<   2013年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧
月光陽光
そして11月、3回目の日曜日は。

素晴らしい秋晴れのもと『第1回ドスケベツーリング•ふたたびの西伊豆たったの2台編』に参加してまいりました。

朝7時に我が家に集合の予定も…肝心のドスケベさんが来ません。

仕方ない今日はひとり旅か…って諦めたかけたところやってきましたドスケベXS650。
a0255081_19549100.jpg

なんでも来る途中にタンクキャップをすっ飛ばしてしまったそうで…。

相変わらず間の悪い男であります。

ああ…そういう事か!

きっと遠出をしたくないドスケベさんの自作自演トラブルでありますねきっと!

しかしそんな事は許しません。

無理矢理ビニールやテープ…etcで蓋を作らせ。
a0255081_1959814.jpg

西伊豆は『やぶ誠』を目指して出発するのです。

二国から横浜新道を快調に飛ばし、戸塚PAでしばし休憩。
a0255081_2031588.jpg

雲ひとつない空の下、太陽の光を浴びながら爽健美茶を美味しそうに飲むドスケベさん。



その後…藤沢手前で自作タンクキャップがふやけ暫し応急処置を。
a0255081_20114389.jpg

その後…茅ヶ崎手前で再びふやけ暫し応急処置…。
a0255081_20145745.jpg

おーい…。

いっそのこと燃えてしまえばいいのに!

そうすればドミネーターに本気で取り組みざるを得ないと思うのだが…。

『何イッテンダヨ!テーラーさん!このXSがドスケベ中学生のスベテナンデスヨ!ワッカテナイナー。』

ホントに燃えてしまえ!

時間をだいぶくってしまいましたが、西湘バイパスから箱根新道を駆け上がり箱根のテッペンに到着であります。
a0255081_20252699.jpg

休憩もそこそこ、三島まで一気に下りR136で伊豆に入ります。

修善寺を右に折れ、戸田峠を越え目の回るような下りを駆け下り戸田漁港へ。
a0255081_20301669.jpg

新鮮な海の幸をお土産にと漁協で物色をし。
a0255081_20313378.jpg

潮騒のみが聞こえる静かな日曜日の昼下がりの漁港で記念撮影など。
a0255081_2033027.jpg

眩しい太陽の光を浴びながら絶好のツーリング日和に感謝です。
a0255081_20354762.jpg

ついついノンビリとしてしまいましたが、お腹もすいてしまったので本日の目的地『やぶ誠』にむけ出発です。
a0255081_203834100.jpg

右手に海を望みながら、土肥〜恋人岬と西伊豆の海岸線を快調に走るトラ&XS。

宇久須を超えると黄金崎、さらには田子をぬけ、快調のあまりとっくの昔に『やぶ誠』を通り越してしまったらしく着いた先は堂ヶ島は加山雄三ミュージアム…。

実は我ら二人『やぶ誠』には行った事が無いのでありますが、西伊豆の誇る人気店であり、更には某ツチノコレーシングのレーサーのご親族が経営されているお店でもあり、根田隊長をはじめイラク田中氏、NOT氏などの仲間が頻繁に通う名店でもあり、そんな訳で我々もついにやぶ誠デビューを果たしたいとの野望を持って今日ここまで来たのであります。

加山雄三をバックにU原君にコンタクトをとり『やぶ誠』までの詳細な道のりを確認し、黄金崎までUターン。

ついに到着!
a0255081_20584898.jpg

が…しかし!
a0255081_2101088.jpg

それもこれも遅刻して来た挙げ句に、何度も何度もふやけたガムテープの交換に時間を費やしたドスケベの所為に違いありません!

こうなった以上は仕方ありません、さすがに5時までは空きっ腹を抱えては待てないので近くの海鮮料理屋に飛び込むのでした。
a0255081_2152323.jpg

実はここだけの話、戸田で海の幸を目の当たりにしたドスケベ氏…。

『わざわざ西伊豆まで来てさ、そばはナインジャネ?やっぱりせっかくだから海鮮がタベタイヨ!』

念願かなった海鮮を目の前に、盗撮用iPadミニでおもむろに撮影を開始するドスケベさんですが、さすが魚屋の息子だけあって魚の食べ方はとてもキレイでありました。


お腹も膨れ給油も施しガムテープをしっかり巻いて、さあ仁科峠を超えて箱根へと戻りますか。
a0255081_21161118.jpg

黄金色に輝く天城牧場。
a0255081_21174455.jpg

ガムテープさえ無ければ…。
a0255081_21183353.jpg

うっすらと茜色に染まり始めた空にうっとりしていたら。
a0255081_21202545.jpg

『いやーサイコー!ほんとサイコー!XSサイコー!』ドスケベさんの叫び声が天に届いたのか、ポツリポツリと雨が降ってきました…。

急いで出発をし仁科峠から風見峠をぬけ船原峠、戸田峠へと深まりつつある秋を感じながら絶景のワインディングロードをXSを気遣いながらのランデブー。

ポツリと落ちた雨も直ぐさま止んだのでだるま山高原で暖をとり、行く手を阻む最新スポーツバイクの群れに突っ込みながら亀石峠から伊豆スカイラインへ。

熱海峠から十国峠をへて箱根峠へと、後は新道を下り西湘バイパスへ。

しかしその箱根新道下りに地獄のような渋滞が待っていたのでした…。

秋の行楽シーズンですからね仕方の無い事ですが、すっかり日も落ち寒さ凍える山中での渋滞は参ったのひと言。

西湘バイパスに入るトンネルから急に渋滞も解消し、平地は気温も高いようで凍える体の震えもとまったのですが、だるま山で飲んだコーヒーが膀胱を満たし破裂寸前のため、西湘バイパスを飛ばしに飛ばしPAに転がり込むのでした。

バイパスを降り、XS本日4回目!の給油。
a0255081_21411111.jpg

丹念に。
a0255081_21415818.jpg

丁寧に。
a0255081_21433010.jpg

テープを巻いています
a0255081_21425211.jpg

あんまり長いので待ちくたびれるのであります。

その後いつものように横浜新道戸塚PAで最後の休憩を取り。
a0255081_2146258.jpg

満天に輝く月の光を浴びながら、楽しかった『第1回ドスケベツーリング•ふたたびの西伊豆たったの2台編』を語り合い、無事の帰宅を固く約束しここで流れ解散。
a0255081_21473251.jpg

走行距離423キロと今日も1日たっぷり走れ大満足であります。

ドスケベさんありがとうございました!

とっても楽しいツーリングとなりましたね、また行きましょう!!



ザ ハイロウズ
a0255081_22173714.jpg

2ndのタイガーモービルより。
[PR]
by trophy1959 | 2013-11-23 02:08 | music | Comments(6)
本日は、お日柄もよく
相変わらずのアイダさんの与太話に宴会も盛り上がり。

ふと窓を開け空を見上げると。
a0255081_21482110.jpg

雨上がりの夜空にジンライムのようなお月様が顔を出しているではありませんか!

帰りの西伊豆〜箱根は十分に走りが楽しめそうな天気になりそうですね。

程よくお酒も回り、温泉でさらに暖まり、ぬくぬくと深い眠りを貪り朝6時にはしっかり目が覚めました。
a0255081_2157250.jpg

夫婦岩の間からの富士は望めぬも、昨日とはうって変わって絶好のツーリング日和となりそうですね。

朝から温泉に浸かり贅沢な気分で出発の準備を整える。
a0255081_223277.jpg


昨日はプチトラブルもありましたが今日は快調に目覚めた87年。
a0255081_2255780.jpg

新車から乗り続けるペインターの村上さん。


雨の山形路でカッパが浸水し、新調したカッパが今回大活躍。
a0255081_229311.jpg

快適な雨のツーリングをカンリンの強烈なストッピングパワーで楽しむマルイさん。


いつも穏やかニコニコの熊プーさんの初めて買ったオートバイがTX。
a0255081_22124161.jpg

たまたま良い出物があったので懐かしくって購入したのです。


スクーターばっかりで4年ぶりくらいに見た極上の61年TR6R。
a0255081_22144969.jpg

ピカールアイダは有名なお話で、手磨きでいつもピカピカのアイダさんの愛車。


常さんといえば70年のスプリングゴールドのTR6Cがイメージですが。
a0255081_2218640.jpg

純正サウンドを奏でる68年がここ数年のお気に入り。


今年で干支もひとまわりしました。
a0255081_22235449.jpg

乗り続けてあっという間の12年目も終わろうとしています。


お世話になった『浜道楽』を後にし、目指すは堂ヶ島公園。
a0255081_22303037.jpg

朝1番のワインディングを楽しみ、記念撮影の為に毎年訪れる堂ヶ島でしばし休憩。
a0255081_22324846.jpg

ここの先の宇久須を右に折れ仁科峠〜船原峠〜だるま山高原へと最高のワインディングが待っています。
a0255081_22345836.jpg

黄金色に輝く仁科峠からは、いままでずっと先頭を引っ張ってきた熊プーさんから何故かバトンを渡され、だるま山高原まで僕が先頭のフリー走行へと。

最高に快調な59年トロフィーを思う存分ぶん回し、平日の午前中のせいもあり1台も車に遭遇する事無く、眺望が見事な高所のワインディングを右に左に舵をとり、今日のオレは乗れている!とひとり自己満足に酔いしれながらだるま山高原へと駆け抜けたのでした。
a0255081_22492713.jpg

久々の乗れてる感覚の余韻に浸りながら、苦手な縦溝の路面も今日はまったく気にならなかった事に気付き、まだまだ成長過程の未熟なトラ乗りであります。
a0255081_22535285.jpg

それにしても素晴らしい天気となりました。
a0255081_22554969.jpg

だるま山高原から修善寺手前を左に折れ。
a0255081_22551119.jpg

19号線に入り。
a0255081_22591085.jpg

亀石峠から伊豆スカイラインへと。
a0255081_2301934.jpg

熱海峠〜箱根新道を下り。
a0255081_22594529.jpg

西湘バイパス西湘PAまで一気に走り。
a0255081_2333148.jpg

『西伊豆忘年会ツーリング』もここで解散となります。

40回の節目を迎えた本ツーリングですが、諸事いろいろとあり…その長い歴史に幕を閉じてしまうかもしれない…そんな寂しいお話も出ておりますが…果たして?

ノンビリくつろいでいる皆さんにお世話になったお礼をし、僕は一足先に東京へと。

浅場さんにツーリングの報告とお土産を渡す為に。
a0255081_23135892.jpg

横浜新道〜第3京浜で。
a0255081_23143587.jpg

楽しいかったツーリングの報告をすませ、奥様とアレコレ話をしていたら…。

急に空が真っ暗になり、冷たい突風が吹きつけたと思いきやバラバラバラっと大粒の雨が!

慌ててカッパを引っ張りだし、早々に帰路につくのでありました。

近いうちゆっくりとお伺いさせていただきます!

結局帰りも最後は大粒の雨にやられましたが。
a0255081_2321185.jpg

コレはコレでまた思い出深いツーリングとなったのであります。



a0255081_23233814.jpg

著者 原田 マハ
徳間文庫

3度目の登場の原田マハ。近年もっとも大好きな作家の一人であります。
言葉の持つ魔力、魅力に魅せられてしまいます。
思わず感動し目頭が熱くなってしまうのであります。テンポよく進む物語、そしてこの作家の良い所はやっぱりハッピーエンドなんだな。お勧め度2重丸。
ちなみに今のところ2014年に僕が読んだ本の中での1番は同著者の『さいはての彼女』(角川文庫)オートバイ乗りには是非読んでもらいたいのであります。
[PR]
by trophy1959 | 2013-11-15 02:08 | book | Comments(2)
riders on the storm
11月の第2弾は。

『第40回 西伊豆忘年会ツーリング』。

10日(日)〜11日(月)に長い歴史のあるツーリングに参加してきました。
a0255081_19204850.jpg

今回は59年にて。

まずは環八と2国の交差点でユーヤ君と。
a0255081_19233677.jpg

澤田氏と。
a0255081_19233684.jpg

合流であります。

定刻通り0830出発。

午後には雨の予報も出ており、発達した低気圧が北上し…なんてイヤなニュースも流れておりましたが、天性の晴れ男であるはずの自分の能力を信じ、快調に横浜新道戸塚PAまで気心知れた3台のトラで驀進す。
a0255081_19313789.jpg

1番乗りの戸塚PAにて皆様の到着を待つ我ら3人組。

a0255081_19343854.jpg

酔っぱらわなければいぶし銀の常さんがお気に入りの68年で。

a0255081_19361038.jpg

幹事の熊プーさんは…諸事諸々あり…TXでやってきました。

a0255081_1938744.jpg

なんと!雨模様だから絶対スクーターだなって皆がそう思っていたのに…アイダさんが、あのアイダさんが極上の61年TR6にて登場!

a0255081_19414155.jpg

早々にカッパを着ての到着は春日部のペインター村上さん。

そして残るは皆勤賞マルイさん…すみません…写真が…。

以上8台にてまずは箱根峠に向かいます!
a0255081_1945275.jpg

なんて言っていたら早くもポツリポツリと雨が降ってきてしまいました…。
a0255081_20393431.jpg

慌ててカッパを着る我々、そして日帰り組のユーヤ君、澤田氏ともここでお別れになってしまうという寂しい出発となってしまいました。

雨さえ降らなければ、箱根か三島までは一緒に走れたのに残念でなりません。

お互いの無事を祈り、我々は箱根へと向かいます。

時折雲の切れ間から太陽が顔を出すものの、断続的に降る雨の中、いつものように西湘バイパスへ。

ふと箱根の山を見上げると、かなりガスがかかっているようであります。

先頭を駆る熊プーさんもアヤシイと感じたのか、真鶴へと進路を変え熱海〜伊東〜下田をまわって西伊豆へ向かうルートへと急遽変更となりました。

突風が吹き抜けたり、急に雨が強くなったり、晴れ間が見えたりと、非常にアヤシイ天候の中、ひたすら突き進む我ら白波6人男であります。

伊東にて昼ご飯を取ると、降ったり止んだりの雨がいつしか本降りとなっているではありませんか!

そしてここから本ツーリング最大の山場を迎えるのであります。

R135赤沢〜河津間は荒れ狂った風と叩き付けるような大雨に翻弄され。
a0255081_2082122.jpg

道路に水が溢れ川のようになっている所もいくつもあり、運悪く対向車が来てしまうとヘルメットに水しぶきが直撃し、まるでオートバイで波に突っ込んだかのような感覚になってしまうのであります…。
a0255081_20121138.jpg

給油待ちの最中にようやく撮った写真が上の2枚。

長い長い給油待ち…なんと村上さんのトラが始動しないというトラブルが…。

大雨の中これ以上待つ事は困難のため、マルイさんを犠牲にし村上さんと2台を見捨てて先行することにいたしました。

ま、ベテランですので大丈夫でしょう!

その後も相変わらずの嵐のなかでありますが、何だか異常に好調な僕のトロフィー。

下田の先を右に折れ、松崎街道で西伊豆を目指す。

雨にも風にも負けず快調に吹っ飛ばし、松崎にて後続の2台を待ちます。
a0255081_20255316.jpg

しばらく待っても現れる雰囲気がありません…。
a0255081_20372031.jpg

しかし何も連絡も入ってきて無いので、おっつけ追いつくだろうってことでここからはあとわずかの距離となった西伊豆は雲見まで嵐のラストラン。

宿にたどり着くと…。

なんと見捨てたはずのマルイさんと村上さんが先着しているではありませんか!

恐るべしはベテランの技であります。
a0255081_20425124.jpg

とにかく皆、嵐の中揃って無事に西伊豆雲見温泉『浜道楽』に到着。
a0255081_2044412.jpg

普段はちょろちょろの目の前の川も今日は濁流に。
a0255081_20452352.jpg

隣の宿の屋根に叩き付ける雨のしぶきが…こんな中よく走ってきたもんです…。

しかし!24時間源泉掛け流しの温泉に入りゆっくりと暖まった後は。
a0255081_20492454.jpg

豪華絢爛。
a0255081_20493061.jpg

海の幸が。
a0255081_2050060.jpg

コレでもかコレでもか!
a0255081_20504774.jpg

というくらい沢山でて、幸せ一杯で身も心もすっかり暖まるのです。




the doors
a0255081_20543881.jpg

映画『the doors』のサントラのジャケット。監督はオリバーストーン。『プラトーン』、『7月4日に生まれて』に続く60年代のアメリカ社会を描いた三部作の完結篇にあたる。
ベトナム戦争での北爆やマルコムXの暗殺などでゆれる1965年、UCLAで映画を学んでいる学生のジム・モリソン(ヴァル・キルマー)は、ある日瞳のきれいな少女パメラ(メグ・ライアン)に一目惚れし、付き合うようになる。ジムは詩を愛する青年で、その才能を評価するレイ(カイル・マクラクラン)らとロックバンド「ザ・ドアーズ」を結成し、デビューする。
ドアーズのライブは評判となり栄光を勝ち得たかに思えたが、当時のアメリカの世相を反映して次第に反逆のカリスマとして祭り上げられるようになるとジムの行動もエスカレートし、破綻をきたす。パメラはジムを信じて支えようとするが衝突する事も多くなり、1971年、アメリカ独立記念日の前日にジムの突然の死によって愛情は引き裂かれ、その後パメラもジムの後を追うように自殺を遂げるのだった。(ウキペディア)
この映画がもの凄く好きで、サントラまで購入してしまいました。
[PR]
by trophy1959 | 2013-11-14 02:08 | music | Comments(0)
can't find my way back home
解散式に先立って、英国車チームでまずは記念撮影など。

せっかくのアリエルをぼくのテールランプが邪魔をしておりますが…。
a0255081_20481429.jpg

久しぶりにオートバイに乗っているjellyroll氏を見ました!
この日の為に製作したセーターがステキです。


サッカーの試合後なのにお疲れさまでしたTON-UP★RODDERさん。
a0255081_20512253.jpg

携帯、指輪、ネックレスを紛失したと大騒ぎするも、すべて自分のカバンの中から見つかるという失態…。


バットモービルが実は大好きなグっさん。
a0255081_20541050.jpg

どことなくフィフティーズの匂いがすると思ったのはやっぱり…。
グッさんも若かりし頃、古着に取り憑かれていたのです。


そして僕。
a0255081_20591135.jpg

アサバさんお得意のポーズを真似るが、どうも顔に締まりがありません。



このあと施設内の校庭跡地まで移動し。
a0255081_2133411.jpg

ずらりとならぶ。
a0255081_2151543.jpg

圧巻の光景。



そして解散式。
a0255081_2165562.jpg

幕僚長ナリさんのご挨拶により、『第八次 旧車総合火力演習』が無事に幕を閉じました。
a0255081_21105672.jpg

みなさまたいへんお世話になりました!


朝練コース編隊組、遠方組などそれぞれ帰還する方面に向け、三々五々出発です。

ぼくは、グッさんと共にここから小1時間ほどの場所にあるというTON-UP★RODDERさんのガレージにお邪魔する事に。

前々からグッさんも行きたい行きたいと言っていたし、写真等でみたお洒落なお家とガレージには僕も興味津々であります。

TON-UP★RODDERさんの先導により作原野外活動施設を後にします。

軽快に駆け抜け、駆け抜けていると。

『飯でも食っていきましょうか?』とTON-UP★RODDERさん。

結構な量の朝食を食べたばかりなのだが…なんでも美味しいラーメン屋さんがあるとの事。

これは行くしかありませんね。
a0255081_2124317.jpg

裏通りにあるお店ですが、お昼前だというのにたくさんのお客さんで賑わっています!
a0255081_21253261.jpg

おいしい佐野ラーメンを味わいながら…昨晩の続きなのか、グッさんの告白が再び!

切ない恋のお話ゴチになりました!!


たいそう膨れたお腹を抱え、ここから10分程で。
a0255081_21285575.jpg

TON-UP★RODDERさんのガレージに到着です。

なんと基礎以外は手作りだというガレージの中は。
a0255081_2132487.jpg

まるで外国にいるような錯覚をしてしまいます!!

なんともシャレオツで羨ましい限りです!
a0255081_21384198.jpg

ロッカージャケットも。
a0255081_2140568.jpg

ETも僕たちを迎えてくれました。


お家もなんだかとってもウッディーでステキです。
a0255081_214267.jpg

昭和の香りがプンプンする我が家とは大違いであります。
a0255081_21442760.jpg

さらに裏手に回ると。
a0255081_21453211.jpg

母屋に増設する形でホットロッド用のガレージをこれまた手作りで!

残念ながら今はホットロッド製作中のためガレージに鎮座する姿は見れませんでしたが、完成したら是非とも見てみたいです。

1時間程してグッさんにそろそろ行きますかねって声をかけると…。

『う〜ん…』

何だか煮えきらない答えが。

『あっ!ひょっとして家に帰るのが怖いんでしょ!?』

『き、君!な、な、何を言うかね!俺はね、そ、その、帰り方が良く解らないんだけに決まってるじゃん。けっしてカミさんが怖い訳じゃないよ…。』

グッさんもいろいろとたいへんなのであります。
a0255081_21591164.jpg

しかし、カエルも発見したので嫌がるグッさんを無理矢理引っぱり、帰路につく事に。

帰りの高速、あんまりグッさんが飛ばさなかったのは気のせいかな…。

とにかく家庭円満、無事を祈ります。


そしてTON-UP★RODDERさん、お疲れのところありがとうございました!

おかげで家に帰って自分のガレージと家を見たら何だかとっても寂しくなりましたよ…。

今度はみんな誘うんで庭でBBQやキャンプをしましょう!!

あ、春は花見だね!





batmobile
a0255081_2223376.jpg

みんなだいすきバットモービル。
[PR]
by trophy1959 | 2013-11-07 02:08 | music | Comments(4)
knucklehead
マン島TTレースのごとく10秒おきに1台ずつスタートしていくレース。

なぜかスターティンググリッドにならぶ僕であります。

まわりにいるオートバイは最新式のレーサー。

ぼくはいつものトライアンフ…。

何故こんな事になったのかまったく解りませんが、いよいよ僕のスタートが近づいてきました。

高鳴る胸の鼓動。

10、9、8…とカウントダウンが始まりさあ!ってところで。

マーシャルが大声で。

『君!ワイヤリングして無いじゃないか!!』

そんな夢だったような記憶がおぼろげに残る『第八次 旧車総合火力演習』の朝。
a0255081_18281493.jpg

澄みきった空のもと。
a0255081_18322088.jpg

贅沢にコーヒーなど。
a0255081_18333281.jpg

すっかり毒を吐いて爽やかな朝を迎えたグッさんに後光がさしております。
a0255081_1835217.jpg

こちらはカールさん。
前乗りの金曜の晩から楽しいお話をたくさんありがとうございました!
米英伊日のモーターサイクルに精通しており、WLAがカールさんの代名詞ではありますが、所有されているトライアンフといつか一緒に走ってみたいと思うのであります。
a0255081_1842767.jpg

『俺の自転車用のヘルメット!』と叫びながら嬉しそうにパンを頭にのっけるjellyroll氏。
『これがホントのパンヘッド!』…。
a0255081_18505683.jpg

朝から目玉焼きにスクランブルに美味しい朝食はヨーコさん。
ごちそうさまでした!

そんな爽やかな朝だというのに、ドクロの指輪が無い!ネックレスが無い!とひとり大騒ぎをするTON-UP★RODDERさん。

さんざん大騒ぎをしたのにかかわらず、自ら大切にカバンにしまっていたとは…。
酔っぱらうとだらしないのです。


おなかもいっぱいになり、昨日は真っ暗闇の到着だったため見ることの出来なかったたくさんの車両を見学に。
a0255081_190158.jpg

a0255081_1903930.jpg

どうやら60年式のぼくのトロフィーが一番高年式であるようです。


そしてナックルヘッド。
a0255081_1934231.jpg

こちらもナックルヘッド。
a0255081_1934790.jpg

またしてもナックルヘッド。
a0255081_194990.jpg

さらにナックルヘッド。
a0255081_1942853.jpg

さらにさらにナックルヘッド。
a0255081_194467.jpg

まだまだナックルヘッド。
a0255081_195290.jpg

これでもか!というくらいすばらしい車両がたくさんであります。
a0255081_19131221.jpg

インディアンも。
a0255081_19123588.jpg

サイドバルブも。

その存在感は圧倒的であります。


しかし!
a0255081_19155925.jpg

トライアンフは女子に大人気であることが判明!


出発の準備を整え。
a0255081_19261811.jpg


なんかとってもいい写真だなっとしみじみ。

a0255081_19282286.jpg

『第八次 旧車総合火力演習』の解散式へと臨むのであります。




bar-kays
a0255081_1936222.jpg

1965年ごろに結成されたため、最古のファンク・バンドとも呼ばれる。オーティス・レディングの飛行機事故でメンバー4人が死亡する悲劇に見舞われたが、その後ジェームス・アレキサンダーがバンドを再建。wikipediaより。
[PR]
by trophy1959 | 2013-11-06 02:08 | music | Comments(0)
告白
10月〜11月のハイシーズンは毎年の事ながらたくさんのイベントが目白押しで楽しい限りであります。

今月の先陣を切ってまずは『第八次 旧車総合火力演習』に行って参りました。

が、残念な事に諸事諸々あり朝からの参加はかなわず…。

おなじく諸事諸々あった友人2人と我が家で待ち合わせをし、夕刻に出発と相成りました。

会場の作原野外活動施設にほど近い所に住んでいるはずなのに…。
a0255081_19361061.jpg

何故か東京にいるTON-UP★RODDERさん。

なんでもサッカー(11人制)の大会がこっちの方であったため、巨大な荷物を背負っての参戦となりました。

試合はまけてしまったそうです…。

こんかいの参加車両は。
a0255081_19412784.jpg

black bird X hello kitty  のコラボレーショントライアンフ。


そしてもう1人は…。

『亭主関白宣言』を果たし、俺は自由だ!と雄叫びをあげるグっさん。

浦和ICあたりで待ち合わせをしようと思っていたのですが、いろいろあって早めに家を出たいからそっちまで行くよってことで…。

ほんとに来るのかな??

とにかく昼間っから携帯が鳴る度にグッさんでは!?とドキドキしたもんですが、なんと定刻通りしっかりと登場!

さすが亭主関白!
a0255081_19513428.jpg

家を出る1分前に奥さんに『今日は帰らないから!』と言い残し、脱兎のごとく飛び出してきたそうな…『亭主関白宣言』とはいったい…。

こんかいの参加車両は。
a0255081_19552329.jpg

E.TRUNER X K.HIROSHI のコラボレーショントライアンフ。  


先ほどまで降っていた雨もやみ、埼玉はまったく降ってなかったというグッさん情報と現地ですでに宴会に突入しているjellyroll氏にも天気を確認し、カッパは着なくとも大丈夫と判断し、1800出発。
a0255081_2021731.jpg

a0255081_2023317.jpg

a0255081_2024841.jpg

霧のロンドンならずも2台のサンダーバードが古の雰囲気を醸し出します。


首都高に堤通から入るとすでに渋滞であります。

つらなる車列を合間を駆け抜けて行く2台の雷鳥。

タイミング悪くちょっとつっかえてしまったら、あっという間に見えなくなってしまいました…。

まいったな…後ろにサスペンションが付いている僕がリジッドの車両に置いていかれてしまうのは甚だ屈辱的ではありますが、ここで無理に追いつこうとして事故でもしたら馬鹿みたいなので、見てろよ!東北道では置いてきぼりにしてやる!と心に誓い、安全運転で浦和ICまで。

浦和ICで先行する2台の雷鳥と落ち合い、佐野SAで休憩をする事にしささっと出発です。

交通量も落ち着き、順調に流れる東北道を先ほどの首都高よりもさらに激しく駆け抜ける2台の雷鳥。

よくもまああんだけスピードを出すもんですね。

負けじとこっちも久しぶりに回してしまいましたよ。

ま、まだまだ余裕でしたけど!!

そんな抜きつ抜かれつの壮絶なバトルを3台で繰り広げながら東北道をひた走っていると、羽生を過ぎた辺りから雨が降り出し、あっという間に着いた佐野SAでは本降りに近い降りになってしまいました。
a0255081_2039765.jpg

遅まきながらカッパを着込む我々でありますが、幸いな事に現地では雨なぞ降る気配はないとの事。

岩舟Jctで北関東道に乗り換え佐野田沼ICで降りるのですが、佐野SAをでて数キロもしないうちに雨は上がり、しかも路面は完全にドライであります。

順調に進み、いつものスーパーベルクでお買い物。
a0255081_2049246.jpg

お洒落に朝食用にフランスパンなど買い込み、パーセルグリッドに括り付ける。

その後、街灯も乏しい田舎道を軽快に飛ばし、飛ばし、やっぱりこういう道を駆け抜けるのが最高に楽しいと思いながら、今宵の野営地に3台無事に到着であります。

我々の到着をまるで待っていたかのように、ちょうど幕僚長ナリさんの訓示が始まるところでありました。
a0255081_2058176.jpg

a0255081_205841100.jpg

a0255081_20591512.jpg

幕僚長ナリさんのステキなご挨拶が終わると、再び宴会へと突入です。

お腹がすいて倒れそうだった我々もすぐさま肉に飛びつきました!
a0255081_215655.jpg

そしてお腹もふくれてくると…。

グッさんが…『ね〜ね〜聞いてくれるかな?俺の家庭での立場ってものをさぁ。』
a0255081_2192153.jpg

突然にそして赤裸々に告白をはじめたのでした…。

その告白の内容をさすがに明かす訳にはまいりませんが…。

焼き鳥と、小エビとモヤシをカレー粉で炒めただけってのは確かに微妙だな…。

お風呂はちょっとね…あり得ない話かな。

そうとうドス黒いものが溜まっていたらしく、ここぞとばかりにぶちまけるグッさん。
a0255081_2112428.jpg

僕たちはただただ黙ってグッさんの告白を聞くばかりであります。

ガンバレ!グッさん!。

ほんとは3000円だけど。
a0255081_21195376.jpg

1500円でいいよってヨーコさんも言ってるし!


そんなこんなで例年より暖かい『旧車総合火力演習』の夜は更けていくのでした。



a0255081_21362940.jpg

著者 湊 かなえ
双葉文庫

09年本屋大賞第1位、週刊文春08年ミステリーベストテン第1位、このミステリが読みたい09年版第3位、このミステリがすごい!09年版第4位との好評をうけ、さらには映画化と、文庫になるのが待ち遠しい1冊でしたが…。とうていあり得ない設定と僕には読み辛い独白系の文体も相まって、かなりがっかりしてしまったという記憶があります。おそらく僕の読解力の問題でしょうけど。
[PR]
by trophy1959 | 2013-11-05 02:08 | book | Comments(2)
  

現実逃避
by とろきち
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索
最新の記事
love your money
at 2017-02-24 21:28
むこうぶち
at 2016-12-10 23:15
日曜日よりの使者
at 2016-11-21 23:54
rama lama ding..
at 2016-11-18 23:01
ball and chain
at 2016-08-09 23:11
come on and ride
at 2016-07-27 21:33
fall in love
at 2016-07-10 01:32
something new
at 2016-07-06 22:15
banned from th..
at 2016-06-28 00:36
superfly
at 2016-03-22 21:12
最新のコメント
ラレ子さんへ。 私も次..
by trophy1959 at 22:56
毎年ながらこの場に来ます..
by ラレ子 at 21:53
修理代をwaonで払えば..
by trophy1959 at 21:37
AEONの原因がわかりま..
by とんなつぷ at 12:19
ヒロさんへ。 こちらこ..
by trophy1959 at 20:51
手厚くありがとうございま..
by ヒロ at 15:10
時間ギリギリになってしま..
by trophy1959 at 22:13
お二人さん、来てくれてあ..
by triumph1967tr6 at 23:24
トラ吉さんへ。 毎度毎..
by trophy1959 at 19:23
久しぶりにお会いできてう..
by トラ吉 at 16:56
ブログジャンル
自転車・バイク
画像一覧