<   2012年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧
栄光なき凱旋
11月最後の週末を飾るのは。

『レジェンド オブ クラシック』の最終戦です。

金曜日の昼頃、U原君から連絡が。

『明日、フリー走行の予約が取れたのでちょっと走ってきます!』

お!数日前にはまさかの敵前逃亡も企てていたのに、さすがキメルときにはしっかりと決めるU原君。

でもって土曜日。

僕は行けなかったので、サポートのNOTさんのFBで近況を確認。

のんきにカレー食ってるし何だかいいんじゃないのこれ?

なんて思いながら、夕方秋葉原へ。

すると…。

こんな光景が。
a0255081_23244823.jpg

どうやらベルトドライブに問題が発生したらしく…。

筑波まで行ったのですが、走行はできなかったようで。

果たして間に合うのか!

必死に作業をするU原君をほったらかしにし。

僕らは。
a0255081_23282112.jpg

熊本から応援に来て下さった栗崎氏率いるトラヴィス•サイクルズ軍団といつもトリニティにたむろしている面々と。
a0255081_2332476.jpg

前夜祭と洒落込む。


ビールやワインでピッツアを流し込み、さんざん騒ぎまくってからトリニティ戻ると。


まだ。
a0255081_2334992.jpg

作業中…。

僕はただ祈るしかありません。
a0255081_2336719.jpg

夜は更けていく…。


何とかワイヤリングなど細かい作業も終了し。


自宅が遠いドスケベさんを我が家にお泊まりさせる。
a0255081_23391893.jpg

翌日は4時半起き。

早く寝ねばと思いながらも、なぜか夜中の1時半に『ガソリンをくれ!』とジェリロール氏が来襲。


必死の思いで布団から這い出し。
a0255081_23442794.jpg

筑波サーキットに向かい出発です。


無事に車検もパスし。
a0255081_23455338.jpg

予選を待ちます。
a0255081_23465272.jpg

各部点検をし、出陣前の記念撮影。
a0255081_23481014.jpg

みんなの満面の笑顔がまぶしすぎます。


おなじみの戦闘服を身に纏い。
a0255081_2350546.jpg

がんばれU原君!
a0255081_23505714.jpg

予選開始。
a0255081_23531628.jpg




結果は…残念ながらトラブルの為にタイムアタックが出来ずに予選終了。


なんのまだまだ決勝があるさ!


妙に似合うコーノの炊き出しで昼飯を食す。
a0255081_23554898.jpg

ホームレスではありません。



決勝までの間に。
a0255081_23572065.jpg

トラブルの原因と。
a0255081_23574113.jpg

対処法を。
a0255081_23583596.jpg

なんとか探り出そうとしています。



そうこうしているうちに決勝の時間がせまってきました。



決勝はダンロップコーナーで観戦。
a0255081_021095.jpg

あ、ヤマPさんETCありがとうございました。


いよいよスタート。
の前にウォーミングラップです。
おっと?いない…。
ん、どうもエンジンがかからずに。
ピットスタートになってしまったようです。


そして本当のスタート!
ピットロードを飛び出し最後尾から猛烈に追いかけるU原君。


が、2周目に赤旗レース中断。


どうなるの?って思っていたら。
再度2周のウォーミングラップの後、グリッドからもう一度スタートをやり直すとのアナウンスが。
ってことは、U原君チャンスじゃん。



今度はきちんとグリッドからのスタートです。
第1コーナーを回ってU原君の姿を確認…。
ロケットスタートが成功したのか4つ順位を上げています。
a0255081_016167.jpg

なんか良さそげな感じ。
a0255081_0171341.jpg

a0255081_0173967.jpg




そして…。



結果は。


a0255081_018253.jpg



今度はミッションにトラブルが…。

残念ながらリタイアとなってしまいましたが。

限られた時間の中で、必死に闘うU原君に拍手です!

近い将来きっと栄光をつかんでくれると信じて。

a0255081_0265478.jpg

僕たちはU原君を応援し続けます。


眠気が絶え間なく襲う常磐道をノロノロ進み。

秋葉原へ凱旋です。

そして打ち上げ。
a0255081_0362217.jpg

来シーズンへの抱負を語るU原君。
a0255081_0363873.jpg

お疲れさまでした!

楽しい時間をありがとう。

今回はちょっと残念でしたが来シーズンこそきっとヤッてくれるはずです。

しばらくはゆっくり休んで下さい。



a0255081_0383986.jpg

著者 真保 裕一
文春文庫

日本軍の真珠湾攻撃で苦境に立たされた日系人を描いた本。
山崎豊子の『二つの祖国』も素晴らしい本でしたが、本書も勝るとも劣らず上中下の大長編ですが、あっという間に読み切ってしまいます。
[PR]
by trophy1959 | 2012-11-28 02:08 | book | Comments(4)
hello sunday hello road
やってきました。

第3週目の日曜日。

この週末は『第15回トリニティツーリング』です。

土日と1泊での西伊豆ツーリングですが、残念ながら雑事に追われ土曜日はどうしても行く事が出来ず、やむを得ず日曜日の早朝に東京を出て皆が宿泊している『海光苑』まで行き合流するという、ちょっとハードなプランとなってしまった。

同行するはずのU原君。

金曜日に連絡があり、『す、す、すみません。やっぱ自分無理っす…。』ってことで往路は孤独な1人旅に。

彼のおかれている状況は十分理解しているので、きっとそうなるだろうと予想もしていたのでアレですが、電話でしゃべっている内容が支離滅裂でほぼ理解不能。
肉体的にも精神的にも相当追い込まれているらしく、自我が崩壊寸前のU原君が心配でなりません。
いつもさんざんお世話になっておきながら、なにも助ける事ができず申し訳ない…。
U原君の分まで西伊豆を堪能してくるよ!

今回は59年で行こう。

好調は先日の佐野のキャンプで実証済みなので、各部を点検しただけで前日の準備は完了。
a0255081_2123293.jpg

心配した雨も21時過ぎには止んだし、ルートの確認に時間を費やす。

この大雨のなか伊豆路を走ったトリニティー軍団も全員ノントラブルで到着したとの確認も取れ、僕の出発時間を検討する。

どう考えても家から4時間はかかるとして、宿を9時に出る予定という事は…僕は5時出発か!

寝る。

4時30分に目覚ましが鳴るも…気がついたら5時30分…。
早く出ねば、と思いながらも寒くて布団から出れません。
ずるずるしてしまい結局出発は6時を回ってしまった。

五反田から中原街道、環八を右折して第3京浜〜横浜新道。
先週もここを走ったな…と思いながら、同じルートで箱根峠を越えノンストップで三島まで一気に下る。
ようやく大仁でトイレ&朝食休憩。
我ながら快調に飛ばしてきたのだが、時計はもう8時30分。
いそいで食べて出発。
136号で土肥までぬけ海沿いを走り岩地温泉の『海光苑』まで行くつもりでしたが、いつもの習性か思わず右折して18号線に入ってしまった。
結局だるま山高原をこえ戸田峠〜船原峠〜土肥と濡れた路面に落ち葉が堆積するコースを滑るように走る。
海に出たところで既に9時半。
松崎まであと30キロ程か。
運が良ければどこかですれ違うだろうし、もしすれ違わなければこのままグルッと伊豆を1周して帰るかっと思い、とにかく『海光苑』目指しアクセルを捻り続ける。
海沿いの136号を快調に飛ばし、時折すれ違うオートバイに目を向けるもトリニティ軍団ではない。
堂ヶ島公園を超え後もう少しで岩地温泉。
目印のガソリンスタンドを右折したところで…ちょうどトリニティ軍団と見事に合流。
ここまで210キロ。ほぼ4時間。
a0255081_21583147.jpg

ようやく写真が撮れました。

さてここからすぐさま折り返しとなります。

根田隊長率いるトリニティ軍団のツーリング。
その隊長の走りっぷりはこちらからどうぞ。
濡れた路面も落ち葉も全く気にしないでぐんぐん飛ばしていく隊長。
路無き路をぐんぐん飛ばしていく隊長。
どこをどう走っているのか全く解りません。
伊豆のすべてを知り尽くしている隊長。
a0255081_2245462.jpg

ようやく知ってるところにでて一安心。
a0255081_2261192.jpg

昨日とは打って変わって素晴らしい日曜日。
やはり日頃の行いが良いのだと我ながら思う。
あ、日頃の行いが悪い人はこちら

さらに仁科峠から湯ヶ島に抜けたまでは解るのだが、根田ルートはツーリングマップルにも載ってませんな。
でも車もほとんど走っておらず、快適に飛ばす事が出来なんだかとっても楽しいぞ。
a0255081_2218426.jpg

ここはどこだ?
a0255081_2219836.jpg

紅葉を見ながらトイレ休憩。
a0255081_22202199.jpg

一時あやしい雲が出るも降られる事はなく再出発。。

そして気がついたら。
a0255081_22224617.jpg

十国峠ドライブインに到着。
a0255081_22251659.jpg

各車好調です。
a0255081_22231958.jpg

ここで別ルートでやってくるトリニティハーレークラスの方たちを待つ。
a0255081_22273366.jpg

根田隊長、今日はトロフィーです。

a0255081_22284450.jpg

ハーレークラスも無事に到着。
a0255081_22295760.jpg

みどり安全S氏のBSAにイラク田中氏のトロフィー。
a0255081_22321716.jpg

おおドミネーター!
a0255081_2232825.jpg

のんびりと休憩をし、ここで流れ解散となりました。

皆様おつかれさまでした。

1台のトラブルも無く快適なツーリングとなりました。
さすがトリニティスクールですね!

NOTさんのBSAとともに、いつものように箱根新道〜西湘バイパス〜横浜新道をへて家路へとつきました。

今日もけっこう走ったな。
420キロ。

そして絶好調!
超が付いてしまうくらいの絶好調ぶり。
完璧に仕上がってしまった僕の2台のトロフィー。
まだまだ走り足りないと思ってしまう程、最高の状態です。

帰宅後は。
車体の清掃とオイル交換を。
a0255081_22415099.jpg

オイルタンクの中もウエスできれいに拭き取ります。
a0255081_22524244.jpg

これで明日にでもツーリングに出かけられますね。



gil scott heron
a0255081_22523169.jpg

詩人。やはりブライアンジャクソンと一緒にやってたころにどうしてもかたよってしまいがちですが、2年前にだした13年ぶりのニューアルバム『Im new hear』もぼくは好きです。
[PR]
by trophy1959 | 2012-11-21 02:08 | music | Comments(5)
fujiyama mama
晩秋の西伊豆に降りしきる雨音をBGMに。

ようやくアイダさんの与太話から解放された我々も床に付く。

夜のうちに雨雲よ去っていけ。

皆の願いが通じたのか、僕の日頃の行いが良いせいか。

朝目が覚めると。
a0255081_21422487.jpg

夫婦岩の間から富士山もはっきりと見える程の快晴。

富士山が眺望出来る最南端であるこの地より見る富士はまた格別です。
a0255081_2147033.jpg

すっかりハイテンションな僕。

みんなしてゾロゾロと富士山を眺め、帰りの安全を願う。
a0255081_2154195.jpg

親と子。
      
ではありません。念のため。髪型が似てるだけです。

こちらは本当の。
a0255081_21545423.jpg

兄者に。
a0255081_21551065.jpg

弟君。


昔ながらの風情を色濃く残す日本の温泉宿の風景。
a0255081_21582912.jpg

たたずむトラ達。
a0255081_220481.jpg

a0255081_220965.jpg

そろそろ出発の時間です。
a0255081_221415.jpg

月曜の温泉街に排気音が轟きます。
a0255081_222015.jpg

a0255081_2221728.jpg

a0255081_2224384.jpg
a0255081_2222985.jpg

a0255081_2225484.jpg

↑来年は絶対にトラかもしくはツインゴールドで来て下さいね!


『浜道楽』さん今年も大変お世話になりました。

『道中お腹がすいたら食べて下さい』と頂いたおむすび、とっても美味しかったです。

ひとまず堂ヶ島公園にむけ出発。

山を越え、再び海に出ればすぐに堂ヶ島公園。
a0255081_2282966.jpg

恒例の記念撮影を毎年ここで。
a0255081_2293584.jpg

60年トロフィーズにWADA氏と愛車のファーストボニー。
a0255081_2210552.jpg

そして兄者の頭上にはやはりあやしい雲が…。


記念撮影を終え、いつもなら宇久須を右に折れ、仁科峠〜船原峠〜戸田峠〜だるま山へと向かうのですが、昨日の大雨で山の上の状況が解らないので、ちょっとだけ変更。
136号線で土肥まで行き船原峠〜戸田峠〜だるま山へと。

快調に飛ばしながら、時折顔を見せる富士山をながめつつ峠道へ。

案の定北斜面は大分濡れており、落ち葉も所々堆積していてちょっと腰が引けてしまう僕。

更には、戸田峠に近づくにつれ濃くなっていく霧が視界を妨げる。

視界は10メートルがやっと見える程でしょうか?

そんな濃霧の中から、急に対向車線に浮かび上がってきたトラックにはちょっと驚いた。

命からがらだるま山高原に到着。
a0255081_22324771.jpg

少し下ったので霧もすっかり無くなりました。
a0255081_22385245.jpg

a0255081_22381679.jpg

ここでは駿河湾越しに絶景が楽しめます。
a0255081_22403090.jpg

素晴らしい眺望です。
a0255081_2241439.jpg

イケメンズとフジ。

だるま山から修善寺に抜け再び136号。大仁から19号線で亀石峠。そして伊豆スカイラインへと。

大仁では岡山軍団とお別れです。

イーストバレーブラザーズさん、WADAさん、ハセガワさんお疲れさまでした。
来年もまた!!
ここからまだまだ長い旅路ですが、気をつけてお帰りください。

全国津々浦々良い道があると聞けば何処へでもツーリングに出かける岡山軍団。とてもフットワークが軽く、とても人生をエンジョイしている方々で、とても羨ましい限りです。
バイクでキャンプに行き愛犬とともにカヌーに乗るなんて!あー羨ましすぎる!

我々関東勢は各車好調のまま亀石峠に到着。

岡山軍団は、沼津手前で何やら…合掌…。

伊豆スカイライン亀石峠ドライブインで軽く休憩。
おにぎりをありがたく頂きました。
a0255081_22584846.jpg

ここまで来ると。
a0255081_2259118.jpg

もうツーリングも。
a0255081_22593566.jpg

終わってしまう。
a0255081_2301921.jpg

そんな気になり。
a0255081_231644.jpg

寂しいです。

伊豆スカイラインを快調に吹っ飛ばし、熱海峠〜十国峠〜箱根峠〜箱根新道〜西湘バイパスを経てノンストップで横浜新道戸塚料金所手前のPAまで。
a0255081_2393245.jpg

ここで解散となります。

幹事の熊プーさんをはじめ、みなさんお世話になりました。
各車トラブルも一切無く、楽しいツーリングになりました。
また来年も宜しくお願いします!

ここからはユーヤ君と2台で第3京浜をカッ飛んで。
a0255081_23132458.jpg

聖地へと。

浅場さんにツーリングの報告を。

もうすぐこの風景も見れなくなってしまいます…。

そして無事帰宅。
a0255081_23234331.jpg

何か足りん…。

ぽろり。


ではなく。


ぽきり。


期待させてすみません。
a0255081_2326467.jpg

どうも第3京浜で張り切りすぎたらしく…。

今日が月曜日である事を思い出し、あの男に連絡を。
a0255081_23284186.jpg

月曜定休のエノーン。
a0255081_23295495.jpg

熟練の溶接テクであっという間に修理してもらいました。
エノーンありがとう!

無事帰宅なにより。



pearl harbor
a0255081_23385084.jpg

海賊版的なオムニバスより…。
[PR]
by trophy1959 | 2012-11-16 02:08 | music | Comments(2)
箱根の坂
またもや出発前日だというのに。
a0255081_19425234.jpg

これでは箱根の坂が登れまい。
a0255081_19432299.jpg

がさがさ家捜しをしたら新品発見!
a0255081_1943454.jpg

いかん、予備がないのである。
a0255081_19453623.jpg

急に思い出し。
a0255081_19461255.jpg

フレキシブルタイプを作ってみたり。
a0255081_19483969.jpg

毎回毎回なにをやっているんだか…。

そんなことをしていたら、突然爆音が。
ジェリーロール氏突然の来訪。
a0255081_2002041.jpg

そして突然バラし始める…。
a0255081_2004752.jpg

なにやらトラで言うところのクアドラントリターンスプリングが折れたらしく、たまたまうちの近くだったので緊急避難してきたそうで。
a0255081_2004976.jpg

やはり折れてましたね。
僕の愛車ズーマーにまたがり、颯爽とパーツを取りに帰る氏。
こんな時ご近所さんはいいですね。
さささっと取り付けあっという間に走り去っていきました。

僕も何とか準備を済ませ。
a0255081_207147.jpg

就寝。

そして日曜日。
a0255081_2075428.jpg

『第39回!忘年会ツーリング in 西伊豆』に出発です。

若かりし浅場さんを中心に始まったこのツーリングに、浅場さんの愛車だった60年に股がり、39年という歴史を感じながら、まずは2国と環八の交差に向かう。

なんだかヘッドライトの辺りからカラカラ音がするなーと思い集合場所で確認すると。
a0255081_2017755.jpg

ひどい…。予備をもってきてよかった。

ここでは。
a0255081_20181530.jpg

山形ツーリングで甚大な被害を受けたガソリンタンクをついにリニューアル。
a0255081_20204843.jpg

このトラに乗り続けて早12年、ラストロッカーズ。
a0255081_20222684.jpg

ユーヤ君と澤田氏と待ち合わせ。

そして気心知れた3台で横浜新道戸塚パーキングを目指す。
a0255081_2029463.jpg

現幹事の赤いジャケットの熊プーさん、おなじみ赤いカードのマルイさん、春日部の塗装は俺に任せろ!赤いハリスの村上さん、61年TR6にのるアイダさんは『トラが絶好調!雨が降ったらもったいない』と訳の解らない事を言って信頼のホンダ…の諸先輩と合流。

いつものように国道1号から藤沢バイパスを経て本村交差点を左折し、134号から西湘バイパスに乗り箱根新道を駆け上がり、箱根峠まで。

例年よりも木々が早く色付いている箱根の坂を、軽快なトラサウンドに信頼のホンダサウンドをミックスさせ快調に飛ばす我ら。

あっという間に箱根のテッペンに到着です。
a0255081_20481853.jpg

もの凄く寒い…。
a0255081_20485289.jpg

もの凄く寒いが、ロッカーキャップを飛ばした熊プーさん。
こんな事もあろうかと予備を持って来た僕は箱根峠プライスで売りつける事に成功し懐は暖かい。
a0255081_20533050.jpg

年季の入ったベルスタッフを着込む澤田氏、今日は日帰りです。
もうちょっと一緒の予定でしたが、雨男!のためここで東京に帰る事になりました。
帰路気をつけてくださいね。

三島まで一気に下り136号を修善寺方面へ。

山を下ると寒さも和らぎます。

昼飯処はいつもの『凡道留』。
a0255081_2131224.jpg

で、ここには遠く岡山!より毎年参加されるトラ乗りの方々との合流地点でもあります。
a0255081_219499.jpg

高い内圧に苦しむイーストバレー弟さんのファーストボンネに、長髪をなびかせ颯爽と乗りこなすWADAさんもこれまたファーストボンネ。
土に帰りそうなT140をシコシコとここまで仕上げたハセガワさんに、軍団の長イーストバレー兄さんのおなじみ両振り中アップマフラーのボンネ。
a0255081_2117431.jpg

無事に合流を果たし。
a0255081_21212417.jpg

極上のEELを食す。

お腹も一杯になり、さあ出発!
a0255081_2125961.jpg

と、行きたいところですが…。

アメダスによるともうそろそろ降り出してきてしまうとの事。

後で聞いた話によると、どうやらイーストバレー兄氏はスーパー雨男らしく。

日本で一番晴れの日が多い岡山でも、ツーリングに行くと必ず雨というか嵐に祟られるらしいのです。

恐るべし…。

これまた負けじのスーパー雨男、澤田氏が帰ったのに関わらず雲行きが怪しい理由が解りました。

アメダスを信じカッパを着込み万全の雨対策。
a0255081_21322847.jpg

走り出し、程なくほんとに降ってきました。

恐るべしはアメダスの精度。

本来なら晩秋の伊豆半島のワインディングを十分楽しむ予定でしたが。

残念ながらやむなくショートカットし宿に直行です。

4年前のこのツーリングで雨に降られた際に、山道でズルッとリアが滑った事がありそれ以来何となく雨の山道はどうにもこうにもビビってしまう自分がいて…。

無事についてホッと一安心。
a0255081_21373366.jpg

今年もお世話になります『浜道楽』。

到着すると若女将さんが、ハンガーと濡れたカッパを干す場所まで用意して下さり。

本当に素晴らしいおもてなしに、体は冷え冷えですが心はポカポカ暖かくなりました。

24時間源泉掛け流しの温泉にのんびりと浸かった後は。

豪華海の幸で囲まれた宴会の始まりです。
a0255081_21575585.jpg

神妙な顔のアイダさんもこの後はヒートアップ。
a0255081_2157966.jpg

刺身の舟盛りに。
a0255081_21572546.jpg

金目鯛の煮付け。
a0255081_21574081.jpg

大好きなサザエさん。
a0255081_21575617.jpg

初登場の伊勢エビ。
a0255081_21583510.jpg

アワビのステーキ!

とってもグルメな1日でした。

この後、アイダさんのとりとめの無い与太話に延々と付き合わされ夜は更けていく…。

つづく…。


a0255081_22121443.jpg

著者 司馬 遼太郎
講談社文庫

伊勢新九郎(北条早雲)のお話です。上下巻。下が見つかりません…。
[PR]
by trophy1959 | 2012-11-13 02:08 | book | Comments(2)
モーターサイクル少年画報
a0255081_21274729.jpg

a0255081_21283381.jpg

a0255081_21285340.jpg

a0255081_21291611.jpg

a0255081_21293011.jpg

a0255081_21294234.jpg

a0255081_2130167.jpg

a0255081_21301883.jpg

a0255081_21303393.jpg

a0255081_21313375.jpg

a0255081_21314817.jpg

a0255081_2132217.jpg

a0255081_21321879.jpg

a0255081_21322731.jpg

a0255081_2133265.jpg

a0255081_21341355.jpg

a0255081_21345868.jpg

a0255081_21351431.jpg

a0255081_21361332.jpg

愛車の前では自然と少年のような笑顔になってしまいます。
a0255081_21362938.jpg

楽しかった野営地を後に東京に向かい無敵艦隊の出航です。
a0255081_21473118.jpg

a0255081_2148222.jpg

道の駅『ごか』まで規律ある編隊行動。

ここで幕僚長以下歴戦の鉄馬乗りの方々と別れ、比較的流れている4号バイパスにて自宅へと…。

家に近づくにつれ、クラッチワイヤーの遊びがなんだかイヤな感じ。

これはきっとあの前兆ぽいな、なんて思っていたところ。

家まであと500メートルくらい。

信号が青になり、レバーを握ったら…やっぱり切れた…。
a0255081_2157418.jpg

このまま行ってしまうかどうしようか迷った末に、別に急いでも仕方ないので。
a0255081_21575763.jpg

ささっと交換して無事走破なり。


a0255081_22497.jpg

『モーターサイクル少年画報』
KKベストセラーズ
a0255081_225475.jpg

a0255081_226153.jpg

a0255081_2261385.jpg

a0255081_22164376.jpg

a0255081_22172634.jpg

a0255081_22174097.jpg

a0255081_221753100.jpg

[PR]
by trophy1959 | 2012-11-07 02:08 | book | Comments(0)
american horse
いよいよトップシーズンがやって参りました。

11月の全ての週末がオートバイ関係で埋まるという、幸せなのか不幸せなのかよく解らないが、まずは第1弾『佐野 旧車総合火力演習』に参加してきました。

この日の為に家でコーヒーを煎れる練習などもしてみたり。
a0255081_22281853.jpg


昨年も参加させて頂くつもりだったのですが、同伴者のまさかのレッカー!の余波を受けて泣く泣く断念した苦い思い出がございます。

疑惑のレッカー事件です。

真相は本人のみぞ知る。

今年のパートナーは信頼のNOTさん。

朝から参加したかったのですが、諸事いろいろあり、1800北北西に向かい出発。
a0255081_2142319.jpg

斥候部隊より現地の状況を確認したところ、『ありえないくらい寒い』との報告が。

真冬並みの防寒対策をとり、首都高速〜東北自動車道〜北関東自動車道〜佐野田沼ICの行程で野営地に向かう。

普段まったく使わない首都高。

乗ろうとした乗り口が逆方面にしかいかなかったり、やっとみつけた乗り口が閉鎖中だったりと散々な目に遭いながら、小1時間程さまよいながらようやく扇大橋という乗り口を発見。

浦和料金所でNOTさんと佐野SAで落ち合う事を確認し、おのおののペースで再出発。

極寒の中、時折吹き荒れる風と戦いながら夜の高速をひたはしる。

今夜の相棒は59年TR6。

遠乗りに関しては今年初出動…すまぬ…すっかり60年にうつつをぬかしていました。

しかし久しぶりの出動にも関わらずありえないくらいに絶好調!

順調に佐野SAに到着しNOTさんを待つ。
a0255081_21211334.jpg

さすがに体がふるえます。
a0255081_212218100.jpg

何回取り直してもブレてしまうのは僕がブレているからでした。

NOTさんを待つ。

NOTさんを待つ。

信頼のNOTさんを待つ。

なかなか来ませんね?

NOTさんを待つ。

ふと頭の中をイヤな思いがよぎる。

まさかFBに『コンロッド折れたなう』なんて書き込みないよな…。

あわてて確認しようと思ったら。

NOTさんから電話が!

やっぱり折れたか!と思い、神妙な口ぶりで電話に出ると。

『いや〜実は佐野SA見落として…佐野田沼ICまで来ちゃった!』

信頼のNOTさん…。

ま、なにはともあれ無事で良かった。

速攻で僕も佐野田沼ICに向かい、めでたく合流をはたす。

でもって、いつもの。
a0255081_21332736.jpg

スーパーベルクで野営に必要な食料を買い漁り。

むりくりオートバイに積み込む。
a0255081_21342811.jpg

ここから10キロ程山間の道をはしり。

2045『旧車総合火力演習』野営地に到着。

燃え盛る炎で暖をとり。
a0255081_21382826.jpg

既に出来上がっている皆様にご挨拶をし。

豚汁や。
a0255081_21384450.jpg

肉。
a0255081_21393184.jpg

野菜。
a0255081_21393020.jpg

などをむさぼり食べる。

お腹も一杯になり、楽しいひとときも寒さと眠気には勝てず。

0030就寝。

そして翌朝。

0700起床。

朝日に照らされる僕のTR6。
a0255081_2150540.jpg

到着したときは真っ暗闇だったのであまり良く解らなかったのですが。

この絶景!
a0255081_215135100.jpg

垂涎の車両が大集合。
a0255081_21525787.jpg

a0255081_2153030.jpg

やっぱりハーレーやインディアンや陸王の存在感は圧倒的です。

まさに鉄馬。

そんな光景を眺めながら。

朝食を。
a0255081_21585137.jpg

a0255081_21582298.jpg

そして食後のコーヒーを。
a0255081_2202089.jpg

美味い!

a0255081_2204244.jpg

こちらは幕僚長のなりさん。

この素晴らしいイベントのリーダーです。

今回もお世話になりました!
ありがとうございました、とっても楽しかったです。

つづく。



the cult
a0255081_22103362.jpg

何故かヘビーローテションで良く聞いています。昔はあんまりピンとこなかったのですがここへ来てようやくかっこよさを再認識。やはり名盤といわれるだけあります。
[PR]
by trophy1959 | 2012-11-05 02:08 | music | Comments(2)
  

現実逃避
by とろきち
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
検索
最新の記事
love your money
at 2017-02-24 21:28
むこうぶち
at 2016-12-10 23:15
日曜日よりの使者
at 2016-11-21 23:54
rama lama ding..
at 2016-11-18 23:01
ball and chain
at 2016-08-09 23:11
come on and ride
at 2016-07-27 21:33
fall in love
at 2016-07-10 01:32
something new
at 2016-07-06 22:15
banned from th..
at 2016-06-28 00:36
superfly
at 2016-03-22 21:12
最新のコメント
ラレ子さんへ。 私も次..
by trophy1959 at 22:56
毎年ながらこの場に来ます..
by ラレ子 at 21:53
修理代をwaonで払えば..
by trophy1959 at 21:37
AEONの原因がわかりま..
by とんなつぷ at 12:19
ヒロさんへ。 こちらこ..
by trophy1959 at 20:51
手厚くありがとうございま..
by ヒロ at 15:10
時間ギリギリになってしま..
by trophy1959 at 22:13
お二人さん、来てくれてあ..
by triumph1967tr6 at 23:24
トラ吉さんへ。 毎度毎..
by trophy1959 at 19:23
久しぶりにお会いできてう..
by トラ吉 at 16:56
ブログジャンル
自転車・バイク
画像一覧