前日にいつものように雨対策を施した車体に。
a0255081_20073005.jpg

念には念を入れ。
a0255081_20084373.jpg
各部に補助ライトとして自転車のライトを取り付けてみる。
a0255081_20100448.jpg
こんな感じで光らせてみるのだが…。
a0255081_20113150.jpg
よく解らないのが現実。しかしながら雨の中の高速ひとり旅。高速を降りれば街灯も無い山道を行かねばならぬ。しかも6Vのバッテリーは4年半も酷使したポンコツに加え、まだまだ完全に信頼したとは言えぬ電子式レギュレター…生き残る為になりふり構ってられません。

先発組に現地の天候等の情報を確認するも、どのみちこちらもすでに本降りであります。しかしながら胸のポケットに忍ばせた妖怪メダルを楽しみに待つ子供達の笑顔の為に、僕は土砂降りの中『第九次総合火力演習』へと旅立つのです。

首都高ー東北道ー北関東自動車道と風雨に翻弄されつつ各SAに脇目も振らずに絶大なる信頼をおける我がTR6とともに駆け抜け、佐野田沼ICで一般道へと。
スーパーベルクに立ち寄り必要な物を買い出しするのが恒例だが、土砂降りのなか立ち寄る事すら面倒だったのでこのままノンストップで作原野外活動施設までいく事に。
漆黒の闇とはまさにこの事。幸いにして三好という信号を左折して山道へと入る際に先行する車がいたので、道先案内人とばかりにピッタリとケツに張り付く。しばらくは煌煌と道を照らす車のヘッドライトの恩恵を受けるのだが、あまりにもぴったり張り付いていたのを煽っていると勘違いしたのか道を譲ってくれる善人ドライバーに挨拶をして、闇夜にほっぽりだされた鳥目のおじさん。時折やってくる対向車の眩いヘッドライトに暫し目がくらみ、降りしきる雨でシールドを擦れば油でぼやけてますます見えないという悪循環もなんのその絶好調TR6にささえられ、気持ちが折れそうな時は胸のポケットに忍ばせた妖怪メダルをそっと握りしめ子供達の笑顔を思い浮かべる。
何度かコースアウトしそうになるがそこは熟練のテクニックでカバーし、命からがら作原野外活動施設に着くのだが…。
a0255081_20563378.jpg
暖かく迎えてくれるはずの皆の反応がやけに冷たいのは…どうも食器類が決定的に足らなかったらしく、スーパーベルクに立ち寄りそこから必要な物の確認連絡をするはずの僕に紙皿などを買ってきてもらう予定だったらしい。
よって今日は晩飯抜き!
それでも妖怪メダルを餌にグさんと、トンナップさんから食料をわけてもらい餓えをしのぐ。

夜半には雨もやみ心なしか例年よりも暖かい夜ですが、なぜか筋肉の話で盛り上がるマッスルナイト。ジェリーロールさんの上腕二頭筋の盛り上がりで最高潮を迎え今宵も終演。

翌朝…。

a0255081_21131166.jpg
見事に快晴も、前日の雨がたたりうんともすんともいわないジェリーロールさんのノートン。キックしすぎて足が疲れたので鍛えた上腕二頭筋でキックアームを回したらかかりましたあっけなく。

昨夜は遅く到着、しかも雨だったのであまり見る事が出来ませんでしたが。
a0255081_21191142.jpg
相変わらずこの集いにはものすごい車両が。
a0255081_21202188.jpg
たくさん集結するのはやはり幕僚長の人柄あってこそ。
a0255081_21211050.jpg
昨晩も僕が到着するやいな、雨の中駆け寄り固い握手で出迎えてくださり、これで道中の苦労もいっぺんに吹き飛びました!

a0255081_21301099.jpg
朝日に照らされ。
a0255081_21320050.jpg
これまた良い雰囲気の写真が撮れました。

最後はいつもの様に校庭に集結し。
a0255081_21364180.jpg
締めの挨拶を幕僚長から頂戴し、各自旅立っていきます。
僕はジェリーロールさんキム兄と英国車3台で幕僚長率いる編隊に組み入れてもらい作原野外活動施設を後にする。
50号線ー新4号バイパスを順調に行き、バイパスを逸れたところにあるラーメン屋さんで遅い昼食を取り。
a0255081_21500197.jpg
幕僚長と固い握手を交わし互いの無事の帰宅を祈り、復活のキム兄のトラと2台で家路へとつくのでありました。






gloria gaynor
a0255081_21550102.jpg

[PR]
by trophy1959 | 2014-11-11 22:05 | music | Comments(0)
shine on
すっかりやせてしまったスタンチオンチューブ。以前フォークのオイルシールを交換しましたが、交換当初はよかったもののしばらく距離を走ったら結局だだ漏れとなってしまい…やはり経年変化で荒れた表面と目視出来る程減っている煽動部がいかんのですね。
a0255081_21293627.jpg
どうにか再利用の方向で検討してみるのだが、メッキして研磨…けっこうお金がかかります。そんな訳でエイやっと新品を購入を決意しバラしたフロントフォークを並べてみると…。
a0255081_21332310.jpg
むむむ…何か足りない気が…パーツリストを確認すると。
a0255081_21343469.jpg
34番のガイドチューブと33番のワッシャーが足りませんな。乗っていた時のフォークの違和感の原因はここにあるかもしれません。沈み込みが足りず硬いという感覚が強く、スプリングのせいかと思い変えてみた事もありますがあまり変わらなかった。熊本のスペシャリストのアドバイスを受け、頭の中でフォークの動きを想像するとどうもガイドチューブが足らないおかげで、フォークが沈み込む際にスプリンに均一に圧力がかからず大げさにいうと沈み込んだ際にガイドが足らない部分は『く』の字にスプリングが曲がってしまうような状態であっただろうたぶん。33番のワッシャーもスプリングの受けになるけっこう重要な部品だそうな。
そんなこんなで探すと結構ないというガイドチューブですがその他もろもろ含め、あっという間に手配して下さる恐るべし熊本のスペシャリスト様。ほんとうにいつもいつもありがとうございます!阿蘇の方角に足を向けて寝れません。
a0255081_21555186.jpg
頂戴したアドバイスを元に小加工、さらには成分的に難のあるとご指摘を受けたダンピングスリーブを製作をしなくてはまだまだ組み付ける事は出来ません。
うちには便利な工作機械は一切無いので、レストアスクールや修理依頼の邪魔にならないタイミングを見計り。
a0255081_22030939.jpg
夜な夜な旅立つ先は。
a0255081_22041081.jpg
当然VMSでございます。
実は奥久慈ツーリング以来の久しぶりにトラに乗ったのですがどうにもこうにもライトが暗すぎるのです。しかしここはネオン輝く花の都大東京。多少ライトが暗くても関係ありません。そう思ってVMSにむかうのですが…荒川をこえると暗いのですね…。

まあそんな事はさておき少々の加工と製作をしなくてはいけませんので張り切ってVMSの門戸を叩きます。

先ずは三つ又の修正。新品のスタンチオンチューブの方が若干太いので軽くホーニング。現物合わせで慎重に行います。
a0255081_22134391.jpg
そしてお次ぎは、ダンピングスリーブを製作するのですが内径/外径ともにさらってやらないとけません。これまた使用するスタンチオンチューブとボトムケースを測定の上、現物と合わせつつ微調整しながら完成。
a0255081_22172709.jpg
結局すべてを奈良さんにやってもらってしまいました…お忙しい中すみません。ありがとうございました!
つるんつるんのダンパースリーブその他諸々を積み込み、なぜかVMSに入り浸っているエノンとスカイツリーを目指して帰るのだが…もれなく灯火系完全死亡。かろうじてブレーキランプのみ行灯のようなアヤシイ灯りををともすのみとなってしまいました。やさしいエノンが自宅を通り越し我が家まで先導してくれたのだがわざとらしい遠回りにもめげずに無事帰宅。

エンジン関係もすすめなくてはいけませんね。
a0255081_22314543.jpg
2度と使う事は無いとおもうエンジン台をこしらえて、カムシャフトブッシュや真ん中のギアのガタを確認してみることに。
a0255081_22352391.jpg
ギアのはめ合いは申し分なし。カムシャフトブッシュはややガタあり。自分がこれより良いカムシャフトブッシュになるようにに加工する自信はあまり無いがせっかくここまで割ってしまったので交換しましょう。
a0255081_22385565.jpg
タイミングケース側のブッシュはケースを暖めた後トンカチで叩くと抜けますが、こちらはドン突きになっているので指でほじくりだします。

そしてクランクは…。
a0255081_22422534.jpg
スラッジチューブ御開帳。やはりそれなりにスラッジは溜まっております。これはエンジンを降ろしたかいがあります。
a0255081_22454062.jpg
ほじくりでしていくとけっこうあるものです。ここの清掃には力が入ります。

お次ぎはビッグエンドジャーナルの計測であります。
a0255081_22475815.jpg
慣れぬマイクロを駆使し左右それぞれ3点計測し41.22~41.23mmとなかなか優秀。コンロッド側の状態にもよりますがSTDメタルでいけそうで安心安心。

そして万が一はあってならぬので十分に養生してからスラッジチューブを引っこ抜きます。
a0255081_22570944.jpg
自作したスラッジチューブ抜き取り君に対応するろくなメトリックの工具が無いのに気づくが、たいした力も要らないのでずっぽりと抜いてやります。
a0255081_23042640.jpg
キレイに抜けましたが、抜く方法すらすっかりわすれていて指につばをつけて引っ張りだそうとしたのは内緒です。これまたすべて熊本のスペシャリスト様のアドバイスのおかげであります。
いまいちど内部と経路を洗浄すればクランクシャフトも内燃機屋さんにもっていくことができます。


しかしながら完調だと思われていたもう1台のトラですがここへきてよもやの無灯火。こっちが完調であればこそ安心して60年のO/Hに着手したのだが、このままでは乗る物が無くなってしまいます。いろんなイベントが各週末に入り慌ただしいハイシーズンを棒に振ってしまうのは何とかさけたいところ。
アッチもこっちも手をつけるのはあまり好きではないのだが背に腹は代えられません。

テスターを片手に。
a0255081_23202619.jpg
わさわさ原因を探っていくと、コンセントみたいにヘッドライトシェルの下で接続しているメインハーネスの接触がどうもあやしい。指で配線を1本つまんだら穴からするっと抜けてしまったのはアンメーターの+に伸びてる配線。ヘッドライトのアースもシェルについているフックみたいなところで取っているのだが、そのフックを止めているリベットもずいぶんとガタガタである。このあたりがまずはアヤシイと踏み小手先の修理を試みる。結果とりあえず灯火系復活。が、このあたりの接触不良が災いを招いたのかどうか、カットアウトリレーもどうやらご臨終。ポイントを磨いたり調整したりしてみるが、たまにぴくっと反応をみせてくれるがもはや死に体。そんな訳で現代テクノロジーの粋を集めた最新式の電子制御器機を投入する事に。
a0255081_23372713.jpg
以前廃棄処分にしたリプロ品のコントロールボックスの中身をほじくり出し仕込む事に。
a0255081_23401644.jpg
くらげのようなアヤシイ部品になってしまったが、オスとメスのギボシをカシメいざ搭載。
a0255081_23425771.jpg
すこぶる快調!ワッセル最高!

a0255081_23470547.jpg
その後ブラリブラリと50キロ程走ってみるが煌煌と地面を照らす6Vにすっかりと満足をし、もっと早くコンバートしておけば良かったと思うのであります。






george duke
a0255081_23552812.jpg
惜しくも昨年8月に亡くなられたジョージデュークのヒットアルバムより。このライブはやばいすごい楽しそうです。








[PR]
by trophy1959 | 2014-10-28 00:02 | music | Comments(0)
スイングしなけりゃ意味ないね
作業開始より早10日過ぎましたが、ぼちぼちとやっております。ぼちぼちと。

a0255081_19112516.jpg
ひたすら清掃を…。クラックも無くネジ穴も良好なプライマリーケースを頑張って磨いてみたり。
a0255081_19131472.jpg
もっともっと輝く予定でしたが、こういう作業はいつも途中で飽きてしまいます。
a0255081_19145232.jpg
もっともっと輝く予定でしたが、こちらも途中で飽きてしまいました。

a0255081_19161642.jpg
ケースもピカピカに。

a0255081_19181360.jpg
なった気がします。
a0255081_19201453.jpg
ケースのネジ穴も全て良好といまのところ順調に進んでおりますが、クランクベアリングはもれなく交換リスト第1号となりました。

シリンダーもキレイキレイな内壁ですが。
a0255081_19262232.jpg
最低でも要ホーニング。圧縮比を変えるつもりなのでそうすると掘らないといけないのでしょうか?よくわかりません。
a0255081_19303058.jpg
組む時にモリブデングリスをボルトに塗布したので念入りにネジ穴を清掃中。



こちらの清掃にはそうとう時間がかかりました。
a0255081_19340186.jpg
のべ5時間程でようやく納得いくまでカーボンを取り除くのに成功するが。
a0255081_19401797.jpg
キレイになると見えなくても良いものがはっきりと見えてしまうのですが、こちらは飽く事無く集中して作業できました。おかげさまで両手の指がリムーバーに侵されてしまいヒリヒリした痛みが2、3日消えずにずいぶんと難儀しました。

a0255081_19540956.jpg
コンロッドも出来るだけ傷を消したりしてみたりしてツルピカになりました。

残難ながら親の劣化が激しく親子ドンブリは夢と消えましたが、ようような事件に巻き込まれつつも空いた時間を有効に使い作業を地道に進める日々であります。

夜な夜な。
a0255081_20001542.jpg
こちらもつい最近までエンジン、ミッションのOHをしていたヒラツカッチ先輩が不足する工具を貸しにきてくれたり。


『Gジャンないの?あったらくれ!』
a0255081_22372021.jpg
と、なけなしのウエスターナを取りにきたジェリーロールさんや。



なんやかんやと仕事帰りに毎晩たち寄ってくれるエノンには。
a0255081_22444923.jpg
毎回毎回ミルクティーを振る舞うのです。

a0255081_22471181.jpg
そんな友人達に励まされ、アドバイスをもらいつつ今日もまた頑張ってみました。

a0255081_22541210.jpg
リア回りをすべてはぎ取りスイングアームのガタを確認したいのでありますが、タイヤを外しQDドラムを外すまでは順調でした。やっぱり難儀なのはチェーンガードとそれにマウントされているトルクロッドにもがき苦しみこびり付いているチェーンオイルに手がドロドロになってしまい気持ち悪いです。
a0255081_23030041.jpg
スピンドルの中にぎっちりと詰めこんでいたグリースを可能な限り取り除き、裸になった状態でスイングアームのガタを確認します。この部分はフレーム単体にしてプレス機でスピンドルを押し出さないとスイングアームを取り外す事が出来ず、よってブッシュの交換も出来ません。たぶん。以前に59年のスイングアームは実際にそうやって修理しました。なのでなんとかガタが無い事を祈りつつリアサスペンションのボルトを抜き確認をします。

結果は…。

超微妙にガタがあります。特にドライブサイド。やはり力がかかる方にややガタが見受けられます。

どうしましょうかこれは。

もっともっとガタが大ならすっかり諦めもついて修理しましょうって事になるのですが…微妙なガタだけに悩ましいところ。

そんな時はあの男に連絡を!

仕事帰りのエノンをミルクティーを餌に見事一本釣りに成功。
a0255081_23161199.jpg
厳しいプロの目線でチェックしてもらうと…。

『微妙でんなー。グリース入れて付くもん全部付けて実際走ったら全く影響ないレベルであることは確かでんな。』

そんな訳でここはちょっと検討することにしてミルクティーで乾杯です。


勢い余ってフロント回りもすべてバラしてしまいキケンな状態の車体を横目に。
a0255081_23242138.jpg
いよいよ来週からはエンジン回りの要交換パーツを見極める行程に入りたいと思う秋の夜長。
a0255081_23275655.jpg
まだまだ先は長いのであります。







earnestine anderson  『it don't mean a thing if it ain't got that awing』
a0255081_23303195.jpg
free soul のコンピレイション クラシック オブ アーネスティン アンダーソンより。
『my romance』や『take a A train』などのスタンダードナンバーはもちろんスティービーワンダーやサイモンガーファンクル、ビルウエイざーのカバーまで良いとこ取り盛りだくさんな聞き応えのある1枚です。

[PR]
by trophy1959 | 2014-10-12 23:41 | music | Comments(4)
雨また雨
よく晴れた休日。
a0255081_19324051.jpg
久しぶりに奥久慈路へと思い立ったものの、いつもよりも大分遅めの出発となりました。
そもそも昨晩『鍋パーティやるからおいでよ!』と急に誘われ、せっかくなので分刻みに組まれている多忙なスケジュールを全てキャンセルしてのこのこと出かけたのですが…。大いに盛り上がりすぎて帰宅したのが午前2時すぎと。感覚的にまだ0時くらいだと思っていたのに時計を見てビックリ。現時刻を知ったとたん眠気が襲いシャワーもそこそこに布団に潜り込んだのですが、8時起床9時出発の予定も結局10時30分の出発となってしまいました。

そんな鍋パーティーで豪腕を奮うのは。
a0255081_19465818.jpg
ステキなシステムキッチンを組み上げ料理の研究に余念のないスーパー食いしん坊ドスケベさん。
a0255081_19444623.jpg
相変わらずの奉行ぶりも堂々としたもんであります。
ドスケベ邸に到着したとたんの『明日何やってんの?』との問いかけに、別段何も考えていなかったのですがちょっと走りにいこうかなって思ってると答えたら、『じゃあ俺も行く!』ってことで奥久慈行きが決まったのです。何でも10月は忙しいらしく、今のうちにツーリングに行きたいとライダードスケベさん。

鍋パーティーが終わりじゃあ明日って別れたが、さてさて彼は起きれるのでしょうか?

翌日8時に起床は僕も諦め9時に寝床から這い出る。で、ドスケベ氏に電話するが10コール鳴らしても出ないので今日はひとり旅だな…と諦めシャワーを浴びシッカリと脳と体を覚醒させると、なんとドスケベ氏から着信あり。
『いやー目覚ましも電話もぜんぜん気づかなかったよ。スゲーおしっこしたくてさ、それで目が覚めたよ。寝る前に麦茶がぶ飲みしたのがヨカッタヨ!』

ってことで11時半に常磐道は守屋SAに待ち合わせとなり、秋晴れに恵まれた絶好の日和に奥久慈へと旅立ったのです。

a0255081_20054585.jpg
夏を思い起こさせる鋭い日差しの中、渋滞に巻き込まれたらしいドスケベ氏を待つ事20分の守屋SAも3連休中日とあって非常に混雑しておりました。
ようやく到着のドスケベさん、今日はやけに軽装備。カッパは?の問いにも『ダイジョーブ!今日は0パーセント!』

ガソリンを入れ、高萩ICを目指して出発です。
適度なペースで流しながら走っていると、ふとトリップメーターが…守谷SAをでてまだ80キロも走っていないはずなのに100キロくらい走った距離数に。むむむ…その後、案内標識の距離を目安にオドとトリップをよく確認しながら走って見るのだが正確に距離を刻んでいます。何だかよく解らないが何かの拍子にワープしたようで。そんなこんなで飛ばしたり流したりしながら走っていたら、おかしくなったのはこちらでした。

a0255081_20201725.jpg
トリップメーターに気を取られていましたが、そのとなりのレブカウンターがレッドゾーンを超えまさかの自己新記録1万回転を記録したまま死亡。
とりあえずケーブルを外してキックを踏むとケーブルの動きは問題なさそうなので、やはりレブ死亡の可能性高しか?
a0255081_20253806.jpg
雲一つない紺碧の青空が広がる茨城県は東海PA。腰上O/Hを施したXSもスーパー絶好調。

軽く休憩を挟み、ここから先は貸し切り状態の常磐道を高萩ICまで駆け抜ける。トンネル内はひんやりとした空気に包まれるが道中はかなり暑さを感じる昼下がり。
高萩ICで降り花貫渓谷を目指すがうる覚えの奥久慈路にしばし路に迷う。
a0255081_20344999.jpg
スマホ片手に地図とにらめっこのドスケベさん。
a0255081_20354448.jpg
それにしても気持ちがいいのであります。

何とか正規ルートを見いだし、461号線で花貫渓谷へと出るのだが…XS650はガソリン残量に不安があり、観光地だし何かあるんじゃないの?と気楽に考えていたのだが行けども行けどもGSはありませんな。僕もトリップを見ながら走行距離を確認しつつ、バックミラーでドスケベさんの姿を確認しつつ気が気で仕方ありませんが、行けども行けどもGSはありません。349号線との交差したところで、ピーッとクラックションが鳴らされ後ろを振り返ると、半べそのドスケベさんが『ホントそろそろ限界!真面目にスタンド探そうヨ!』ってことで便利なスマホを駆使して検索し、残念な事に意外に近くにGSを発見。意気揚々とその発見したGSに向かうと…廃業?すっかり荒れ果てた廃墟と化していました。たまたま通りかかった軽トラのおっちゃんに『この辺にGSありませんか?』と尋ねると『このちょっと先にあるっぺよ!』ってことでハイオク満タンのドスケベXS650。
a0255081_20502119.jpg
給油の最中に美しい風景にとけ込むトラをパシャリ。
a0255081_20521536.jpg
給油を終え、すっかり安心したドスケベさんも記念撮影。

観光地だけにやや交通量が多いものの奥久慈の路を思う存分走りきり、本日の最終目的地へと到着。
a0255081_20553645.jpg
だいぶ遅くなってしまったが昼食をここでとり、梅干しも食す。鮎の塩焼きが完売により涙を飲むがゆっくりと一息つけたので、せっかくなので日本三名瀑のひとつ袋田の滝を見る事に。
えっちらおっちら歩いていくと。
a0255081_21011779.jpg
木々の合間から滝の姿が現れ、思いのほか揺れる吊り橋をわっさわっさと揺らしながら。
a0255081_21030610.jpg
鵜簿付近にて。
a0255081_21035684.jpg
全身にマイナスイオンを浴びるのでした。

ではそろそろ出発しますかって事で来た道をえっちらおっちら歩いていると…ポツリポツリと雨が…。
オートバイを止めたところまで約10分の道のりの間にも次第に雨脚は強くなり、山の天気は変わりやすいものですねといそいそとカッパを着込もうとするのだが…『ダイジョーブ!カッパなんか着ないの!』とカッパを持ってきていないドスケベさんが必死に遠くの空を指差し『ほら!ムコウノソラハハレテルヨ!』必死にすがるので泣く泣くカッパを着る事無く118号線に出る。確かに行く先の右手側には青空が広がっております。この雲を抜ければ晴れているのだ!と自分に言い聞かせアクセルを捻るのだが行けども行けども…というより118号線の上空にはこの先ずっと黒くたれ込めた雲が伸びているのを見晴らしの良いところで確認してしまい絶望的な気分になってしまいましたが時既に遅く既に全身ずぶぬれ。ズボンのポケットに入っている携帯が浸水しないか心配です。常陸太田に入ったところでようやく雨雲から抜け出す事が出来、往路の暑さとは打って変わって寒さに震えながらの帰路となりました。その後、県道61号線に入り本日最後のワインディングを楽しみ、50号線手前のCVSでの休憩は春の福島ツーリングの帰路と同じ。
a0255081_21211762.jpg
天気も回復し、上空には青空が戻る。
a0255081_21223686.jpg
着ている物も半乾きまで回復も、ブーツに塗りまくったマスタングペーストの威力か靴下が全く浸水しなかったので意外と快適だった。

のんびりと休憩をし50号で4号に出て帰るかどうするかなんてフランクフルトを齧りながら話していたら…
a0255081_21272269.jpg
再びあやしい雲が伸びてきて。
a0255081_21281613.jpg
案の定ポツリポツリと降ってきたのです。
そして再び『ダイジョーブ!カッパなんか着ないの!』とカッパを持ってきていないドスケベさんが必死に遠くの空を指差し『ほら!ムコウノソラハハレテルヨ!』同じやり取りを繰り返し、最短最速と思われるルートを選択したつもりだが50号線からすぐに355線に入り友部ICから北関東に入り友部JCTで常磐道に入るまでは結局相当降られ、またまた濡れ鼠とは2週連続の茨城路となりました!常磐道にはいると雨も止みそこからはずっと降られる事無く守谷SAに着く頃には完全に服も乾いてしまいましたが、どんなに晴れている時でもカッパは必ず持参する事!土浦北から守谷SAまで渋滞25キロと気の遠くなるような帰路となりましたが、何とも充実した奥久慈路となりました。思い返しつつ地図を眺めるのだが、もっともっと良いルートがたくさんありそうな奥久慈、これはまたちょっといろいろと走り込んでみたい所ですね。


そんなこんなで翌日。
a0255081_21444760.jpg
記念すべき1万回転到達のレブカウンターをバラしてみる事に。

a0255081_21454311.jpg
バラしてみるも内部の動作を細かく確認するも正常に動いていますたぶん。
a0255081_21471666.jpg
なんてことはない針が外れて浮いただけだった…。しっかりと組み付けエンジンを掛けると問題なくOK!よかったよかった。



正山陽子
a0255081_22144644.jpg
タワーレーコードで何気なく手にした1枚でしたが一発で声に痺れぜひともライブにいってみたいです。

[PR]
by trophy1959 | 2014-09-22 22:18 | music | Comments(0)
let's bop
あっという間に夏も終わり、9月に入る前にはだいぶ秋めいた気候にとなってしまいました。
苦手な夏ですが、今年はあまりにもあっけなく終わってしまい何だか名残惜しい初秋の夜。
面倒くさい事に、継続車検を…という依頼が舞い込んできました。
そもそも売りつける際に、決め台詞として『乗り続ける限りずっと世話してあげるから!』と訳の解らない事を口走ったが最後、いまさらそんな事は言ってないとは言えずに己の不覚を嘆くのであります。
a0255081_18535868.jpg
久しぶりに見ますがずいぶんとボロッちくなりました。
a0255081_18552685.jpg
フォークゲイターは無惨にも破れ。
a0255081_18562085.jpg
粉々に粉砕したテイルレンズはビニールテープで涙ぐましい修理がされています。
この他にもアンメータの針が折れていたりキックラバーも悲しいビニールテープ等等と…。
仕方がないので手持ちを漁ると。
a0255081_19000562.jpg
フォークゲイター以外は何とか出てきたのでとりあえず車検の前に交換。
しかし、アンメーターの溝があわずに首が傾げた感じになってしまうので、フォークゲイターともども、トラヴィスサイクルズさんにいつものようにお願いすると。
a0255081_19042147.jpg
あっという間に到着のすばらしいレスポンスに感謝感激のアドバイス付きに涙が止まりません。
早速交換です。
a0255081_19101198.jpg
グリースをベタベタベタべた塗ったくってヌルヌル滑らせて。
a0255081_19120491.jpg
びしっと男前の。
a0255081_19125354.jpg
面構えとなりました。
その後ちょっと乗ってから車検に出すつもりだったのだが、雨天により出来ずにまあここまでオーナーが乗ってきたのだし大丈夫だろうと思い、自ら陸運局に出向くのも面倒なので最近すこぶる羽振りの良い車検屋EMWに丸投げ。すると…キャブの同調は取れていないはライトは暗いはなどなどとずいぶんとえらい難儀したようで迷惑をかけた様である。仕方がないので同調をしっかり取り直したりロッカーアームのギャップを見たり、オイルをみんな変えてみたり、歪んでいたFブレーキレバーを無理矢理矯正したりしていたら手が汚れてしまいこれではせっかくのサタデーナイトが台無しになってしまうと思い適当に切り上げる。それでも30キロ程乗ってみたら、良い感じなので二重丸。その後オーナーに手渡すと、アクセルの反応がすごく良くなりました!ブレーキも握りやすくなりました!そんなに嬉しがられるとついつい、何かあったらまた持ってきなさい!とよけいな事を言ってしまうのです…。



そんなこんなでサタデーナイトはフィーバーしようと『sima presents ROCKET NITE』に繰り出す事に。
なかなかこういったイベントに行く事も無くなってしまったので久しぶりにいいなーっと思い、仲間を呼びかけてみると…。

DJ RODIO氏 のプレイに魅させられたトンナップさん。

Q.ROCKET NITEって何ですか?

A.その昔セキサンと僕で始めたパーティーイベントです。

Q.どんな曲がかかるんですか?
A.主にROCK。今回はROCKET NITEが存在していた1995年以前の音源をかけます。

Q.どんな人が来るんですか?
A.社会的にちょっと不都合な人たちです。でもみんなそれぞれいい人です。

Q.どんな服を着ていけばいいのですか?
A.男子は革ジャンに革パン、鋲やワッペンが付いていて背中にペイントしてあれば顔パスで入場できます。
女子はビキニ、もしくはランジェリーで入場すると、その日一日は酒代がただになることでしょう』


赤文字部分に釣られたドスケベ中学生さん。

しかもオートバイで行くとドリンクが2杯フリーになると言う事で是が非でも乗り付けなくてはなりませんね。
重い雲が垂れこむ土曜の夕暮れ、カッパを詰め込みまずは未だ建設中のドスケベ邸へと。
a0255081_19575667.jpg
ここで群馬のトンナップさんより『雷なってます』『ガチ雨降ってます(T^T)』と悲しい報告が入る。
ROCKET NITE主催のしまさんには雨が降ったらゴメンナサイ!とは予め伝えてあったのですが、ここで諦めるのももったいないし…。
しばらく逡巡するのだが…『何イッテンダヨ!テーラーさん!ビキニの女の子達が僕らをマッテイルンデスヨ!ハイ行くよ!』っとドスケベさんの荒い鼻息に負け、そんな恰好した女の子なんているわけないのに…とは今更言えずに同意する僕でありました。
久しぶりに引っ張りだした革ジャンを身に纏い…あれ?ドスケベさん革ジャンは?『暑いじゃん!俺はねスマートにバイクを乗るの!』ってことでTシャツにチョッキの出で立ちのドスケベさん。アヤシイ雲行きにカッパは着ていく?との問いにも『カッパはね土砂降りになったら着るの!』ってことで一路東北道は浦和IC〜館林IC〜古河シティを目指して出発するのです。
心配された雨にも降られる事無く浦和ICから東北道にのる。羽生PAで会いましょうってことでピューッカッ飛んで行くドスケベXS650。こちらも順調に闇を切り裂き距離を稼ぐ。蓮田SAを過ぎ暫くすると道路が濡れています。こっちの方はやっぱり雨が降ったのだなっと思ったらボツリボツリとシールドに雨が当たり、瞬く間に本降りの中に突入してしまったのです。カッパを着込む最後のチャンスだった蓮田SAはもう遥か後方。路肩に寄せるにはかなり危険なため覚悟を決め羽生PAを目指す。革ジャンに身を守られ上半身は濡れずに済んだのは幸いだったが、カッ飛んでいったドスケベさんはTシャツ…。案の定しばらくすると身を縮こませながら雨に耐えているドスケベさんを発見。そんなこんなで羽生PA手前で雨の中だというのに上空に打ち上げられる花火にちょっと嬉しくなりつつ、濡れ鼠の2台仲良くPAに到着。
お洒落にスターバックスで暖をとり、館林で待ち合わせのトンナップさんにコンタクトをとる。本降りの雨にやはり躊躇するトンナップさんですが、我々が羽生まで来てしまった以上来ない訳にはいきません。降りしきる雨の中、今更ながら色違いのゴールドウインを着込みペアルックで館林へと。
館林ICで降りたところで待つ事数分。ようやくやって来たトンナップさんはまさかのラビット号!なんだか裏切られた気分でいっぱいですが戻れ!とは言えずに、地理に明るいウサギさんの先導で古河シティーはスパイダーまで街灯も無い真っ暗な道を突き進むのです。
a0255081_20461152.jpg
何とかたどり着いた古河スパイダー。手前はしまさんのカワサキZポリス。その後、雨にも負けずに数台のバイクが登場するのですが写真はないです…。
鼻息荒くビキニ!ビキニ!と狂ったように叫びまくるドスケベさんを2人がかりでなだめすかし、イザ入場。

フロアに入るとしまさんを発見。挨拶をすると『よく来てくれたねー。雨降ったから絶対来ないと思ってたよ。いやーほんとありがとう。』いつもの人懐っこいあの笑顔で話しかけられると道中の苦行もすっかり飛んでいってしまいます。
a0255081_21015229.jpg
そしてビキニギャルを捜す2人。
a0255081_21031248.jpg
どこにいるのだビキニギャル?
a0255081_21040207.jpg
ここにいるのよビキニギャル。
心のVIPルームを覗いてみると…。
a0255081_21052240.jpg
ほーらステキなビキニギャルのお出迎え!

そしてフロアは。
a0255081_21071159.jpg
おおいに盛り上がりをみせ。
a0255081_21080251.jpg
トリはしまさんのDJで。
a0255081_21101761.jpg
最高潮の盛り上がりを迎えるディスコチック古河ナイト!

ひさしぶりに流れたあの曲でちょっと昔を思い出したり、あのころ一緒によく遊んでいた仲間の顔を思い出したりとドキドキするような『ROCKET NITE』を心ゆくまでたっぷりと堪能。 
しまさん楽しい夜をありがとうございました!
名残惜しそうなビキニギャルとお別れをし、しまさんの笑顔に見送られ、再び雨中に飛び出すウサギさんの先導で館林までの道のりは来たとき以上に暗くて難儀でしたが、夜中の2時に牛丼に蕎麦とはたいそうな食欲でありますね。
a0255081_21351394.jpg
トンナップさん、ドスケベさん良い夢は見れました??






rockin' rebels

a0255081_21113858.jpg
オムニバス L.A. ROCKABILLY より

[PR]
by trophy1959 | 2014-09-16 21:41 | music | Comments(0)
summer
毎日まいにち暑い日が続いていますが、ある日のために毎日まいにち汗だくになりながらも自転車通勤を続ける事1月あまり。
まちっろだった僕もさすがに日に焼けました。
おまけにジョギングもたしなみ程度にはじめ、そろそろ市民ランナーの聖地である皇居デビューをと考える今日この頃。

そんな中ようやく某カスタムビルダーの予定が整い、中途で止まっていたモルトンカスタムが完成したのであります。
フロントのハブにも伊国の製品を奢りついでにリムもタイヤも一新しスルスルスルスルに。
a0255081_19214125.jpg
これで明日からの通勤もますます楽しみになりました。

そして翌朝…。
a0255081_19092935.jpg
道半ばにしてあえなくパンク…。


とりあえずいつも持ち歩いている予備チューブのおかげで事なきを得るが、大金を投入してこの有様では腹の虫が収まりません!
頭に来たので某カスタムビルダーに怒りの電話をすると…。

『そんなの知らんわボケッ!!』

と切られてしまいました…とほほ…。

みなさんフンドシの入れ忘れには気をつけましょう。



休みの日にはコレまた炎天下の中、のぼり旗を立てたり駐車禁止駐輪禁止の張り紙や捨て看板を張ったり立てたり、自転車ジョギングで開ききった汗腺からこれでもかこれでもかというくらい汗が流れます。
昨年歪んでしまったコレを、あの日の為に改良を加え試しに水を張るが強度が足らずに真ん中が内に入ってしまうので更に改良中。
a0255081_19372731.jpg
その後は水浴び大会で火照った体を冷やすのです。



そして一段と暑さも増してきたある夜。
待ちにまったブツが出来上がったとの連絡が入り、人影が途絶えた頃を見計り原宿はアトラクションズへと。

夜な夜な集まるはサワダボンネにトモナリワンテン、コウスケコマンド。
a0255081_19454135.jpg
ほんとうに久しぶりにオートバイに乗るです。
a0255081_19463830.jpg
出来上がった品を後ろに載っけて4台で夜の闇を切り裂き着いた先は。
a0255081_20070801.jpg
先月も澤田氏とお邪魔したcool beans
a0255081_20072817.jpg
トモナリ君と澤田氏のマニアトークに挟まれたお疲れのコウスケ君。
a0255081_20100752.jpg
オーナーの白井さん、お騒がせしました!そして良い本をありがとうございました!
a0255081_20100468.jpg
またしても画像拝借スミマセン!

4人で真夜中にラーメンを食し、池尻でコウ スケ君と別れ、まだ仕事があるトモナリ君とは渋谷で、残る澤田氏と秋葉原までランデブーし久しぶりのトライアンフの感覚をたっぷり楽しみました。

そしてご注文の品はこちら。
a0255081_20193416.jpg
トモナリ君!最高に気に入りました!!ありがとう!


そんでもってこれまた久しぶりに集まるは、VMSと旧トリニティの仲間での納涼会at豚イチロー。
a0255081_20261496.jpg
あけましておめでとうのNOTさんに基礎体力の向上について指南を受けると、後日手紙が届く…。

手紙には…あしたのためにその1と題があり『…肘を脇の下から離さぬ心構えで、やや内角をねらいえぐり込む様に打つべし。』

なるほど。

a0255081_20342690.jpg
この時はまだ大いに気勢を上げるドスケベさんですが…皆に責められて轟沈。
a0255081_20372500.jpg
しかし!そう、女の子の事ではからっきし意気地のない彼ですが!
a0255081_20390799.jpg
いざ電気仕事になるとこんなに凛々しいのです!(我が家の配線をレストア中のドスケベ氏)

久しぶりに皆で盛り上がり。
a0255081_20415738.jpg
楽しい納涼会となりました。
a0255081_20443482.jpg
ね、アラーキーさん?



こんな事をしつつも夜中まで汗水たらしようやく完成の御神酒所。
a0255081_20480340.jpg
いよいよ明日に迫るが酒宴が続き、まだまだ寝れないのです…。
a0255081_20495024.jpg
そして大祭当日…この日の為に頑張った自転車通勤やジョギングによる体力向上の成果はいかに!?
a0255081_20535612.jpg

その模様はこちらからどうぞ。


これが僕の地元のお祭りの真骨頂。

もし興味がある方はこちらもどうぞ。

そんなこんなで僕の長い夏は終わりました。

いまは筋肉痛と全力で戦っています。




nuclear valdez
a0255081_21164101.jpg

[PR]
by trophy1959 | 2014-08-20 21:17 | music | Comments(4)
winelight
とある平日のアフターファイブに、かねてからお誘いのあったワインバルに行って来たのでありますこの僕が。
ウコンの力superを2本飲んで、ガタガタと汽車に揺られ新橋は烏森口へと降り立ったのである。
歩く事数分…ワインという高濃度アルコール飲料なぞ口にしたら僕は…そんな恐怖と戦いながら到着!
a0255081_20291514.jpg
まだまだお酒には早い時間なのか、数人の酔いどれ紳士が盛り上がっているものの、僕らが入るスペースはたっぷりとあります。
そして店主のKちゃんに開店祝いのお花を手渡し、さっそくウエルカムワインを頂くのです。
アルゼンチンタンゴが大好きなKちゃんらしく、アルゼンチンのワインで統一しためずらしいバー。
a0255081_20320220.jpg
ウエルカムは泡。そして2杯目は赤。愛知県産のタコとトマトをおつまみに。
a0255081_20322187.jpg
な、なんとこの僕が3杯目に突入!!特にこの白は美味!!
口当たりがよく、のどごしスッキリのお勧めワインについついグラスも空に…。

店主のKちゃんはじつはハーレー乗り!
新橋におこしの際はぜひアルゼンチンのワインもご堪能ください。
a0255081_20314337.jpg
その後どこをどううろついたのかほろ酔い気分で街をさまよい歩いていたら、こちらは南米でもベネズエラのカーロスリベラと死闘を演じたばかりの矢吹ジョーにばったり遭遇。
a0255081_20325986.jpg
思わず駆け寄り、子供の頃からの憧れであるジョーと記念撮影。
a0255081_20334141.jpg
そしてジョーに誘われ。
a0255081_20341986.jpg
泡風呂に飛び込み、スッカラカンになりました。


そして気がつけば朝!
a0255081_20350453.jpg
身ぐるみはがされ路上で寝ていたら、何故かエノーンが『岩槻に行くでー!はよ車出せや!!』
a0255081_20353196.jpg
僕の買ってまだ3ヶ月目の新車エックストレイルにろくに洗浄をしていない部品やフレームを遠慮なくドサッと積み込み、『高速代は運転手持ちやでー』と助手席でプカプカと煙草を吸うのであります天誅。

向かった先はR-TECH ENGINEERING!

T100のレストアを引き受けてしまったエノンが部品その他を加工に出すついでに、僕も兼ねてからR-TECH ENGINEERINGのK原代表に相談したい事があったので一緒にお邪魔しました。
a0255081_20355199.jpg
さっそく依頼をはじめるエノン。
a0255081_20360865.jpg
そして僕の依頼は…さすがのK原代表も頭を抱える加工内容ですが…。
a0255081_20364795.jpg
最後には『解りましたやってみましょう!』と力強いお返事を頂戴しました!
無理なお願いなので、うまくいかなくて元々なのは重々承知しておりますので思い切ってやってみて下さい!!
a0255081_20381053.jpg
お土産まで頂戴してしまいました!K原代表お忙しい中ありがとうございました!


そんでもってこちらは、割れてしまったハンドルバーキャップ。
a0255081_20372817.jpg
何処を探しても新品/中古ともに見つからずに困っています…。とりあえずダメもとで溶接をエノンに依頼し、きっと新品を手配してくれるであろうK崎さんから届くまでの間の繋ぎとしては十分すぎる出来映えです。ペタペタと色を塗り装着。
a0255081_20375332.jpg
あんまり負担をかけたくないので、締めた時に微妙に出来る隙間にDの字に削ったワッシャーをはさみ。
a0255081_20391025.jpg
いい具合にピッタリとなったのでしっかりとテンションをかけ締め込みありがとうエノン!



さらにはタンクを押さえるストラップの先端が折れてしまったので新品に交換したのは以前の事ですが、どうにもこうにも具合が悪いのでこちらも折れた先端をエノンが新規製作しくっつけてくれたのです。
a0255081_20382730.jpg
新品だと何が具合が悪いのかと。それはタンクを外すのにわざわざパーセルグリッドを外さなくてはいけないですね。が、60年の仕様は先端部はフックになっていて、38番のヨークに引っ掻け43番のナットを締め込む事によってストラップを引っ張りタンクを押さえます。
a0255081_20385593.jpg
パーセルグリッドを外す事なくヨークを緩めフックを外せばワンタッチでタンクが外れる最高便利仕様が本当です。
a0255081_20403945.jpg

しかしこのタイプですと引っ掛けるのではなく38番のヨークにぐるっと巻くため、タンクを外すのにパーセルグリッドをわざわざ取らなくてはダメな大変な仕様。
a0255081_20394530.jpg
よけいな部分得を切り取って先端をフック状にするにもぺらぺらすぎて出来ませんね。
a0255081_20401937.jpg
何はともあれ、たぶんもう2度と外す事のないパーセルグリッドをしっかり取り付け。
a0255081_20405475.jpg
グググッと男前になりました。
a0255081_20410897.jpg
って元に戻っただけですが…。
a0255081_20413714.jpg
これで週末のトンナップさん主催の『妖怪メダルを探しにいこう!ツーリング』にどちらで行こうか迷う事となりました。
a0255081_22385520.jpg
晴れるのか!?そして見つかるのか??








grover washington jr

a0255081_20412401.jpg


[PR]
by trophy1959 | 2014-07-17 22:41 | music | Comments(4)
cherry pie
7月半ばから8月いっぱいと僕にとって1年でもっとも厳しいシーズンがやってまいりました…。

なにが厳しいのかと…それは生まれ育った地元のお祭りがあり、その下準備や会合や飲み会やらがわらわらとカレンダーを埋め、まったくの休日がほぼ無くなってしまうという1.5ヶ月間となります。
うだるような暑さと思うようオートバイに乗ることが出来ずにストレスが溜まってしまいます…しかし!地元の為にここはちょっと奮起しなくてはなりませんね。

そんな日々を控え、これで英気を養え!とばかりに山形はケンタロー君よりこんなステキなさくらんぼが!!
a0255081_21523240.jpg
さらには!!!
a0255081_21530732.jpg
こんな高級品まで!!!!
a0255081_21534442.jpg
うつくしい手詰めの高級品です!!!!!

むさぼるようにひたすらさくらんぼを頂きました。

そしてほっぺも落ちそうになる頃。
a0255081_21542653.jpg
こんどは丸森の星さんから!
a0255081_21550324.jpg
これまた美味しいさくらんぼが到着しました!!!!!!!

大好きなさくらんぼを本当に目一杯堪能しこの世の幸せをひたすらと感じた2週間。

おふた方、本当にありがとうございました最高においしかったですそして来年も是非宜しくお願い致します遠慮せずどしどし送ってください期待してます!



あれだけ沢山あったさくらんぼも残り1粒になってしまった時には僕の目からも1粒の涙がこぼれ落ちてしまいそうなくらい悲しい気分になってしまいましたが、そんな気持ちを察したのか、チェリーチェリーでもこちらは永遠のチェリーボーイドスケベ中学生からな、なんと『第1回ドスケベディナーパーチー』の招待状が舞い込んできました。

いそいそと準備をし。
a0255081_22215700.jpg
遠くはなれたドスケベ邸へと。
a0255081_22223574.jpg
EMWのエノーンとともに向かう梅雨の合間の夕暮れ。

ドスケベ邸についた時には既に夜となっていましたが、早速その内部に潜入すると。

a0255081_22263391.jpg
オーバーホール中のノンオイルXS。
a0255081_22270794.jpg
『パーチー終わったらエンジンみんなで載せっからよろしくね!』
a0255081_22275023.jpg
巨大なブラストまで導入のドスケベガレージは未だ建築中…サグラダファミリアの方が早く完成するのではと思ってしまいます。

そしてこちらもリフォーム途中の2階の自称プレイルームに上がっていくと。
a0255081_22332579.jpg
ステキに仕上がったカウンターキッチンにて豪腕を奮うドスケベさんの勇姿が!


そして今宵のディナーはこちらです。
a0255081_22394764.jpg
遅れてやってくるVMS軍団を待ちきれず土鍋で炊いたご飯とともに早速頂きます!
a0255081_22413926.jpg
なかなかの腕前にけっこうびっくり!普通にというよりかなり美味しく頂きました!

『あたりまえじゃん!料理っていうのは使った化学調味料の量で美味しさがカワルンデスヨ!オレのはちょーいっぱい使ってから!ダ.カ.ラ.ウ.マ.イ.ノ!』

…。

とにかくドスケベさん!これだけお料理が作れればもうお嫁さんも探さなくて大丈夫ですね!

遅れてやって来たVMS軍団withツマポンも。
a0255081_22482471.jpg
美味!美味!と叫びながらあっというまに完食し、ご満悦のドスケベシェフを囲みだらだらだらだらと時を過ごすのです。

そして夜も更け後方付けもせずこそこそと家路に着こうとするのだが…。

『ハイハイみなさん!美味しいお食事の後はオレのXSのエンジンをみんなでフレームに載っける時間の始まりですよー!』

ってな事で、せっかくゴチソウにもなったのでイヤイヤながらエッチらオッチらとエンジンを載せる事となりました。
腰下腰上のコンプリートエンジンを載せるのは本当たいへんですね。
ようやくフレームに載せマウントボルトを入れた時には腰がプルプルしてたいへんでした。

バルブひん曲げないようにしてねっと声をかけ。

ひと仕事終えたので、さあ帰ろうかとそのとき!

『いやーさー、ちょっと試しにと思ってこないだ載せてみたらけっこうイインダヨネ!』

おもむろにエンジンが載っかりようやくオートバイらしくなったドスケベXS650にな、なんと!!




a0255081_23015353.jpg
ドミネーター650S/Sのタンクをあてがうドスケベ氏!

そして!
a0255081_23022506.jpg
なんとも奇妙な表情を浮かべながら。

『こうすればもうドミネーターもやんなくていいし、XSってドミネーターみたいなもんじゃん!だからもうこれで完成!!』

とのたうち回るのでした。



さらにその後、タイガー100のレストアに手を出したエノンがドスケベさんが大量に保持している500のスペアパーツを漁りだし。


a0255081_23111237.jpg
足立の雑草もグングンと伸びていくのでありました。










sade
a0255081_23253025.jpg
実家に置っぱだったsadeを持ち帰り久しぶりに聞いたら、ここ数ヶ月ヘビーローテーションで聞きまくってます。

[PR]
by trophy1959 | 2014-07-12 23:39 | music | Comments(0)
真赤な自転車
燃え尽きたのか…福島ツーリング以来しばらくオートバイとはご無沙汰です。

不安定な天候もあり困ったもんです。

そんな中、石炭すくいののっぽさんより。

『どうして自転車のらないのですか?』

と激しく詰め寄られ『疲れるから。』とは男の口からは決して言えないので、『改造したら乗るよ。』と訳の解らない事を口走ったが最後…。

連日連夜。
『こんなハンドルはどうですか?』
『こんなレバーはどうですか?』
『前にあげたカンパのクランクを使いましょう!』
『パーツが揃ったら僕が取り付けますから!』
『落札して良いですか?』
『早く金払えよ!』
怒濤のような攻勢にすっかりとやられてしまい言われるがままに部品を買ってしまったのでした…。

そして全ての部品が届き、ではいよいよ改造開始!

すると石炭すくいが…。

『やっぱりめんどくさいので自分でやってください。』

飽きてしまったのか何なのか…とにかくここまできて放り出されてしまった僕は自分でやるのもやっぱりめんどくさいので、最近裏稼業に精を出すEMWとか洒落た名前に変えた元エロ軍団作戦指令本部の本部長エノンに丸投げ。
a0255081_20313721.jpg
雨の中部品を背中に抱えエノンガレージに乗り付け広げてみる。
a0255081_20303235.jpg

『3日貰えれば組めます』との頼もしいセリフをもらい楽しみに家路に着くが。

翌日には…。

『交換するハブと現状のリムのスポークの本数が合いまへんで。』

ここまでかなりの大金を投入したのに関わらずさらに追加の投資を余儀なくされたのです。

さらにさらに諸問題がありましたが、ようやく9割完成!
a0255081_20422769.jpg
後はフロントのホイールとスポークが入荷すれば。
a0255081_20434959.jpg
10割完成となるはず。
a0255081_20480346.jpg
結局残ったのはフレーム/シートポスト/ヘッドパーツだけと予定を大幅に通り越しての改造になってしまったですが、未だに90円で売っている徒歩3分のとこにある自販機にもあっという間に行けるようになり便利でありますが、定価130円との差額40円を考えると3000回も通えば十分に元が取れるかとおもうといささか気が遠くなる。
a0255081_21424426.jpg
ずいぶんな部品を奢ってしまいましたが、これで風になるのです。
a0255081_21432124.jpg
そして誰もいない防波堤でチョメチョメするのですきっと。


引き続きフロント入荷したらEMWのエノン氏よろしくであります。


そんでもって久しぶりに雨の合間を縫って約3週間ぶりにトラを引っ張りだし、環七と中原街道の交差にある。
a0255081_21051327.jpg
cool beansへと繰り出してみる。(画像拝借)
a0255081_21064996.jpg
澤田氏とここで合流し。
a0255081_21072432.jpg
久しぶりに良い洋書が手に入り嬉しさ満点でありますが…。
a0255081_21104898.jpg
先日やって来たエノンの油まみれの手によってさっそく汚されてしまい損害賠償を検討中。

それはさておき、久しぶりに夜の都心を澤田氏とランデブーを楽しみ、行き着いた先は澤田氏行きつけの千徳。
a0255081_21163919.jpg
名物のじゅうじゅう焼きを腹一杯に20年ぶりの懐かしさとともに堪能す。
a0255081_21195189.jpg
何が懐かしいかと、学生時代に足繁く通った、うちの高校に通っていた生徒なら誰もが1度は必ず食べたであろう東○野の大成軒の人気メニュー鉄板麺にそっくりなのでります。
すっかりと忘却していた青春の味が蘇り、辛かった部活の帰りに通った思い出に涙を流しながらじゅうじゅう焼きをいただきました。
そして近いうち本家?の大成軒にも行こうと心に誓ったのです。
a0255081_21335061.jpg
良いお店に連れてってもらいありがとうございます!


そして走っているとどうもハンドルがビビると思っていたら…。
a0255081_21442398.jpg
ハンドルバーキャップが割れていた!






おニャン子クラブ。

なんだかとっても良い時代です。

[PR]
by trophy1959 | 2014-06-29 21:54 | music | Comments(0)
  

現実逃避
by とろきち
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
最新の記事
love your money
at 2017-02-24 21:28
むこうぶち
at 2016-12-10 23:15
日曜日よりの使者
at 2016-11-21 23:54
rama lama ding..
at 2016-11-18 23:01
ball and chain
at 2016-08-09 23:11
come on and ride
at 2016-07-27 21:33
fall in love
at 2016-07-10 01:32
something new
at 2016-07-06 22:15
banned from th..
at 2016-06-28 00:36
superfly
at 2016-03-22 21:12
最新のコメント
ラレ子さんへ。 私も次..
by trophy1959 at 22:56
毎年ながらこの場に来ます..
by ラレ子 at 21:53
修理代をwaonで払えば..
by trophy1959 at 21:37
AEONの原因がわかりま..
by とんなつぷ at 12:19
ヒロさんへ。 こちらこ..
by trophy1959 at 20:51
手厚くありがとうございま..
by ヒロ at 15:10
時間ギリギリになってしま..
by trophy1959 at 22:13
お二人さん、来てくれてあ..
by triumph1967tr6 at 23:24
トラ吉さんへ。 毎度毎..
by trophy1959 at 19:23
久しぶりにお会いできてう..
by トラ吉 at 16:56
ブログジャンル
自転車・バイク
画像一覧