<   2014年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧
shine on
すっかりやせてしまったスタンチオンチューブ。以前フォークのオイルシールを交換しましたが、交換当初はよかったもののしばらく距離を走ったら結局だだ漏れとなってしまい…やはり経年変化で荒れた表面と目視出来る程減っている煽動部がいかんのですね。
a0255081_21293627.jpg
どうにか再利用の方向で検討してみるのだが、メッキして研磨…けっこうお金がかかります。そんな訳でエイやっと新品を購入を決意しバラしたフロントフォークを並べてみると…。
a0255081_21332310.jpg
むむむ…何か足りない気が…パーツリストを確認すると。
a0255081_21343469.jpg
34番のガイドチューブと33番のワッシャーが足りませんな。乗っていた時のフォークの違和感の原因はここにあるかもしれません。沈み込みが足りず硬いという感覚が強く、スプリングのせいかと思い変えてみた事もありますがあまり変わらなかった。熊本のスペシャリストのアドバイスを受け、頭の中でフォークの動きを想像するとどうもガイドチューブが足らないおかげで、フォークが沈み込む際にスプリンに均一に圧力がかからず大げさにいうと沈み込んだ際にガイドが足らない部分は『く』の字にスプリングが曲がってしまうような状態であっただろうたぶん。33番のワッシャーもスプリングの受けになるけっこう重要な部品だそうな。
そんなこんなで探すと結構ないというガイドチューブですがその他もろもろ含め、あっという間に手配して下さる恐るべし熊本のスペシャリスト様。ほんとうにいつもいつもありがとうございます!阿蘇の方角に足を向けて寝れません。
a0255081_21555186.jpg
頂戴したアドバイスを元に小加工、さらには成分的に難のあるとご指摘を受けたダンピングスリーブを製作をしなくてはまだまだ組み付ける事は出来ません。
うちには便利な工作機械は一切無いので、レストアスクールや修理依頼の邪魔にならないタイミングを見計り。
a0255081_22030939.jpg
夜な夜な旅立つ先は。
a0255081_22041081.jpg
当然VMSでございます。
実は奥久慈ツーリング以来の久しぶりにトラに乗ったのですがどうにもこうにもライトが暗すぎるのです。しかしここはネオン輝く花の都大東京。多少ライトが暗くても関係ありません。そう思ってVMSにむかうのですが…荒川をこえると暗いのですね…。

まあそんな事はさておき少々の加工と製作をしなくてはいけませんので張り切ってVMSの門戸を叩きます。

先ずは三つ又の修正。新品のスタンチオンチューブの方が若干太いので軽くホーニング。現物合わせで慎重に行います。
a0255081_22134391.jpg
そしてお次ぎは、ダンピングスリーブを製作するのですが内径/外径ともにさらってやらないとけません。これまた使用するスタンチオンチューブとボトムケースを測定の上、現物と合わせつつ微調整しながら完成。
a0255081_22172709.jpg
結局すべてを奈良さんにやってもらってしまいました…お忙しい中すみません。ありがとうございました!
つるんつるんのダンパースリーブその他諸々を積み込み、なぜかVMSに入り浸っているエノンとスカイツリーを目指して帰るのだが…もれなく灯火系完全死亡。かろうじてブレーキランプのみ行灯のようなアヤシイ灯りををともすのみとなってしまいました。やさしいエノンが自宅を通り越し我が家まで先導してくれたのだがわざとらしい遠回りにもめげずに無事帰宅。

エンジン関係もすすめなくてはいけませんね。
a0255081_22314543.jpg
2度と使う事は無いとおもうエンジン台をこしらえて、カムシャフトブッシュや真ん中のギアのガタを確認してみることに。
a0255081_22352391.jpg
ギアのはめ合いは申し分なし。カムシャフトブッシュはややガタあり。自分がこれより良いカムシャフトブッシュになるようにに加工する自信はあまり無いがせっかくここまで割ってしまったので交換しましょう。
a0255081_22385565.jpg
タイミングケース側のブッシュはケースを暖めた後トンカチで叩くと抜けますが、こちらはドン突きになっているので指でほじくりだします。

そしてクランクは…。
a0255081_22422534.jpg
スラッジチューブ御開帳。やはりそれなりにスラッジは溜まっております。これはエンジンを降ろしたかいがあります。
a0255081_22454062.jpg
ほじくりでしていくとけっこうあるものです。ここの清掃には力が入ります。

お次ぎはビッグエンドジャーナルの計測であります。
a0255081_22475815.jpg
慣れぬマイクロを駆使し左右それぞれ3点計測し41.22~41.23mmとなかなか優秀。コンロッド側の状態にもよりますがSTDメタルでいけそうで安心安心。

そして万が一はあってならぬので十分に養生してからスラッジチューブを引っこ抜きます。
a0255081_22570944.jpg
自作したスラッジチューブ抜き取り君に対応するろくなメトリックの工具が無いのに気づくが、たいした力も要らないのでずっぽりと抜いてやります。
a0255081_23042640.jpg
キレイに抜けましたが、抜く方法すらすっかりわすれていて指につばをつけて引っ張りだそうとしたのは内緒です。これまたすべて熊本のスペシャリスト様のアドバイスのおかげであります。
いまいちど内部と経路を洗浄すればクランクシャフトも内燃機屋さんにもっていくことができます。


しかしながら完調だと思われていたもう1台のトラですがここへきてよもやの無灯火。こっちが完調であればこそ安心して60年のO/Hに着手したのだが、このままでは乗る物が無くなってしまいます。いろんなイベントが各週末に入り慌ただしいハイシーズンを棒に振ってしまうのは何とかさけたいところ。
アッチもこっちも手をつけるのはあまり好きではないのだが背に腹は代えられません。

テスターを片手に。
a0255081_23202619.jpg
わさわさ原因を探っていくと、コンセントみたいにヘッドライトシェルの下で接続しているメインハーネスの接触がどうもあやしい。指で配線を1本つまんだら穴からするっと抜けてしまったのはアンメーターの+に伸びてる配線。ヘッドライトのアースもシェルについているフックみたいなところで取っているのだが、そのフックを止めているリベットもずいぶんとガタガタである。このあたりがまずはアヤシイと踏み小手先の修理を試みる。結果とりあえず灯火系復活。が、このあたりの接触不良が災いを招いたのかどうか、カットアウトリレーもどうやらご臨終。ポイントを磨いたり調整したりしてみるが、たまにぴくっと反応をみせてくれるがもはや死に体。そんな訳で現代テクノロジーの粋を集めた最新式の電子制御器機を投入する事に。
a0255081_23372713.jpg
以前廃棄処分にしたリプロ品のコントロールボックスの中身をほじくり出し仕込む事に。
a0255081_23401644.jpg
くらげのようなアヤシイ部品になってしまったが、オスとメスのギボシをカシメいざ搭載。
a0255081_23425771.jpg
すこぶる快調!ワッセル最高!

a0255081_23470547.jpg
その後ブラリブラリと50キロ程走ってみるが煌煌と地面を照らす6Vにすっかりと満足をし、もっと早くコンバートしておけば良かったと思うのであります。






george duke
a0255081_23552812.jpg
惜しくも昨年8月に亡くなられたジョージデュークのヒットアルバムより。このライブはやばいすごい楽しそうです。








[PR]
by trophy1959 | 2014-10-28 00:02 | music | Comments(0)
スイングしなけりゃ意味ないね
作業開始より早10日過ぎましたが、ぼちぼちとやっております。ぼちぼちと。

a0255081_19112516.jpg
ひたすら清掃を…。クラックも無くネジ穴も良好なプライマリーケースを頑張って磨いてみたり。
a0255081_19131472.jpg
もっともっと輝く予定でしたが、こういう作業はいつも途中で飽きてしまいます。
a0255081_19145232.jpg
もっともっと輝く予定でしたが、こちらも途中で飽きてしまいました。

a0255081_19161642.jpg
ケースもピカピカに。

a0255081_19181360.jpg
なった気がします。
a0255081_19201453.jpg
ケースのネジ穴も全て良好といまのところ順調に進んでおりますが、クランクベアリングはもれなく交換リスト第1号となりました。

シリンダーもキレイキレイな内壁ですが。
a0255081_19262232.jpg
最低でも要ホーニング。圧縮比を変えるつもりなのでそうすると掘らないといけないのでしょうか?よくわかりません。
a0255081_19303058.jpg
組む時にモリブデングリスをボルトに塗布したので念入りにネジ穴を清掃中。



こちらの清掃にはそうとう時間がかかりました。
a0255081_19340186.jpg
のべ5時間程でようやく納得いくまでカーボンを取り除くのに成功するが。
a0255081_19401797.jpg
キレイになると見えなくても良いものがはっきりと見えてしまうのですが、こちらは飽く事無く集中して作業できました。おかげさまで両手の指がリムーバーに侵されてしまいヒリヒリした痛みが2、3日消えずにずいぶんと難儀しました。

a0255081_19540956.jpg
コンロッドも出来るだけ傷を消したりしてみたりしてツルピカになりました。

残難ながら親の劣化が激しく親子ドンブリは夢と消えましたが、ようような事件に巻き込まれつつも空いた時間を有効に使い作業を地道に進める日々であります。

夜な夜な。
a0255081_20001542.jpg
こちらもつい最近までエンジン、ミッションのOHをしていたヒラツカッチ先輩が不足する工具を貸しにきてくれたり。


『Gジャンないの?あったらくれ!』
a0255081_22372021.jpg
と、なけなしのウエスターナを取りにきたジェリーロールさんや。



なんやかんやと仕事帰りに毎晩たち寄ってくれるエノンには。
a0255081_22444923.jpg
毎回毎回ミルクティーを振る舞うのです。

a0255081_22471181.jpg
そんな友人達に励まされ、アドバイスをもらいつつ今日もまた頑張ってみました。

a0255081_22541210.jpg
リア回りをすべてはぎ取りスイングアームのガタを確認したいのでありますが、タイヤを外しQDドラムを外すまでは順調でした。やっぱり難儀なのはチェーンガードとそれにマウントされているトルクロッドにもがき苦しみこびり付いているチェーンオイルに手がドロドロになってしまい気持ち悪いです。
a0255081_23030041.jpg
スピンドルの中にぎっちりと詰めこんでいたグリースを可能な限り取り除き、裸になった状態でスイングアームのガタを確認します。この部分はフレーム単体にしてプレス機でスピンドルを押し出さないとスイングアームを取り外す事が出来ず、よってブッシュの交換も出来ません。たぶん。以前に59年のスイングアームは実際にそうやって修理しました。なのでなんとかガタが無い事を祈りつつリアサスペンションのボルトを抜き確認をします。

結果は…。

超微妙にガタがあります。特にドライブサイド。やはり力がかかる方にややガタが見受けられます。

どうしましょうかこれは。

もっともっとガタが大ならすっかり諦めもついて修理しましょうって事になるのですが…微妙なガタだけに悩ましいところ。

そんな時はあの男に連絡を!

仕事帰りのエノンをミルクティーを餌に見事一本釣りに成功。
a0255081_23161199.jpg
厳しいプロの目線でチェックしてもらうと…。

『微妙でんなー。グリース入れて付くもん全部付けて実際走ったら全く影響ないレベルであることは確かでんな。』

そんな訳でここはちょっと検討することにしてミルクティーで乾杯です。


勢い余ってフロント回りもすべてバラしてしまいキケンな状態の車体を横目に。
a0255081_23242138.jpg
いよいよ来週からはエンジン回りの要交換パーツを見極める行程に入りたいと思う秋の夜長。
a0255081_23275655.jpg
まだまだ先は長いのであります。







earnestine anderson  『it don't mean a thing if it ain't got that awing』
a0255081_23303195.jpg
free soul のコンピレイション クラシック オブ アーネスティン アンダーソンより。
『my romance』や『take a A train』などのスタンダードナンバーはもちろんスティービーワンダーやサイモンガーファンクル、ビルウエイざーのカバーまで良いとこ取り盛りだくさんな聞き応えのある1枚です。

[PR]
by trophy1959 | 2014-10-12 23:41 | music | Comments(4)
apocalypse now
まあ、あれです。友人からのひと言がやけに気になり、自分はそれまで全く気にしていなかったのにそれがだんだん心の中で大きくなっていき、やっぱりそうなのかな?いやでもそんな事は…いやいやきっとそうに違いない!そんな気持ちの変化ってありますよね。
a0255081_21163146.jpg
そんなこんなで『係の女性』という『泡姫』にチップをはずむの『テーラーさんさぁ、やっぱり後ろ走ってて感じるんだけどやっぱり59年の方がすげー回るよね。もう一台の方はさぁ、なんかもっさりしてんだよね。伸びが足りないっていうか。そろそろクランクやった方がイイんんじゃねの?』そんな心ないひと言によってだんだんと上記のような気分になってしまいました今日この頃。

当初は11月のツーリングが終わってから着手するつもりで計画を立てていたのだが、事情により10月の山形芋煮会も今年は中止ということもあり思い立ったが吉日、平成26年の9月は最終日におもむろにスパナを握りしめ、エンジン/ミッションオーバーホールの航海へと出航。


タンクとシートを外しオイルを抜き、先ずはプライマリー側を分解しエンジンとミッションを分離させる。
a0255081_21394464.jpg


オルタネターを外し、クラッチをバラスのだがクラッチセンターハブプーラーが見当たらない…。
a0255081_21425387.jpg
『ワイが借りとるで!』と偉そうに宣言するのは、たまたま別件で遊びにきたEMWのエノーン。意外と気い遣いのエノーンが『何なら取ってきまひょうか?』と言ってくれるが、明日もまた家にくる予定があるのでそん時でいいですよって事でシリンダーを先に降ろしてしまうことに。
a0255081_21560002.jpg

気になるのはビックエンドの状態。
ここはやはりプロのエノンに忌憚のない意見を伺いたいものだがさてさてどうなのか?

『全くガタ無いですわ。』

何度も何度も確かめながら、眼鏡をキラリと光らせ『うーんエクセレントですな!。』とひと言。


そんなこんなで今日はここまで。

明日もとに戻しましょう。



本当にこの時もとに戻せば良かったのだが、まあせっかくここまでバラしてしまったので全ての覆いを取り外してみることに。
a0255081_22134001.jpg
翌晩、なぜかウチのガレージのマスターキーを持ち自由に出入りをしているエノンが作業台の上に謎のメモ書きとともに置いといてくれたセンターハブプーラーを使い先ずはエンジンとミッションを分離。
その後、どう進めるていくのが正しい手順なのかよく解らないまま、エンジンハンガーにもだえ苦しみながらも車体からエンジンを降ろす。
a0255081_22194480.jpg
ピストンは先に外しましょう。
a0255081_22213935.jpg
外さないとリングを割ってしまいます……。

とにかくここまできたらケースを割りたくて割りたくてしかたありませんね。インパクトを使いカムギヤナットを外したりカムギヤプーラーを使いカムギヤを外したり付けなおしたりまた外したりしますが最後に残ったのはこちら。
a0255081_22271911.jpg
ピニオンギヤを抜くプーラーがありまへん。
ま、せっかくなのでカムシャフトとブッシュのガタを確認してみますが…都合良く『おっ精がでますなー。』と今宵もエノンがやってきたので、ここもまたプロの目線で確認してもらうと。

『これもまた全然いけまっせー。ガタあらへんで。O/Hは時期尚早でんな!ドスケベさんに騙されましたな。わははー。』

そんな訳で今日はここまで。



開始から3日目の夜、エノンがプーラーをもって3日連続して登場。頼りになります。

a0255081_22353398.jpg
スモールエンドも良いですなとカメラを向けると照れ笑いの三位一体のTシャツ。

ほんとうは後戻りしたいのですがここまできたのでエイやっとクランクを割ってしまいます。
a0255081_22382817.jpg
おそろしく嵌め合いの良いクランクベアリング。タイミングサイドはケースを暖めてからでないと抜けません。
a0255081_22542443.jpg
再度ビックエンドを確認してもらうが、良好このうえない。
a0255081_22561936.jpg
それでもメタルは異物を噛んだ跡があるので交換ですね。
a0255081_22574223.jpg
E3325のカム山も非常にきれいです。

a0255081_23000532.jpg
ビックエンドジャーナルもベアリングジャーナルもガッツリと良い感じですたぶん。


そんな感じで意気込んではじめたO/Hでありますが日頃の頻繁なオイル交換が功を奏したのかこれといった大きなダメージは今のところなく、洗浄組み付けで終了してしまいそうな勢いでありますが、エンジンの状態を自分の目で確かめる事が出来てそれはそれで非常に有意義な事であると自分に言い聞かせる。

オイル焼けで茶色いだけでケース内にはスラッジはほぼありません。
a0255081_23185282.jpg


が、スラッジチューブにはぼちぼち溜まってそうなかんじ。
a0255081_23135235.jpg

それよりも吹け上がりのもっさり感を演出しているであろうこちらをどう修正するのか…。

a0255081_23365433.jpg

いずれにせよ部品の洗浄など、状態がよいとはいってもやる事は沢山ありますね。のんびりとやっていきます。




地獄の黙示録
a0255081_23423389.jpg
みんなだいすきマーロンブランド登場。ジョニーのコスプレはたくさん見ますがカーツ大佐のコスプレをしてトラに乗っている人は見た事がありませんね。

[PR]
by trophy1959 | 2014-10-04 23:49 | movie | Comments(0)
  

現実逃避
by とろきち
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
最新の記事
love your money
at 2017-02-24 21:28
むこうぶち
at 2016-12-10 23:15
日曜日よりの使者
at 2016-11-21 23:54
rama lama ding..
at 2016-11-18 23:01
ball and chain
at 2016-08-09 23:11
come on and ride
at 2016-07-27 21:33
fall in love
at 2016-07-10 01:32
something new
at 2016-07-06 22:15
banned from th..
at 2016-06-28 00:36
superfly
at 2016-03-22 21:12
最新のコメント
ラレ子さんへ。 私も次..
by trophy1959 at 22:56
毎年ながらこの場に来ます..
by ラレ子 at 21:53
修理代をwaonで払えば..
by trophy1959 at 21:37
AEONの原因がわかりま..
by とんなつぷ at 12:19
ヒロさんへ。 こちらこ..
by trophy1959 at 20:51
手厚くありがとうございま..
by ヒロ at 15:10
時間ギリギリになってしま..
by trophy1959 at 22:13
お二人さん、来てくれてあ..
by triumph1967tr6 at 23:24
トラ吉さんへ。 毎度毎..
by trophy1959 at 19:23
久しぶりにお会いできてう..
by トラ吉 at 16:56
ブログジャンル
自転車・バイク
画像一覧