<   2013年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧
for tomorrow
明日は2013年前半のハイライト。

福島ツーリングです。

今年はどんなドラマが待っているのでしょうか?

願わくば主人公にはなりたくありません。

今回も初めて参加して下さる仲間が多数いて、明日が楽しみでなりません。

ヒラツカッチやTON-UP★RODDERさんもなんだか非常にテンションが高くホントに嬉しい限りです。

1週間まえの天気予報はかなり絶望的な感じだったのですが、行いを正し日々精進した結果、見事に往路は晴れ!復路はちょっと微妙…。

それでも行きの行程が腫れるのであればもう何も言う事はありません。

今日は早く寝て明日に備えます。

きっと今頃あたふたと整備している仲間がいる事だとは思いますが…。




先週、全てのオイルを交換した59年TR6。

明日の為に軽整備を施します。

プライマリー、リアのチェーンの遊びを調整したり、タイヤの空気圧を確認。
a0255081_2263084.jpg



そしてちょろっと最終確認のため近所を流す。
a0255081_22813100.jpg


各部のボルト、ネジのゆるみが無いかチェックして、荷造りに取りかかるのです。

必需品のタイヤ関係。
a0255081_22115280.jpg

モールトン用に買ったポンプが先っぽを逆さまにしたらオートバイにも使える事が判明し嬉しくて持って行きます。


予備のワイヤー類やロッカーキャップなどなど。
a0255081_22132085.jpg



コレは必要なのか??
a0255081_22124046.jpg

悩む…。


最低限の工具とプラグと液ガス…。
a0255081_22151070.jpg

足りないものはきっと仲間が持ってくるはず!


そして準備完了!
a0255081_22213281.jpg

雨具も積載し、念のためオイルも1本。


おっとと大切なもの忘れてはいけません。
a0255081_22302848.jpg

無事にカエル。

大切な事です。



楽しみのあまり興奮して今夜はきっと心臓の音がうるさくて寝るのに苦労しそうです。



mccoy tyner
a0255081_22303252.jpg

ピアニストマッコイターナーの異色のアルバムより。
ヴォイス(コーラス)を前面に打ち出したサウンドが非常に心地よいです。
この曲はターナーのピアノとロンカーターのベースというシンプルなサウンドにヴォイスを乗せた美しい曲です。
[PR]
by trophy1959 | 2013-05-31 22:34 | music | Comments(0)
hillbilly headhunter
だいぶ前のお話ですが…。

面研をして組み直すだけのはずだった60年のシリンダーヘッド。

実は…。

とっても恥ずかしいお話でしてとても語る事も出来ない僕の愚行により。

精密機械加工を要することとなってしまいました…。

トラヴィスサイクルズのT120さんに相談をしたところ、お忙しいのにも関わらず、門外不出の秘法を教えて下さいました。

最後に『修理頑張って下さい!』と励ましのお言葉を頂いたのですが…すみません…。

僕にそんな腕があるはずはないので、いざというときに最も頼りになる男『U原製作所』にお願いを致しました。

そしてついに完璧に、すばらしく完璧になって戻って来たシリンダーヘッド。
a0255081_23273856.jpg

おまけに予備でもっていたヘッドも1カ所ぐずぐずのネジ穴も同様になおしてもらいました。

ありがとうU原くん!

さらには以前19Tから18Tにかえたミッションスプロケットも、18Tではどうも早めに回りきってしまうためあらためて19Tの新品を手配し、交換してみた。
a0255081_23304680.jpg


いよいよシリンダーヘッドを搭載します。
a0255081_23274238.jpg

その前に、しっかりとベース面を面研しバルブもしっかり擦り合わせをおこないました。
a0255081_23275395.jpg

ガスケットもしっかり焼き鈍してからヘッドを載せます。
a0255081_23323898.jpg

ロッカーボックスを載せる際にすっかり忘れていたプッシュロッド…。
a0255081_23355244.jpg

何回やってもなかなか決まらないロッカーアームとプッシュロッドに手こずりました。
a0255081_23393368.jpg

均等に仮締めをした後、トルクレンチをつかい本締めをし、クリアランスを調整の図。
a0255081_23415235.jpg

だんだんと男前になってきました。
a0255081_23423258.jpg

ああ…ひさしぶにオートバイの形になりました。
a0255081_23461189.jpg

すっかり遅くなってしまったので、エンジン始動と試乗は明日ですね。
a0255081_23481882.jpg





そして今日。

帰宅後、シャカシャカとキックを踏む事数分、オイルが戻ってくるのを確認し。

エンジン始動。

『グアー!!』と凄まじい爆音が!

パニックに陥り慌てふためく僕でした。

スロットルバルブが引っかかってしまったようで、まだドクドクいっている心臓を深呼吸で落ち着かせ、再びエンジン始動。

『ブルルーン!』

中アップエキゾーストから丸みを帯びた柔らかいエキゾーストノートがガレージ内で木霊する。

頬もゆるゆるになり、試乗です。
a0255081_084277.jpg

最高ですのひとこと。

ミッションスプロケットもやはり僕には19Tの方が合うらしく、ちょっと感じていたストレスも無く軽快に走ります。

天候が微妙なため、たいした距離は走ってはいませんが久しぶりの60年の感覚に酔いしれるのでした。

繰り返しになりますが、僕がこんな古いオートバイを維持し乗る事が出来るのは、T120さん、U原くんをはじめ、たくさんの良い友人や仲間に恵まれたからこそだと思います。

感謝の気持ちを忘れずに乗り続けていこうと改めて強く思う今日でした。



hillbilly headhunters
a0255081_0171033.jpg

久しぶりに聞きましたがやっぱりこの曲は盛り上がります。


追伸。
先日見た映画『closer to the edge』のトークショーでお会いしたマン島TTライダーの松下さんが予選走行中に転倒し亡くなってしまうという悲しいニュースが…。
たった1度しかお会いしていませんが、つい数ヶ月前にあんなに笑顔でマン島TTレースの魅力を語っていたのに、非常に残念でなりません。
ご冥福をお祈りいたします。
[PR]
by trophy1959 | 2013-05-30 02:08 | music | Comments(2)
雨がやんだら
『今夜はプリキアについて語り明かしましょう!』
a0255081_20224018.jpg

と、ニコニコの笑顔でアッチの世界へ旅立ってしまったU原君と何故かちょっと困り顔のドスケベさんを宴会場に残し。


しとしとと山間の木々に降りそそぐ雨音をBGMに布団に潜り込む。


あっという間に眠りにおち、あっという間に朝を迎える。
a0255081_20205864.jpg

前日の雨がウソのようです。
a0255081_20242849.jpg

素晴らしい天気に恵まれた日曜日。
a0255081_2026348.jpg

a0255081_20264137.jpg

a0255081_20265714.jpg

a0255081_20271823.jpg

a0255081_20285632.jpg

a0255081_20291229.jpg

a0255081_20292997.jpg

a0255081_20295457.jpg

a0255081_20302084.jpg

a0255081_2030562.jpg

a0255081_20311364.jpg

a0255081_20313558.jpg

a0255081_20322014.jpg

a0255081_2032762.jpg

澄み切った空気にエクゾーストノートが響き渡る。
a0255081_20352021.jpg

コルサ隊長のノートンも、昨日の不調も雨雲とともに去り一晩寝たらなおっていました。

a0255081_20383622.jpg

朝日に照らされ、美しすぎるフォルムの59年TR6に改めてほれぼれしてしまうのです…。

a0255081_204586.jpg

珈琲片手にブレッドなどと、洒落た朝食を食べ出立の時を迎える。

a0255081_2047377.jpg

a0255081_20474834.jpg

a0255081_2048445.jpg



a0255081_2049796.jpg

a0255081_20493827.jpg

a0255081_20495741.jpg

主催のコルサさん、幕僚長ナリさん、今年も大変お世話になりました。
来年もぜひ宜しくお願い致します!


ここで三々五々、佐野ラーメン組や峠をひとっ走り組や一路高速組など、それぞれの所属部隊にわかれ解散と相成りました。


僕は道の駅『ごか』まで編隊行動をするつもりで帰路につくはずだったのですが…。

何故か編隊行動から激しく遅れをとり、そのため僚友ドスケベXS650スペシャルとともに2機、東北道は佐野SAに。
a0255081_2193665.jpg

せっかくなので、佐野ラーメンなどを食べてみた。


一服後、出発しようとしたら…。
a0255081_2111222.jpg

峠をひとっ走り組のNOTさん、U原君、のっぽさんが到着。

結局…。
a0255081_21124539.jpg

ぽかぽか陽気に。
a0255081_2113116.jpg

すっかり身も心も緩み。
a0255081_21134041.jpg

だらだらとまどろむ。
a0255081_21142734.jpg

日曜日の昼下がりとなりました。






a0255081_21201071.jpg

『オレの部屋に来ませんか?みんなでお気に入りのCDを持ち寄って真空管アンプで音の違いを感じてみませんか?来ないと殺しちゃいますよ♡』




a0255081_21332252.jpg

著者 椎名 誠
新潮文庫

シーナマコトのSF短編集。想像力をかき立てる物語の終わり方がなんともいえません。
やはり非常に好きな作家だけあって3回目の登場。
[PR]
by trophy1959 | 2013-05-19 02:08 | book | Comments(6)
weekend warfare
雨中泥濘行軍をものともせず無事に到着した我ら。

まずは今宵の寝床を確保。
a0255081_20391067.jpg

たくましい野営組。
a0255081_20395127.jpg

テキパキとテントを組み立てます。


ぬくぬく温室育ち組は。
a0255081_20411921.jpg

屋根の下に布団を敷くのです。


薪をキャンプ場に運び入れ、いよいよ戦闘開始です。
a0255081_20364645.jpg

a0255081_20443161.jpg

a0255081_2045360.jpg

a0255081_20452213.jpg

a0255081_20461396.jpg

a0255081_20474194.jpg

a0255081_20481758.jpg

旧式河童堂のカッパさん。今回の宇宙大戦争のかっこいい動画がさっそくアップされています。すごくかっこいいので是非見て下さい!
a0255081_2049394.jpg

a0255081_20492642.jpg

a0255081_2049438.jpg

a0255081_20504495.jpg

a0255081_20524371.jpg
a0255081_20514356.jpg

降りしきる雨にも負けず、自然の中で仲間たちとわいわいとBBQ。

贅沢な週末です。

そして…薪に火がついたあたりからますます宴はヒートアップしていくのです。
a0255081_20592049.jpg

a0255081_2101459.jpg

炎を見ると脱ぎたくなるドスケベ中学生。
a0255081_20594423.jpg

負けじと脱ぎだすキム兄。
a0255081_211947.jpg

『見て見てオレのビーチク!!』と言われ…困っているワタクシ。
a0255081_2122135.jpg

『よく見たらお前らふたり、まるで兄弟じゃん!』とNOTパイセン。

たしかにそっくり…。

a0255081_2110263.jpg

やっぱりトラで来れば良かったとしみじみと思っているところか。



そして最後に到着したのは…。

『いま佐野SAに着きました!』

との連絡から2時間あまり…。

真っ暗闇かつ時折激しく降る雨の中、ぐるぐるさまよい迷子になったU原君。

一時は遭難も覚悟したようですがようやく到着です。
a0255081_21223131.jpg

大変お疲れさまでした。

a0255081_21235967.jpg

ずっと悩まされていたブリーザーからのオイルが止まり、絶好調のトライアンフが楽しくてしょうがないとのU原君。
a0255081_2126577.jpg

『ドスケベさん、僕の長いレストアもようやく終わり、ついに完成しちゃいました!』

午後4時過ぎから始まったこの宴、深夜1時をまわりようやく終焉を迎える…。






red alert
a0255081_2137534.jpg

パンク。oiではないと思う。
[PR]
by trophy1959 | 2013-05-15 02:08 | music | Comments(0)
逃亡
あっけなく連休も終わってしまいましたが、待ちに待ったイベント。

第3次宇宙大戦争がやってきました。

今年は伝説のトライアンフ、ドスケベGT500のエンジンに約2年振りに火が入るということもあり、ますます持って楽しみであります。

でもって恒例の前日整備に勤しむ仲間達。
a0255081_20191579.jpg

ついにオイルプレイから解放される日が来たのでしょうか!?
a0255081_20213120.jpg

ついにエンジンも完成し、微調整に励むのです。
a0255081_20225737.jpg

バジャジで行くんじゃないのか?

そして…

a0255081_202418100.jpg

オイル交換だけのはずだったのが…。

a0255081_2025385.jpg

なんとぶっ壊してしまったドスケベGT500…。

a0255081_202724.jpg

やればやる程ドつぼにはまるドスケベGT500…。

a0255081_20284990.jpg

最終的に、僕が家にあるパーツを提供し、NOTさんの的確なアドバイスに閃いたエノンとU原君が旋盤で足りない部品を削りだし、焼き入れを行う。

深夜2時すぎ…みんなの情熱により、完璧、そう、いままでないくらいに完璧に仕上がったドスケベGT500!

明日の宇宙大戦争ではその華麗な走りが見れるのですね!


ドロドロに疲れた僕たちは無言で帰宅し、明日というより今日に備えしばし仮眠を。

しれっと気がつかないうちに帰ってしまったノッポさんが一番正解でした。


そして数時間後。


残念な天気予報により、厳重な雨対策を行い。
a0255081_20422660.jpg

カッパを着込み。
a0255081_20434356.jpg

出発です。
a0255081_20444030.jpg


走り出してから程なく降って来きた雨に悪態を垂れつつ、伝説のドスケベGT500が待つ草加まで快調に飛ばす。

待ち合わせ場所で待つ事10分。

やってきましたドスケベGT500。




ではなく…。





a0255081_20491389.jpg





何事も無かったかのようにやって来たのはいつものXS650スペシャル…。



昨日の僕たちの苦労は一体…。




a0255081_20521267.jpg

遅れてやってきたNOTセンパイ、登場した時のこの笑顔も一瞬にして凍りつき…。

『貴様!ドスケベGT500はどうした!敵前逃亡は許さんぞ!』と一喝。

『す、すみませんNOTパイセン…。フェ、フェンダーがないのであります!』

『パイセンとはなんだ!パイセンとは!フェンダーなんか無くても戦え!』

『はひ〜。しかし雨が…フェンダーがないと顔面にシャワー、顔シャであります!』

『顔シャが何だというのだ!顔シャが!貴様!昨日の我々の苦労を無にするのか!』



ふたりの『顔シャ顔シャ顔シャ顔シャ』という大声にひるんだ僕は、NOTセンパイを何とかなだめすかし友軍の待つ五霞へと舵を向ける事にしたのです。

道中、友軍機のキム兄、ヒラツカッチ、オーノ、オーバ号に遭遇し、時折激しく降る雨をかいくぐり無事に到着。


道の駅『ごか』には。
a0255081_21203320.jpg

a0255081_21204555.jpg

a0255081_212111.jpg

a0255081_21212150.jpg

雨にも負けず、歴戦の車両がぞくぞくと集まってきました。

各個撃墜された車両もあったようですが…(ぐっ)…合掌…。

来年こそは(ぐっ)!!


その後、ナリさんの先導のもと各機編隊を組んでの雨中泥濘行軍。


燃料補給所では…。


a0255081_21305160.jpg

ま、まさか!
a0255081_21311475.jpg

被弾するもなんとか撃墜は免れたようです。

時折激しく黒煙を吹きあげ墜落寸前の隊長機を護衛しつつ、今宵の宴の買い出し地点になんとか到着。

a0255081_21394933.jpg

a0255081_21401668.jpg


存分に肉や酒を買い占め、更なる友軍機とも合流し、野営地に向け最後の編隊行動。


心配された隊長機も、野営地が近づくにつれ再び調子を取り戻し各機無事に到着す。
a0255081_21443566.jpg







a0255081_21504222.jpg

著者 吉村 昭
文春文庫

軍用飛行機をバラせ…その男の言葉に若い整備兵は青ざめた。昭和19年、戦況の悪化にともない、切迫した空気の張りつめる霞ヶ浦海軍航空隊で、過酷な日々を送る彼は、見知らぬ男の好意を受け入れたばかりに、飛行機を爆破して脱走するという運命を背負う。戦争にに圧しつぶされた人間の苦悩を描き切った傑作。
[PR]
by trophy1959 | 2013-05-13 02:08 | book | Comments(10)
ふたたびの虹
箱根からの帰路。

11ヶ月振りの復活を目指すNOT氏のトロフィーが完成間近なのを思い出し、秋葉原はトリニティスクールに立ち寄ってみた。

Gウイークだというのにレストアに励む生徒さんたちで大盛況の学校です。
a0255081_21143023.jpg


そして、Gウイークだというのに行く宛の無い卒業生たちも何やらゾロゾロと集まってきております。
a0255081_2171633.jpg

コマンダーシミーズ氏。

a0255081_2183716.jpg

カシワのアラーキ氏。

a0255081_2191860.jpg

裏事情に詳しいjellyroll氏。

a0255081_2193541.jpg

岐阜、あ今は佐賀ですね。カートチャンピオンの風来坊MIZUNO氏。

などなど、ぞろぞろと集まって来ました。

こうして行き場所の無い我々を暖かく迎え入れてくれる学校に感謝です。




そしてこちらは。

アレから約11ヶ月…一時は見るのも辛かったと言う伝説のトラがついに復活の雄叫びをあげる日がやってきました。
a0255081_21214448.jpg


あっけないほど簡単に目覚め、アイドリングも安定し、吹け上がりもスムーズなエンジンに仕上がったようです。

試乗が楽しみですね。


細かい修正をしながら元教頭に。
a0255081_2127322.jpg

イヤラシイ口技を伝授される…。


愛猫家アラーキーに。
a0255081_21355831.jpg

バターの塗り方を教わっている図。


ガードレールにつっこんだり、崖から落とされたり、コンロッドが中折れしたり…数々の伝説を作って来たNOT氏のトロフィー。
a0255081_21304536.jpg

ふたたび虹を目指して。
a0255081_21312795.jpg

完全復活!

NOTさんおめでとうございます!!(画像拝借)


そして…。


今は遠くはなれた九州は佐賀で、なんと真面目に仕事をしているという根っからの風来坊MIZUNOさんを囲んで宴会へと突入。
a0255081_21412717.jpg

Gウイーク前半の夜はこうして更けていく。
a0255081_21431422.jpg

満面の笑顔がまぶしすぎるのです。



a0255081_2148235.jpg

著者 柴田 よしき
祥伝社文庫

丸の内の片隅のある小料理屋『ばんざい屋』を舞台に、謎めいた過去を持つ女将とその客とが織りなす恋愛&ヒューマンミステリー。珠玉の連作短編集という言葉がぴったりです。ほんのりと心が温かくなり、読み切ってしまうのがもったいない気になります。続編の『竜の涙 ばんざい屋の夜』もおすすめ。
[PR]
by trophy1959 | 2013-05-02 02:08 | book | Comments(3)
  

現実逃避
by とろきち
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
最新の記事
love your money
at 2017-02-24 21:28
むこうぶち
at 2016-12-10 23:15
日曜日よりの使者
at 2016-11-21 23:54
rama lama ding..
at 2016-11-18 23:01
ball and chain
at 2016-08-09 23:11
come on and ride
at 2016-07-27 21:33
fall in love
at 2016-07-10 01:32
something new
at 2016-07-06 22:15
banned from th..
at 2016-06-28 00:36
superfly
at 2016-03-22 21:12
最新のコメント
ラレ子さんへ。 私も次..
by trophy1959 at 22:56
毎年ながらこの場に来ます..
by ラレ子 at 21:53
修理代をwaonで払えば..
by trophy1959 at 21:37
AEONの原因がわかりま..
by とんなつぷ at 12:19
ヒロさんへ。 こちらこ..
by trophy1959 at 20:51
手厚くありがとうございま..
by ヒロ at 15:10
時間ギリギリになってしま..
by trophy1959 at 22:13
お二人さん、来てくれてあ..
by triumph1967tr6 at 23:24
トラ吉さんへ。 毎度毎..
by trophy1959 at 19:23
久しぶりにお会いできてう..
by トラ吉 at 16:56
ブログジャンル
自転車・バイク
画像一覧