<   2012年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧
生涯疾走 後編
翌日。

1月28日 月曜日 朝。

爆睡していると。

枕元の携帯が。

誰だろう?

あっ浅場さんからだ!

はやくでなければ。

僕『はい、おはようございます』

あれっ?女の人の声??

着信表示には浅場 啓二とででたはず。

女性『もしもし。私、浅場の娘です。朝早くに申し訳ありません。』
僕『はい?いえ、とんでもないです。』

頭の中は?マークだらけ。

女性『実は…昨日、父が亡くなりました。』
僕『……。えっ!いや、昨日の朝浅場さんにお会いしてるんですけど…。』
女性『ええ、ですからそのあと夜、交通事故で…。』

頭が混乱してしまい。

その後どうやって応対したのかは。

記憶なし。

知る限るの友人/仲間にお知らせくださいって事だけは覚えており。

とにかく連絡をしなくては…。


そのときの僕の感情を文章で表現するのは不可能。

悲しいのか混乱しているのか思考が停止しているのか解らないが。

実際に浅場さんの亡骸を見るまでは。

涙が出なかった。

見たときも。

なんか、精巧に作られた人形を見るようで。

事実なのか悪い夢なのか。

a0255081_12135911.jpg





あの日曜日に。

もし僕が朝、オートバイを見に行ってなければ。

その後の時間経過も変わり。

事故に遭遇しなかったのでは?

そう考えだすと。

何年経っても。

やりきれない。

a0255081_12142382.jpg


ただ不思議な事に。

死にたいくらいに悲しかったのに。

もう、オートバイやめようかなって思ったり。

時が経ち振り返ると。

たくさんの友達や仲間に支えられ。

新しい出会いもあり。

いつしか悲しみも。

たくさんの思い出にとって変わり。

くだらない事で。

お腹を抱えて笑っている僕がいる。



ご命日を境に、いろいろと思い出が頭をよぎり。

生涯トライアンフ一筋で疾走した。

浅場さんとの思い出を。

感情がおもむくままに。

綴ってしまいました。

反省。




生涯疾走 酒井 文人 遺稿集 別冊(非売品)
a0255081_12132397.jpg

浅間高原で行われたモーターサイクルレースが、いかにして開催にたどり着いたのか。
日本のレース史の幕開けが、緊迫感のある文章でせまります。
『実録秘話 浅間からスズカまで』
として八重洲出版社から発行されているようです。
[PR]
by trophy1959 | 2012-01-29 02:10 | book | Comments(0)
生涯疾走 中編
そして。

平成20年を迎え。

1月27日 日曜日 朝。

浅場さんからでんわが。

僕『はい、おはようございます。』
浅場さん『どうも、朝から悪いね。』
僕『いえいえ、どうしました?』
浅場さん『いやさぁ、君レース出たいって言ってたよね?』
僕『はい。』
浅場さん『あれからさぁいろいろ考えたんだけど、君にぴったりのマシンがうちにあるんだよね。』
僕『えっ!そうなんですか!』
浅場さん『まぁとにかくそんな訳だから、近いうちに来なさいよ。』
僕『分かりました。じゃぁ、水曜日伺ってもいいですか?』
浅場さん『あ〜、その日は僕ちょっと出かけちゃうんだよ。』
僕『そうですか…。そしたら今から行ってもいいですかね?』
浅場さん『いいよ。』

その日は仕事だったのだが。

午後からの出勤だったので。

急いで西馬込へ。

すると。

いつものようにトラを整備中。

挨拶をすませると。

『じゃあ、オートバイを見に行こう。』

いつものように小走りで。

地下のガレージへ。

薦められたのはこの車両。
a0255081_109438.jpg

50年代後半のT110のフレームをベースにした、カフェレーサー。
タンクには『T110 ASABA SPECIAL』の文字が。

保安部品外せばそのままサーキットへ。
ワイヤリングなど細かい作業をしながらレースのノウハウを伝授。
エンジンは基本的にほぼノーマル。
何回かレースを経験してみて、それから手を入れていこう。

オートバイを見ながらそんな話を。

半ば夢心地。
a0255081_103630100.jpg

サーキットを疾走する自分の姿を妄想するも。

『まぁ、君みたいなタイプはしょっぱな多分スコーンって転ぶから。でもそうやって少しずつレースってもんが解っていくんだよ。やっぱりさ、公道とサーキットってのは違うから。怪我だけはしないように、これから一緒に楽しもう!』

さらに。

『来週くらいからいろいろはじめていけば、4月の筑波からエントリーできるから。とにかく時間がある限り作業しに来なさいよ。』

どんどんと進んでいく話にとまどいつつ。

緊張と不安と希望が入り混じる。

工場にもどり。

トラ談議。

ふと昨年筑波の最終戦を走った浅場さんのレーサーをみると…。
a0255081_10364923.jpg

僕『あれ?キャブ変えるんですか?』
浅場さん『あぁ、ちょっと初めてCRをいれてみようと思ってね。』
僕『どうしたんですか急に。』
浅場さん『やっぱりね、ほかの人のレーサーに比べるとやっぱり伸びが足りないんだよ。いままではずっとAMALでやってきたんだけど。たとえ草レースといえどもレースってのは勝負事だからね。』

そして。

『僕ももう歳だからさぁ、あと何回レースに出れるかわからないし。でもさ、やっぱりもう1度だけ表彰台の真ん中に立ちたいんだよ。』

少年のような笑顔で語る浅場さん。

『まぁ、また来週にでも来なさいよ。』

背中をポンっとたたかれ。

笑顔を後に。

家路につく。


つづく。



生涯疾走 酒井 文人 遺稿集
a0255081_1091924.jpg

[PR]
by trophy1959 | 2012-01-29 02:09 | book | Comments(0)
生涯疾走 前編
筑波サーキットへ。

レースのお手伝い。

平成19年11月23日の事。

『昔はとにかく1番になりたくてとにかくがむしゃらだったけど、最近はただ純粋に遊びとして楽しんでるよ。』
『毎回毎回、レース前日は興奮と緊張で寝れなかったけど、今はもうぐっすりだよ。』

なんて、言ってはおりましたが。

いざサーキットに到着すると。

『やっぱりこの雰囲気はいいね〜』
『まあ、この間はあんな事言ってたけどさ、いざレースが始まるとやっぱり表彰台の真ん中に立ちたくなっちゃうんだよ。』

闘志まんまんでした。
a0255081_2165649.jpg

健闘するも。
残念ながら。
それでも3位表彰台。
a0255081_2172524.jpg

満面の笑みは清水さん。


浅場さんのお手伝いを何回かしているうちに。

いつしか自分も。

そんな思いが強くなり。

その年、平成19年の暮れ。

意を決して。

僕『自分もサーキットを走ってみたくなったのですが…。』
浅場さん『そうか。男の子はね、あーいうサーキットに行くとやっぱり自分で走りたくなっちゃうんだよね。いいじゃないの。マシンの事も含めてさぁ、じゃあ僕もちょっといろいろ考えてみるよ。』

君には無理だよとか。

やめたほうがいいよとか。

きっとそう言われるだろうなって思っていたけど。

逆にそう言われた方が。

良かったと思う自分も。

何せ、速く走れる訳でもないし、当然そんな自信もまるっきりない。

ただ、憧れが高じてとか。

サーキットという非日常的空間で。

同じ空気を感じたい。

そういう気持ちの方が強かったのかな。

とにかく。

わくわく感と。

やってしまった…って感情と。

意を決したはずなのに。

揺れ動く。

まったくのチキン野郎です。


つづく。



生涯疾走 酒井 文人 遺稿集
八重洲出版社 (非売品)
a0255081_2175648.jpg

(株)八重洲出版社 初代 代表取締役 酒井 文人 氏 の遺稿集。
モーターサイクリスト誌を中心とした掲載記事を集めた本。
当時のモータサイクル文化が誌面を通じて生々しく伝わってきます。
『今だから話そう勝利への3年間』
『ロマグレ漫走記』
など、非常に興味深く読みました。
[PR]
by trophy1959 | 2012-01-29 02:08 | book | Comments(0)
I say a little prayer
今日がくると。

あの日の事を。

思い出します。

もちろん今日じゃなくても。

いつでも思い出しますが。

でもやはり。

今日という日は特別。

今年もいってきました。


ミスターワイルドワンまにあ澤田氏と。
a0255081_1152049.jpg



泣き虫先生になりたい熱血新米教師。
でも実は凄腕金属成形家youーya氏と。
a0255081_1154395.jpg



そして僕。
a0255081_1161378.jpg




まずは墓前にご挨拶。
a0255081_1164540.jpg

静寂の中。
それぞれの思いに馳せる。


そして、あれから何度も行った。

現場へ。

大好物のサイダーを供え。
a0255081_117181.jpg

再び合掌。


やりきれない思いはまだまだ続いています。しかし僕たちがこうしてトラに乗り続けていく事が、トラをトライアンフをこよなく愛した故人への、なによりの供養になると信じています。

a0255081_0341344.jpg


浅場 啓二 さん
僕の最も尊敬している方です。(肉親を除き)
雑誌なんかで『トライアンフの神様』って言われていましたが、実際もっと詳しい方や、もっとメカに凄い方はたくさんいると思います。
でも、あれほどトラを愛した人はいないはずです。
街乗りからツーリングそしてレースまで、いつでもどこでもトラ。
1年365日ずっとトラ。
履いていたプーマのスニーカーにも、マジックで手書きのトラのロゴが…。
そんな人普通いませんよね?
だからきっと惹かれたのだと思います。
いろいろとアレコレ言う方もおりますが、やっぱり人間ですから。
ただ、僕にとっては本当に魅力的な方でした。
トラ以外にも映画やファッションなど、顔が広いせいか話題も豊富で、工場に遊びにいくとあっという間に時間が過ぎてしまいました。
7年程でしたが、非常に密度の濃いお付き合いをさせて頂きました。
もっともっと教わりたい事がたくさんあったのですが…。

a0255081_033516.jpg

とにかく、こんな悲しい思いは2度としたくないです。

どうか皆様、すてきなオートバイライフを無事にお過ごしください。
心よりお祈り申し上げます。   
                     平成24年1月27日


追記
ツーリングの帰りに、
『家に帰って、パンツ脱ぐまで気を抜くな!』
そう一人一人に声をかけていましたね。





Aretha Franklin すばらしい。しかしベスト盤が多いな…
a0255081_0343815.jpg

[PR]
by trophy1959 | 2012-01-28 02:08 | music | Comments(4)
toys in the attic
ちょっといろいろと。

相談を兼ねて。

相手は当然。

僕『あ〜もしもし、いま大丈夫ですか?』
ジェリー氏『なに〜。忙しいよ。』
僕『仕事ですか?』
ジェリー氏『いや、くるまいじってる。』
僕『えっ…くるまっすか?』
ジェリー氏『そだよー。』

この光景が頭をよぎる。

僕『いけそうですか?』
ジェリー氏『俺様に不可能はない!!』

なんか面白そうなんで。

雪の翌日。

あらかた融けてたし。

大丈夫だろうと思い。

出発。

もちろん自転車。

a0255081_2394266.jpg

近くを通ったので。

記念にぱしゃり。


必死にペダルを踏むこと。

20分。

到着。

a0255081_23122124.jpg


屋根裏ではないけど…。
a0255081_23135410.jpg

a0255081_23141932.jpg

ここにはおもちゃがいっぱい。


あれ?

いつもスタイリッシュな。

ジェリー氏なのに。

正ちゃん帽に。

ワー○マンで購入したと思わしい作業着に。

毛玉たくさんのユ○クロらしき、ヴィヴィッドカラーなフリースと。

ちょっとくつろぎすぎてませんかね。

さっそくカメラを向けると。

必死の抵抗。

ジェリー氏『俺のイメージが!!』

残念ながら公開できず。


で、くるまをいじってたのでは?

ジェリー氏『やってたよ。』
僕『どうですか?』
ジェリー氏『エンジンルーム開けて……。』
a0255081_23271133.jpg

僕『で?』
ジェリー氏『めんどくさそうだからやめた。』
僕『……。』


とりとめのない。

話をしばしたんのう。

しかしほんとにいつ行っても。

いい空間です。


帰り道。

行きとは違う道。

失敗。

a0255081_2349081.jpg


路肩に雪が。

皆さん気をつけましょう。



AEROSMITH  70年代のエアロスミス。僕は大好き。
a0255081_23522124.jpg

[PR]
by trophy1959 | 2012-01-25 02:08 | music | Comments(0)
2 a.m.
昨夜は東京でも雪。

降る前にと、いそいで家に。

帰ってぼーっとしていたら。

ついついうとうと。

こたつはいけません。

知らぬ間に。

外は銀世界。

a0255081_2238398.jpg


こうなると。

うずうずしてきた。

午前2時。


a0255081_22415483.jpg

行ってきました。

近所の公園。


a0255081_22444429.jpg

わーい完成。



a0255081_22462147.jpg

もう一つ。





a0255081_2247847.jpg

こっそりと戦闘準備中。



a0255081_22504665.jpg

近くのお寺も。

いつもとはちょっぴり違う佇まい。

こんな夜のすごしかたも。

いいですね。





Tania Maria う〜ん、こんなベスト盤があるとは。いい世の中だ〜

a0255081_2304568.jpg

[PR]
by trophy1959 | 2012-01-24 02:08 | music | Comments(4)
光の雨
そもそもブログらしきものを始めたはいいが。

どうやら僕には致命的な欠点がある。

今更気づいた。

写真をデータで保存しないのは以前の通り。

そもそも写真を撮る習慣がない。

デジカメもなんだか今のモデルに比べると。

300万画素。

ちょっとスペック的に劣ります。

ケータイは。

カメラぶち壊れてます。

と言う訳で、小雨降りしきるなか行ってきました。

a0255081_20302544.jpg


新しいデジカメを買えばきっといい写真がとれるだろう。

ドキドキしながら売り場に行くと。

たくさんある。

人もうじゃうじゃうじゃうじゃ。

ほんとに不景気なのかこの国は?

と思いつつ。

たくさんありすぎてよくわからず。

うじゃうじゃに耐えきれず。

目的を達せぬまま、勇気ある撤退。

そして小雨降りしきる夜の都会を自転車で。

たくさんの光が雨に反射していつもと違う雰囲気の街を走る。

まさか、こんな雨の中だれもいないだろうと思いつつ。

やっぱりきてしまうこの場所

a0255081_2030880.jpg


いつもと変わらずやっぱりいました。

a0255081_2031030.jpg


自習のお時間。

a0255081_20304515.jpg


もうすぐベロセットが完成の山P。

いざという時もっとも頼りになる男、U原主任。

なにやら山Pのベロに問題発生。

週末の授業の前に、予習をかねて相談中。

いきなり校長や根田講師に回答を求めるのではなく。

自分たちで問題を解決すべく努力をするのもこの学校の良いところ。

卒業すればオートバイは当然自分のもの。

古いオートバイにはやはりトラブルがつきまといます。

そんな時、解決するのは自分しかいません。

そうやって少しずつほんとうの自分のオートバイになっていく気がします。

問題を抱え頭を悩ます山P。

どうか僕に回答を求めないで下さい。

心の中で祈りつつ。

U原主任、就職内定おめでとう!!

山Pがんばって!!

と、さわやかに言葉をかけ。

光の雨の中を帰路につきました。



a0255081_20312579.jpg

著者 立松 和平
新潮社

鉄球とカップヌードルで有名な浅間山荘事件をモチーフに描いた小説。
なぜ我々がこのような事件を起こしていったのかを、一人の老人が二人の若者に話伝えていく。
僕が、実際の浅間山荘事件を起こした当時の連合赤軍幹部と同じくらいの年齢のとき、彼らの思い描いていた革命とは、また自己総括とは、一体なんだったのか。それを知りたくて色々と購入したなかの一冊。
[PR]
by trophy1959 | 2012-01-22 02:08 | book | Comments(2)
you can get it if you really want
結局、一目惚れしたあれは譲ってもらえず。

でもどうしてもあの勇姿が頭から離れず。

とりあえずいろいろなオートバイ屋さんに行くも。

とって変わる物はなく。

ひとり悶々とした日々を過ごす。

と、当時勤めていたお店の外に爆音が…。

なんと、地下ガレージの主がそのオートバイに乗って登場。

自慢げに見せびらかし、颯爽と去っていった。

う〜ん。なんなんだ。

まだまだひとり悶々とした日々を過ごす。

数ヶ月がたち。

もはや完全にあきらめかけてた頃。

でんわが。

僕『もしもし』
相手『あ〜浅場です。お兄ちゃんさぁ、まだあの59年ほしいの?』
僕『えっ…もちろんです!ほしいです!』
浅場さん『わかった。じゃ、ちかいうちに遊びにおいで』
僕『はい、では今日伺います!!』

仕事を終え、速攻で西馬込へ。

なんだか、興奮と緊張でその先の会話はあまり覚えておらず。

とにかく譲って頂けるというお話の後。

浅場さんが運転する59年のお尻に乗っかって多摩川までワープ。

しびれました。


浅場さんお得意のポーズ。
a0255081_21465286.jpg

『キック一発風を呼ぶ』 名言です。


福島ツーリングにて。
a0255081_21484263.jpg



たくさんの仲間ができ。
a0255081_21495983.jpg



たくさんの思い出ができ。
a0255081_2151113.jpg



まだまだ現在進行形。





Jimmy Cliff  ほんとに手に入れる事ができました。
a0255081_21552554.jpg

[PR]
by trophy1959 | 2012-01-21 02:08 | music | Comments(0)
原宿ブルースカイヘブン
せっかくはじめたブログ。
更新したいのだが…。
写真がない。
というかデータがない。
こまった。

困ったときはやっぱりこのお方。
SCCism主催のジェリーロール氏。
僕が原宿で働いていた時に知り合い、かれこれ十数年前から現在まで、頼れる兄貴分として、またはいろいろな悩みや相談事を親身になって考えてくれる親友としておつきあいをさせてもらっています。

早速でんわ。
僕『あの〜データがないんですよね』
ジェリー氏『は〜なにそれ?意味不明』
僕『いやだから、自分は現像してすぐデータを消去しちゃううんですよ』
ジェリー氏『なんの為にパソコン持ってんの?てか現像する人の方が今時稀少種だよね』
僕『……。』
ジェリー氏『現像した写真をデジカメでとりゃ〜い〜じゃん』
僕『画像荒くないっすか?』
ジェリー氏『俺様のブログと違って、お前のちんけなブログなんてだれも見ね〜んだからそれで十分だ』
僕『…了解』

って事で、懐かしい写真をデジカメでぱしゃり。
a0255081_22134023.jpg


勤めてたお店の友達と。
トラ乗り3人衆。

で送別ツーリング。
3Tでらっくすに乗るWEST男が『なごやで幸せになるみゃ〜』と。
帰郷してしまうため。
しぶしぶ奥多摩へ。
a0255081_22214220.jpg



転んだ〜。
a0255081_22224978.jpg

ではなく、ローアングル撮影奮闘中。


そして若かりし日のミスターワイルドワンまにあ澤田氏。
ばりばりのろっかーずスタイル。
a0255081_22273272.jpg

ばっちりきまってます。

澤田さん、また原宿に遊びにいきますね。





a0255081_22143458.jpg

著者 遠藤 夏輝
世界文化社
70年代の原宿文化満載。
澄みきった空のように眩しい青春物語です。
って結局映画化はどうなったのでしょう?
[PR]
by trophy1959 | 2012-01-20 02:08 | book | Comments(0)
sukiyaki
すき焼きはこの間食べたので…。

何を食するか悩みどころ。
そういえば最近野菜を食べていない。

たくさん野菜を食べたい!
って事でやってきました。

a0255081_173096.jpg



日頃、下町の超庶民的な定食屋さんを愛用。
こんなセレブなタウンでお食事なんていいのか?
そもそもこ汚いいつものスタイル。
入れてくれるのであろうか?
緊張のあまり写真を撮る手もやや震え気味。

a0255081_115541.jpg


いざ突入。
『やさい屋めい』

店員さんの暖かい笑顔に迎えられ。
おすすめのコース料理を堪能。
ちょっぴりお酒も。
ほんとにおいしかった。
大満足。
ビタミンたっぷり摂取してきました。

気になる方はHPをみて下さい。


ほろ酔い気分で。
a0255081_126071.jpg

ヒルズを記念撮影。

また来たい。
そう思うお料理でした。




A TASTE OF HONEY
しかしプロデューサーの面々がすごいな…

a0255081_1351734.jpg

[PR]
by trophy1959 | 2012-01-19 02:08 | music | Comments(4)
  

現実逃避
by とろきち
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
最新の記事
love your money
at 2017-02-24 21:28
むこうぶち
at 2016-12-10 23:15
日曜日よりの使者
at 2016-11-21 23:54
rama lama ding..
at 2016-11-18 23:01
ball and chain
at 2016-08-09 23:11
come on and ride
at 2016-07-27 21:33
fall in love
at 2016-07-10 01:32
something new
at 2016-07-06 22:15
banned from th..
at 2016-06-28 00:36
superfly
at 2016-03-22 21:12
最新のコメント
ラレ子さんへ。 私も次..
by trophy1959 at 22:56
毎年ながらこの場に来ます..
by ラレ子 at 21:53
修理代をwaonで払えば..
by trophy1959 at 21:37
AEONの原因がわかりま..
by とんなつぷ at 12:19
ヒロさんへ。 こちらこ..
by trophy1959 at 20:51
手厚くありがとうございま..
by ヒロ at 15:10
時間ギリギリになってしま..
by trophy1959 at 22:13
お二人さん、来てくれてあ..
by triumph1967tr6 at 23:24
トラ吉さんへ。 毎度毎..
by trophy1959 at 19:23
久しぶりにお会いできてう..
by トラ吉 at 16:56
ブログジャンル
自転車・バイク
画像一覧