<   2012年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧
楽園のカンヴァス
今日は嬉しい事がありましたよ。

ここ最近ちょっとツイていなかったので、サプライズな贈り物に心が幸せ気分で満タンになりました。

突然宅急便で荷物が届く。

差出人をみると山形のケンタローくんから。

何だろ?

先日のメールでは何も言ってなかったのに。

中身は『額縁』。

さ、さては巷で今話題の『若かりしモナリザ』か!
a0255081_22264854.jpg

それとも最近マイブームのアンリ ルソーの『飢えたライオン』か!
a0255081_22281938.jpg

ドキドキしながら梱包を解く。
a0255081_22291236.jpg

おーホントに何だろう?
a0255081_22294893.jpg

緊張のご対面。
a0255081_22301476.jpg

コ、コレは!
a0255081_2231938.jpg

まさに『私だけの伝説の車両』そのものではありませんか!

同封されていたお手紙によると。

昔、タイムトンネルを見に筑波に行った際に購入したものだそうで。

もしかしたら、今は僕が所有している60年ではないかと思い、引っ越し祝いとして送ってくれたのです。

ケンタロー君ありがとう!その通りです!

僕にとってはダビンチよりルソーよりも素敵なプレゼントです。

ウインカーの取り付け方から推測すると1987年前後に描かれたのではないかと思いますが、とにかく素敵なイラストです。

もちろん原画ではありませんが、その気持ちが僕にとっては非常に嬉しく、大切な宝物がまた一つふえました。

早速飾りましたよ。
a0255081_22413463.jpg

とてもいい感じになりました。
a0255081_22442587.jpg


そして、山形芋煮弾丸ツーリングも差し迫ってまいりました。

ケンタロー君に無事再会をする為にも。

きちんと整備をしなくてはなりませんね。

ちょっとはめ合いにガタの合ったマグネトーのカムリング。
a0255081_22505848.jpg

中古の比較的良さそうなのがあったので試してみることにした。
a0255081_22485739.jpg

はめ合いはきつ過ぎずゆる過ぎず良い感じ。

進角レバーを動かしても問題ないようです。

これに交換してみる事にしましたが、点火時期もチェックしなくてはいけません。

タイミングカバーを外し。
a0255081_22541552.jpg

上死点をしっかりと出す。
a0255081_22573669.jpg

タイミングディスクをセットし。
a0255081_22584082.jpg

左の点火。
a0255081_22594983.jpg

右の点火。
a0255081_2302949.jpg

エクセレントカムリングだったようで、マグネトギアを外して点火時期を調整するまでもなくこの値が出ました。

これでとにかく試乗してみよう。


a0255081_237020.jpg

原田 マハ
新潮社

僕の大好きな作家の1人です。残念ながら直木賞は取れませんでしたが、とても素敵な作品です。
さすがもとキュレーターをされていただけあって、美術に対する愛情の深さが文面から感じ取れます。それまでアンリ ルソーなんて全く知らなかった僕が、本を読みながら夢中でルソーやピカソの絵をグーグルで検索しながら読んでしまいました。よい本に出会うとついつい人に勧めてしまい、結果その本が返ってこないパターンになりそうな…。
[PR]
by trophy1959 | 2012-09-29 02:08 | book | Comments(4)
仁義なき回収
こっちの空は。
a0255081_22553465.jpg

晴れてても。

くるりと左の空を見上げると。
a0255081_22564252.jpg

雲行き非常にあやし。

せっかく朝から走りにいく気満々だったのに。

予定変更。

10月の山形芋煮弾丸ツーリングに向け。

粛々と整備などしてみることに。

久しぶりにプライマリチェーンの具合を確認してみると。

だるんだるん。
a0255081_2322976.jpg

さっそく調整。
a0255081_23355.jpg

が、すでに限界に近いとこまでギアボックスを下げています。

その昔、10フィート(3.048m)買いだめしたthubaki roller chainを引っ張り出す。
a0255081_2374715.jpg

コレに交換してしまえ。
a0255081_2393575.jpg

プライマリ側をバラし、チェーンの長さを確認。
a0255081_23104937.jpg

同じ長さにカットしてみると、あと一回分くらいは残ったかな。
a0255081_231329.jpg

ジョイントも当然新品を使う。

チマチマとギアボックッスを移動し、適正な張りの位置を出す。

ついでにいまいち機能していないストップランプスイッチ。

ブレーキペダルを踏み込んだ時。

浅過ぎず深過ぎずの位置でうまく機能させるため、あれこれやってたら。
a0255081_23182978.jpg

あっさりこわれた。

仕方が無いので、小屋に転がっていたマイクロスイッチ??を、これまた転がっていた適当な金物をステー代わりにして付けることにした。
a0255081_23204496.jpg

ちょっと…アレですが。

機能には問題なし。
a0255081_23231764.jpg


なんだか直してんだか壊してんだかよく解らなくなってきたところで。

悲し恥ずかし赤キップのお話。

指定された日にちには行く事が不可能だったため。

あらかじめ電話で確認を取り、出頭の日を変更してもらいました。

『スピード違反の場合、罰金は最高で10万円になります。即日納付してもらいますので予めご用意しておいて下さい。』

などと聞いてもいない事まで教えてくれました。

いざ出頭!
a0255081_23413962.jpg

張り切って朝一番に乗り込む。

ちなみに受付には罰金の取り逃しが無いようにか、ご丁寧にも。
a0255081_235899.jpg

各金融機関までの道のりを書いた地図まで用意されています。

さすがにサラ金まで載ってませんでしたが…。

栄光の呼出番号1番。
a0255081_23421415.jpg


で全体の流れはこんな感じ。
a0255081_2343988.jpg

あっちいったりこっちいったりです。

こちらの部屋で。
a0255081_2345528.jpg

再度取り調べ。

って言っても犯した違反に間違えは無いかどうかの再確認だけですね。

この後の、検察官取り調べでも同じ感じです。

この期に及んで、ぐだぐだとあがいてもしょうがないので。

さっさと僕は素直に認め。

その代わり。

少しでも罰金が安くなるように。

前日の夜から考えていた。

『なぜ僕はスピードを出してしまったのか物語』

でっち上げのお涙ちょうだいストーリーを延々と披露してみた。

すまん…親父よ。

ま、ほとんど聞いてなかったと思うけど。

ここまで来たからには1円でも安く済ませたい。

そんなんが効いたかどうかは解りませんが。

判決の結果はこれ。
a0255081_04362.jpg

『主文』とか『被告人』の文字が何だか頭にくるが。

大型オートバイの速度違反の罰金の中では最低金額で済みました。

32キロオーバーだし予想通りの金額ではあったのですが、5万円もあればあんな物も買えたしあんな気持ちいい事も…。

やっぱりくやしい。

願わくばこの5万円が、きちんと交通安全の為に正当に使われますように…。

窓口の無愛想なネーチャン(罰金とはいえお金を払うんだからもっと愛想良く出来ないのかな?もっとも、またお越し下さいね、なんて言われても困るが、それにしてもなぁ)に支払いを済ませ。

ようやく。
a0255081_0162773.jpg

免許証が手元に返ってきました。

次は免停講習だな…。



a0255081_0245162.jpg

著者 金原 猛
文春文庫

社会がどう変わろうとも闇金業者はなくならない。年利2000%の金利で借りた客が返せないとどうなるか。男なら海岸に埋められてスイカ割りの恐怖におののき、マグロ漁船行きや腎臓売買へ。主婦は公園でマワされたり、風俗へ堕とされたり、AV女優へ。ウソのようなホントの話を元闇金業者がリアルに語る、仁義なき闇金裏物語。
[PR]
by trophy1959 | 2012-09-26 02:08 | book | Comments(0)
レッツゴー!東京
そんな訳で、20年ぶりの再会にドキドキしながら。

あやしい雲行きに迷ったものの。

電車という乗り物は少々苦手なもんで。

万全を期してトラに荷物を詰め込む。
a0255081_2153875.jpg

土曜の夕暮れ。

茨城県は古河シティーに向かい4号線を北上する。

折しも交通安全週間が始まったばかり。

さぞかし交通課の方々も気合いが入っている事と思い、安全運転に徹する。

しかし、週末の4号線をなめてはいけません。

ズラーッと車のテールランプが列をなしニッチもサッチもいかない状況。

環七を超えれば…外環を超えれば…きっと…。

そんな思いもむなしく、永遠と続く赤いテールランプに。

業を煮やした僕は、結局いつも通りの運転に。

いつ現れるかわからないお巡りさんや。

駐車場や道路の警備員さんの姿にドキッとしながらも。

やってまいりましたCAFE UP'S

今夜は20年ぶりのシマさんとの再会と。

そのシマさんがvoとして活躍している。
a0255081_2129686.jpg

the セキサンズのライブにも行ってきたのです。

CAFE UP'Sの前でトラを止めると。

『はははー久しぶりだねー。』

と、あの頃と全く変わらない人懐っこい笑顔でシマさん登場。

何だか20年の月日も一気に吹っ飛び。

やっぱり最高にカッコいいシマさんでした。

シマさんガレージにトラを移動し。

CAFE UP'Sまで2人で歩きながら互いの20年を話す。



今夜はツアーの最終日。

大勢の観客で賑わう中、ライブが始まる。
a0255081_21445443.jpg

まさに It's a show time!
a0255081_2146662.jpg

たくさんの笑い声や。
a0255081_2147680.jpg

たくさんのヤジの応酬など。
a0255081_21474499.jpg

まさに観客と一体にになったライブに。
a0255081_2149386.jpg

心も体もノリノリです。
a0255081_21504588.jpg

↑名曲『テレホン』のひとコマ。サイコー。
a0255081_21523763.jpg

素晴らしい演奏と、自らの体験や男の欲望をストレートに表現した歌詞と、それを会場一体になって盛り上げる観客と、ほんとに楽しいライブでした。

ライブが終わっても。
a0255081_21592227.jpg

ジャムセッッションでまた盛り上がり。

古河シティーの夜は永遠と続く。


シマさん家にお泊まりさせていただき。

翌朝、こんな大人のおもちゃをわいわい見せてもらい。
a0255081_2234738.jpg


去り難い思いを抱きつつ、東京に向かってアクセルを捻る。

シマさんありがとうございました。

また遊びにいきます!



帰り道けっこう降られましたが、心地よい思いが全身を包みこみ。

快調に飛ばす。
a0255081_2212052.jpg




THEセキサンズ」北関東中心に活動するガレージブルースバンド。
さすが映像の仕事をしているだけあってpvもめちゃくちゃかっこいいです。
[PR]
by trophy1959 | 2012-09-24 02:08 | music | Comments(2)
tumbling dice
鉄板を張らずにこのままで良いかなって思っていた作業台。

いやいやせっかくなんで。

行ってきました。
a0255081_23475623.jpg

superの文字が頭に付くここには。

シャーリングが設置されており。

鉄板を指定したサイズにカットしてくれるのです。

前日しっかり計測した紙を片手に。

三郷までドライブと洒落込む。

そー言えばこのビバホームに隣接する映画館に。

あのドスケベさんが寝泊まりしている事を思い出し。

覗いてみると。

いたいた。

ピョンヤン帰りのドスケベさんを駆り出し。

鉄板その他金物をお買い物。

そのまま我が家まで引っぱり込んで。

作業開始。
a0255081_23555815.jpg

飛び散る火花。
a0255081_2356409.jpg

男らしさ全開。
a0255081_2357726.jpg

『俺の分の鉄板もついでに買ってこい!』

最初はいらないっていっていたジェリーロール氏も。

やっぱり欲しくなったらしく…。

ジェリー氏の鉄板も一緒に買って来たついでに。

作業を手伝ってもらいました。
a0255081_05243.jpg


1.6mmの鉄板を折り曲げるのは。

かなり骨が折れる作業で。

さすがのドスケベさんも。

ハンマーを握る手が限界に達し。

『今夜はもうポコチン握れねーよ!』

と絶叫しておりました。

モーターが焼き切れんばかりにホールソーで穴をあけ。

万力もしっかりと装着。
a0255081_083160.jpg

本格的に工具を引っ掛ける壁掛けの部分も取り付け。

完成しました。
a0255081_0103679.jpg


ありがとうございました!

さらにドスケベさんからは。

引っ越し祝いと称して。
a0255081_0145733.jpg

こんなにたくさんの。

タップとダイスとハンドルを頂いてしまいました。

ありがとうございます。

遠慮なく、そして大切に使わせてもらいます。

そしていつでも好きにこのガレージを使って下さい!


明日は茨城の古河に行ってきます。

20年ぶりくらいになるでしょうか?

まだ皮も剥けきっていないガキンチョだった僕に。

オートバイや音楽や女の子などなど。

たくさんの事を教えてくれた。

先輩との再会です。

あの人懐っこい笑顔に。

きっとまたやられてしまうんだろうな…。

今から明日の夜が楽しみでなりません。




the rolling stones
a0255081_0304610.jpg

何も言う事なし。
[PR]
by trophy1959 | 2012-09-22 02:08 | music | Comments(0)
黄金時代
執行待ちという中途半端な身分になりました。

指定された日に。

裁判所で刑が確定するまでは。

運転ができるようで。

赤い紙切れが今のところ僕の運転免許代わり。

もちろん法定速度を超えて運転をした僕が悪いのは。

十分すぎる程理解しておりますが。

スピードが出やすいポイントで。

物陰からこっそりとレーダーで取り締まるというような。

卑怯極まりない取り締まりをする行為はいかがなもんかな?

スピードの出し過ぎが事故につながるというのなら。

物陰に潜んでいるよりも、路肩に白バイを止めて睨みをきかせていれば。

誰も法定速度を大きく超えるスピードでは走らないでしょう。

そもそも都内は信号も多くて、スピードが出やすいポイントを各管内で区切れば、そんなに沢山ないのですから。

所詮はノルマの為の取り締まり。

事故が起きようが起きまいが彼らには関係ないのです。

それよりも彼らにはノルマの方が大切なのです。

『ネズミ捕り等で集められた反則金は一旦国庫に入りますが、後に「交通安全対策特別交付金」という怪しげな名前に姿を変え、各都道府県にキックバックされます。
そのキックバックされた金を使い、信号機やガードレール等が発注されるわけですが、その発注先が「警察OBの天下り先である特定企業」になってるわけです。』

もう世の中のドライバーはみんな知っている事ですからね。

いい加減隠れてコソコソや待ち伏せなど止めれば良いのに。

ま、白バイ隊員も公園でポコチンを出して喜んでいるくらいですから。

ずっと変わらないんだろうな。

何はともあれ、十分反省せねばなりませんし。

『カモ』られた己の所業を恥じなければなりません。



都内某所に放置されていたドスケベさんのコレ。
a0255081_2385245.jpg


コッソリと持ち帰り、ジェリロール氏に献上する。
a0255081_2311115.jpg

何やらやっております。

どうも日頃の行いが悪かったらしく。

ミッションにトラブルが…。

時折激しくゲリラ雷雨が襲う中。

『貴様も手伝え!』

と、貴重な休みの朝に連絡が。

カッパを着込み、愛車ズーマーにまたがる。

きっちりと法定速度の30キロ/時をキープし。

2段階右折もスムースにこなしジェリーロール氏のガレージに行く。

a0255081_23164141.jpg

知恵の輪のようにアレコレし、ミッションケースを載せる。

具を詰め込み。

a0255081_23181942.jpg

クラッチも取り付けてしまおう。

文章にするとあっという間だが…。

気がついたら。

こんな人や。
a0255081_23205547.jpg

あんな人や。
a0255081_23212877.jpg

大きい人や。
a0255081_23213493.jpg

ニヒルな人まで。
a0255081_2322304.jpg

参戦?観戦?してくれてました。

出来たのか出来なかったのか。

よく解りませんが。

何かとりあえず元の形に戻ったので。

わらわらと帰路につく。


結局翌日。

再びバラしましたが…。

結局翌々日。

またまたバラしたようですが…。


そして貧乏くさかった。

僕のガレージ。
a0255081_2328361.jpg

油対策の段ボールが悲しすぎるので。

こんなものを敷いてみた。
a0255081_23301646.jpg


そこへ。

紆余曲折を経て。

ようやく。

『ナイフでバターを切るような。』

素晴らしいミッションを搭載した。

ジェリーロール氏の62年トロフィーがやってきた。
a0255081_23323741.jpg

僕も試乗させてもらいました。

トラに良くありがちな。

1速に入れる時の。

ギーっていう異音や跳ね返されるような踏み応えも一切無い。

スコンスコンと小気味よく入るミッションに。

ついついアクセルを捻る右手にも力が入る。

いかんいかん。

と、思いつつも。

右手が戻りません。

トラってやっぱり気持ちいい!

で、せっかくなんで記念撮影。
a0255081_2340233.jpg

手前から59年、60年、62年。
a0255081_23412112.jpg

トライアンフの黄金時代といってもいい。
a0255081_2342198.jpg

50年代末〜60年代前半の。
a0255081_23424922.jpg

トロフィーが集合。

しばしうっとりしてしまう。

目指すはこの光景か!





a0255081_23483692.jpg

著者 椎名 誠
文藝春秋

シーナマコトの私小説。
おれがはじめて人を殴ったのは中学三年の春。そしておれの人生の進むべき方向の何かが少し変った―。喧嘩。青春の輝きと苦悩が弾けとぶ瞬間!恋が、友情が、男としての自我が芽生える季節、“おれ”の中学から大学までのさわやかで、ぎらぎら熱くて痛い黄金の日々を、清冽に描ききった青春文学の傑作。
[PR]
by trophy1959 | 2012-09-17 02:08 | book | Comments(2)
i hate cops
あらかた荷物も片付き。

ガレージの方もひとまず形になったので。

以前より懸案であった。

60年トロフィーのフロントネックのベアリング交換に着手してみることにした。

だいぶ前にベアリングはトラヴィス•サイクルズさんより入手してたのですが。

どうも頭の中で。

作業工程を描いてみると。

なかなかメンドウで。

ついつい、ほったらかしにしてしまっていました。

やるぞ!って思った時がチャンス。

まずは。
a0255081_2315585.jpg


なるべく部品を外さずにヤル!
a0255081_23133552.jpg


マグロ作戦。
a0255081_23165927.jpg


どうも手順がちがうような気もするが、黙々と進める。

現状問題は無いのですが、配線も引き直したいという欲求に駆られてしまう。
a0255081_23175565.jpg


やっぱりタンクを外さなくては。
a0255081_23211353.jpg


ちょっとやり難い。
a0255081_2323813.jpg

最初から外していた方がもっとスムースでしたね。


心配してた程スタンチオンの固着も無く。
a0255081_23252896.jpg

適度な手応えで抜く事が出来たのはよかった。

何も無くなると、カクッカクッカクッと左右に動くのがよく解ります。

ジャッキを買わねばいけませんね。キケン。
a0255081_23271276.jpg

フロントフォークもガタが無かったと思われたので。

実際フォークの動きにはツーリングの時も不満は無かったので。

バラしたい気持ちをグッと押さえ、このまま組み付けることにしよう。

で、三つ又からはずしたベアリングレース。
a0255081_23415414.jpg

写真では解り辛いですが、レースはかなりひどい状態。


翌日。

はりきってテーパーローラーにアップグレード。
a0255081_23453349.jpg


上下にセットしたベアリングに。

コレでもかっていうくらいグリースを押し込み。

ささっと組み付けて試乗にいこう。
a0255081_235232.jpg


そんなはやる気持ちを押さえつつ。
a0255081_23531254.jpg


慎重に。
a0255081_23541619.jpg

組んでいきます。

せっかくなんで、バルブクリアランスもチェック。
a0255081_23555271.jpg


完成。
a0255081_23563859.jpg


なんだかエンブレムのモールが変ですが…。

とにかく作業台と工具がすぐ手に取れるところにあるのは、やはり非常に素晴らしい事であると改めて実感する。

すべての作業がスムースに進行します。



そしてグッドハンドリングに生まれ変わった。

60年トロフィーの試乗。

その差が歴然ですね。

車体整備の重要性を再確認。

しかしすばらしい!

乗りやすさが倍増。

エンジンのフケも心なしか10パーセントアップした気分。

当然。

アクセルを捻る右手にも力が入る。



結果…。


a0255081_073236.jpg


どーすんのコレ?

8月31日23時03分。

この夏、最後のおもひでが。

通称『赤キップ』。

と呼ばれるものとなりました。



authorities
77年〜raw/rea punk いわゆるB級パンクのオムニバスシリーズ『killed by death』より。
このオーソリティーズやガソリン、ドッグス、マッドなど、マニア垂涎の音源がこうしてシリーズ化されたオムニバスで発売されるとは!当時ドキドキしながらレコードの針を落としたもんです。
a0255081_0343548.jpg

a0255081_0344925.jpg

[PR]
by trophy1959 | 2012-09-14 00:17 | music | Comments(2)
cold sweat
1ヶ月もインターネットの世界から遠ざかっていると。

世の中ではいろんな事が起きているようで。

コレにはほんとびっくりした!

ーTRUE CLASSICー

ちょいと遅くなってしまったが。

おめでとう!
a0255081_2124753.jpg

彼のブログと彼のトラを見ていただければわかりますが。

その技術とセンスは素晴らしいです!
a0255081_21283741.jpg

頑張って下さい!


ダイ君におおいなる刺激を受け。

僕ももっともっと真面目に。

オートバイと向かい合わなくてはいけません。

で、みんなで作ってくれた作業台に。

色を塗る。
a0255081_21352324.jpg

どんな色にするかさんざん迷った末。
a0255081_2136486.jpg

足や横板は。

大好きなペパーミントグリーンと洒落てみた。

そして。

憧れの壁掛け工具の面は。

さんざん迷ったあげく。

工具も目立ちペパーミントとも合いそうな。

カントリーブルーをチョイス。
a0255081_2140282.jpg

塗料が乾く時間も待ち遠しく。

さっそく工具を引っ掛けてみる。
a0255081_21425129.jpg

やれる男のガレージへと。
a0255081_21433457.jpg

進化した。



引き出しの中から。

引っ掛け忘れた。

コンビネーションスパナが1本出て来て。

愕然となりました…。


あとは作業面に鉄板を張りつけ。

万力をセットすれば完成ですが。

それはまた後日ですね。



ガレージ作りもひと段落したところで。

ひょんなとこから舞い込んで来た。

新しい相棒を引き取りにいく。

下見に行った際、不動だったため。

ジェリーロール氏を助手席に無理矢理座らせ。

車で取りにいって来た。

『つーかこの車に積めんのかよ!』

と尤もな疑問を投げかけるジェリーロル氏を。

『大丈夫っすよ。』

と、さらりとかわし。

三軒茶屋までドライブ。


キーと書類を受け取り。

車に乗せます。

積めません…。

ミラーを外せば何とかなるのでは。

積めません…。

ハンドルも外してしまえ!

積めません…。

結局。

横倒しという最も野蛮な最終手段で。

事なきを得る。

帰り道。

エアコンをかけるため閉め切った車内に。

ガソリン臭が充満する。

ぱかぱかタバコを吸っているジェリーロール氏!

冷たい汗が一気に吹き出る。

生命の危機を感じた瞬間でした。



命からがらハンドルを握り、所用の為。

いつもの秋葉原に立ち寄ると。

これまたいつもの面々が相変わらずたむろっていました。

新しい相棒の状況を伝えると。

ズルッと車から引っ張りだし。

もの凄い勢いでバラし始めたこの2人。
a0255081_22141222.jpg

なんだか、英国車や独逸車をいじるより。
a0255081_22152174.jpg

楽しそうに。
a0255081_2216183.jpg

いじっているのは気のせいか?



ジャンク品はお手の物と。

U原君とエノーン。

無事にエンジンも始動!

いそいそとコンビニで自賠責に加入し。

家まで僕は車で。

新しい相棒は。

ジェリーロール氏がシェイクダウンを兼ね、家まで乗ってくれました。
a0255081_22272560.jpg

とっても正しい乗車姿勢。
a0255081_22275848.jpg


新しく仲間入りしました。
a0255081_22445768.jpg

長物の鉄棒や真鍮棒も便利に運べますね。



batmobile
オランダ出身のサイコビリーバンド。80年代より活動をしていてネオロカビリーブームと相まって日本でも非常に人気の高いバンドですね。
a0255081_225069.jpg

[PR]
by trophy1959 | 2012-09-10 22:07 | music | Comments(0)
summer breeze
ひと月あまりも放置してしまいました。

死んだ訳ではありません。

引っ越し先の住居にインターネットの設備がなく。

ネットの世界からつまみだされていたもので。

なかなか決まらない工事日程に爆発しそうになりましたが、本日ようやく回線が開通。

設定に非常に手間取り、何度もパソコンをたたき壊そうになるも。

ジェリーロルさんの愛妻ヨーコさんに来ていただき、サクサクっとやってもらいました。

貴重な休日にありがとうございました。

また、更新されないこのブログに日々アクセスして下さいました方々。

ありがとうございます。

なんとか続けられるよう頑張ってみます。


地元のお祭りの準備と引っ越しに明け暮れた今年の夏。

そんなある日。

夜な夜なやってきた怪しい人たち。
a0255081_2055538.jpg

怪しすぎる…。

これもまた粋なアングル。
a0255081_20615.jpg


この方も登場。
a0255081_2083048.jpg


実は我がガレージの作業台の製作の為に。

お忙しい中、打ち合わせにきてくれたのです。

『ぼくに任せて下さい!』

と頼もしいU原君。

激しい雨の為、帰郷を断念したエノーンを無理矢理さそい。

『ついでに俺様のも作れ!』

とジェリロール氏。

早速、計測と簡単な設計図と必要な物をわいわいと書き出し。

大工道具をトリニティースクールに取りにいく。
a0255081_20155329.jpg


下準備も終え、翌日。

『夕方までには出来てますから!』

と豪語するU原君とエノーンにすべてを託し。

エンドレスな職場へ向かう僕。



仕事を適当に切り上げ、夕方と呼ぶにはちょいと早い時間に。

期待に胸を躍らせ帰ってくると…。
a0255081_202250100.jpg

思った以上に進んでおります!

のっぽさんにコーノに期待の新鋭オーナカくんまで。

みんなありがとう。
a0255081_2025499.jpg

汗だくになりながら。
a0255081_20252125.jpg

だんだん。
a0255081_20261449.jpg

形になってきました。
a0255081_20264654.jpg


そして完成したジェリーロール氏の作業台をテーブル代わりに。

ピザを食す。
a0255081_2028755.jpg

ガタがありません。
a0255081_20304553.jpg

ピザを高所より記念撮影。
a0255081_20305455.jpg


すっかり夜も更けてしまいましたが。

隅田川より吹きよせる。

盛夏とは思えない涼風に。

作業台も。

飲み屋のテーブルへと早変わり。
a0255081_2035068.jpg

何だかすっかりなじんでいる二人。
a0255081_20364923.jpg


みなさん、ほんとうにありがとうございました。



the isley brothers
1950年代にボーカルグループとして活動を始め、60年代にはまだ無名だったジミヘンドリクスも参加してますね。60年代後半から6人編成となりファンク色が強まっていきます。サンプリングやカバーに、現代のアーティストにも多く影響を与え続けているので、聞いた事がある方はたくさんいると思います。
a0255081_20483075.jpg

[PR]
by trophy1959 | 2012-09-10 02:02 | music | Comments(4)
  

現実逃避
by とろきち
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
検索
最新の記事
love your money
at 2017-02-24 21:28
むこうぶち
at 2016-12-10 23:15
日曜日よりの使者
at 2016-11-21 23:54
rama lama ding..
at 2016-11-18 23:01
ball and chain
at 2016-08-09 23:11
come on and ride
at 2016-07-27 21:33
fall in love
at 2016-07-10 01:32
something new
at 2016-07-06 22:15
banned from th..
at 2016-06-28 00:36
superfly
at 2016-03-22 21:12
最新のコメント
ラレ子さんへ。 私も次..
by trophy1959 at 22:56
毎年ながらこの場に来ます..
by ラレ子 at 21:53
修理代をwaonで払えば..
by trophy1959 at 21:37
AEONの原因がわかりま..
by とんなつぷ at 12:19
ヒロさんへ。 こちらこ..
by trophy1959 at 20:51
手厚くありがとうございま..
by ヒロ at 15:10
時間ギリギリになってしま..
by trophy1959 at 22:13
お二人さん、来てくれてあ..
by triumph1967tr6 at 23:24
トラ吉さんへ。 毎度毎..
by trophy1959 at 19:23
久しぶりにお会いできてう..
by トラ吉 at 16:56
ブログジャンル
自転車・バイク
画像一覧